ジェームズ・ワン:『ソウ』や『インシディアス』を手掛けた映画監督

ジェームズ・ワンは1977年2月27日マレーシアのクチンに生まれた映画監督です。ホラーやスリラー、ミステリーなどの作品を手がけていることで知られており、『ソウ』や『デッド・サイレンス』は代表作となっています。そんなジェームズ・ワンの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジェームズ・ワンとは

※出生地であるマレーシアの街並み

ジェームズ・ワンは1977年2月27日マレーシアのクチンに生まれました。幼いころにオーストラリアのパースに移住し、メルボルンのロイヤルメルボルン工科大学に進学。学業の傍ら映画製作に関心を持つようになり、リー・ワネルとともに映画製作をはじめるようになっていきました。

そんな中『ソウ』のパイロット版がエヴォリューション・エンターテイメントのグレッグ・ホフマンの目に留まることとなり、18日間という短期間で撮影されたのにもかかわらず、2004年サンダース映画祭では熱狂的に支持され、カンヌ国際映画祭でも上映。ワンは一躍世界的な映画監督の仲間入りを果たすことになります。

その後もホラー映画を中心に映画監督として活躍していったものの、『ワイルド・スピード SKY Mission』などの作品を手掛け、幅広いジャンルを手がけています。

■ジェームズ・ワンの作品

※画像はイメージです

ジェームズ・ワンの作品の特長は、ホラー映画に独特の映像表現を取り入れ、スリルが迫る表現に成功している点でしょう。特に『ソウ』シリーズはそうした新しい表現が大きな反響を呼び、ワンの名声を高めるきっかけとなりました。

そんなジェームズ・ワンの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『ソウ』 2004年

※画像はイメージです。

本作品は2004年に制作された作品で、猟奇殺人鬼ジグソウを取り巻くストーリーを描いた作品です。2004年にサンダース映画祭で上映され、低予算でありながら意表を突く演出で大きな話題を呼びました。

パパラッチのアダムは、水の張られた浴槽の中にいることに気が付きます。栓が抜けて水が抜けていくのと同時に目覚めたアダムは、自分が老朽化したバスルームにいることに気が付き、また部屋の対角線には同じく鎖でつながれた医師ゴードンがいました。

実はこれはジグソウと呼ばれる連続殺人犯が仕掛けたゲームで、自殺未遂者、放火魔、薬物中毒者などの命を軽く扱う人々を拉致し、命を懸けたゲームをやらせるというものでした。

・『ワイルド・スピード SKY MISSION』 2015年

※画像はイメージです。

本作品は2015年に制作された作品で、「ワイルド・スピード」シリーズ7作目にあたります。本作のクランクアップ前にブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーが交通事故により亡くなったため、一部の登場シーンはCGおよびポールの弟たちが代役を務めたことにより完成にいたりました。

恋人のレティ・オルティスを取り戻すことに成功したドミニクだったものの、いまだにレティの記憶がとり戻ることはなく、苦悩する日々を過ごしていました。その一方で息子ジャックを送り迎えする平和な日々を送っていたブライアン・オコナーはかつての刺激的な日々を恋しく感じており、妻ミアは2人目の子どもを授かっていることを打ち明けられずにいました。

その一方アメリカ外交保安部のルーク・ホブスのオフィスに、男が押し入る事件が発生。男の名前はデッカード・ショウといい、元イギリス特殊部隊員にして、オーウェンの兄でもある人物でした。デッカードはホブスの端末からドミニク一味の居場所を調べだすと、ホブスに重症を負わせて逃走。さらには東京に移り住んでいたハン・ソウルオーを事故に見せかけて殺害し、更にはドミニクの自宅を爆弾で木端微塵にしてしまいます。

入院しているホブスからファミリーの命を狙うデッカードの存在を知らされたドミニクは、ハンの葬儀を行った後、デッカード打倒の決意を新たにするのでした。

・『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』 2019年

※画像はイメージです。

本作品は2019年に制作された作品で、中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材にした作品です。『アナベル 死霊館の人形』に登場したペレス神父が出演しており、死霊館シリーズのひとつに数えられています。

1673年のメキシコ。ヨローナは愛する夫に浮気され、激昂。夫が世界で一番愛する我が子を溺死させ、自らも川に身を投げて命を絶ってしまいます。そしてヨローナは白いドレス姿の悪霊となって、自分の鳴き声を聞いた子どもたちをさらっていくのでした。

そして1973年のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているというパトリシアからの訴えを無視したために、2人の子どもたちは川で水死してしまいます。パトリシアはアンナを非難し、いずれアンナの子どももヨローナの鳴き声を聞くだろうという不気味な言葉を投げつけて去っていきます。

その予言通り、ヨローナが次のターゲットに定めたのはアンナの2人の子どもたちでした。逃げ惑うアンナたちの前にラファエル神父が現れ、ヨローナと対峙することになるのでした。

・『アクアマン』 2018年

※画像はイメージです。

本作品は2018年に制作された作品で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目にあたる作品です。

1985年、メイン州のアムネスティ灯台守であるトム・カリーは海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナを発見。アトランナは回復後トムとの間にアーサー・カリー=アクアマンを授かったものの、アトランナはアトランティスの追っ手に捕まり連れ戻されてしまいます。その後、残されたアーサーはトムに育てられ、たくましく成長するのでした。

そして現代になり、アーサーの異父弟であるアトランティス王オームは隣国ゼベル王のネレウスと同盟を組み、海を荒らす人間に戦争を仕掛けることを決意していました。そのためにもオームは海底七つの国の半数の王に認められた「海の覇王」になろうとしていました。

その一方アーサーは海賊から潜水艦を守り故郷に戻った後、突如発生した大津波に襲われてしまいます。そんな二人を助けたのはネレウスの娘である王女メラでした。メラは津波は地上人に対するオームの警告であり、オームの暴走を止めるためにはアトランティスの王の血を引くアーサーが王になる道しか残されていません。アーサーは冒険に出ることを決意。メラと共に戦いを止める旅に出るのでした。

■おわりに

ジェームズ・ワンは1977年2月27日にマレーシアのクチンに生まれた映画監督です。『ソウ』を出世作として数々のホラー作品を発表し、現在ではヒーローものやアクション映画にも進出しています。ホラー映画に関心のある方は、ぜひ『ソウ』をはじめとしたワン作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧