ビクトリアフォールズ:アフリカが誇る世界三大瀑布

「南部アフリカの秘境」と呼ばれるビクトリアフォールズ。ジンバブエとザンビアにまたがるビクトリアフォールズはカナダのナイアガラの滝、南米のイグアスの滝に並び世界三大瀑布にノミネートされています。ビクトリアフォールズの長さと落差は圧倒的な迫力を誇りますが、人気の秘訣はそれだけではありません。バンジージャンプやデビルズプール、さらには幻の絶景ルナレインボーという魅力に溢れているのです。今回は、一度行ったら虜になるとまで言われるビクトリアフォールズの魅力についてお伝えしていきます。

■ビクトリアフォールズとは

ビクトリアフォールズとは、ジンバブエとザンビアの国境に位置する世界三大瀑布の一つです。最大落差108メートル、幅1708メートルを誇るビクトリアの滝は世界遺産にも登録されており、南部アフリカ最大の観光地として賑わいをみせています。ビクトリアフォールズは季節によってその姿を変えることが最大の特徴です。雨季で水量が最大となる4月や5月は、迫力はありますが霧で滝が見えないことがあります。乾季の11月前後は、滝は非常によく見えますが水量が少ないため、迫力に欠けてしまいます。最もおすすめの時期は6月〜8月と言えるでしょう。

■ビクトリアフォールズのオススメアクティビティ

ビクトリアフォールズにはたくさんのおすすめアクティビティがあります。ここでは、おすすめのアクティビティを4つご紹介いたします。

・デビルズ・プール

デビルズ・プールとは、ビクトリアフォールズの滝の端すれすれで泳いだり、水浴びをしたりするアクティビティです。想像を絶するスリルと滝の端から水が流れ落ちる光景は、多くの観光客を虜にしてきました。しかし一生ものの体験ができる半面、毎年落下して死亡する事故が起きているので、ある程度のリスクを負う必要がありそうです。

・ザンベジリバークルーズ

ザンベジ川をのんびりクルーズしながら、優雅で大きな夕日とおいしい食事を楽しむことができるのが、ザンベジクルーズの最大の魅力です。景色を楽しみながらふと水面に目を向けると、カバやワニがのどかに生活しています。そんな非日常を最大限に満喫できるクルーズは現地でも大人気です。

・バンジージャンプ

「鳥肌が立つくらいのスリルを味わいたい!」という人に最もおすすめのアクティビティが、「世界一怖い」と言われるバンジージャンプです。わざわざビクトリアフォールズのバンジージャンプをするためだけに訪れる強者もおり、1度体験すると病みつきになるという高い評価を得ているアクティビティです。

・ヘリコプターツアー

お金に多少の余裕があり、他の人とは違う刺激的なアクティビティを楽しみたいという人には、ヘリコプターからビクトリアフォールズの様子を見ることができる、少しリッチなツアーがあります。テレビでビクトリアフォールズが紹介される際には、必ずと言っていいほどヘリコプターを用いたツアーが使われています。どんなものかイメージができない人はYouTubeなどで事前に確認するとよいでしょう。

■幻の絶景ルナ・レインボーとは

ビクトリアフォールズで密かな人気となっているのが「世界で最も幻想的な虹」という異名を持つ、ルナ・レインボーです。ルナ・レインボーとは「月虹」のことを指し、その名の通り、月の光によってかかる虹のことです。月と星、さらには虹がコラボした幻想的な光景は、死ぬまでに1度は見たい絶景として多くの人から、憧れのまなざしで見られています。

実は、ルナ・レインボーとは限られた条件下でしか見ることができず、非常に貴重とされています。現れやすい条件としては、小雨がパラパラ降っている天候下かつ、暗い場所です。ビクトリアフォールズはこのようなすべての条件を満たしており、最も出現しやすいスポットとしても知られているのです。また、ルナ・レインボーを見たものは幸せになれるという逸話があり、特に女性から圧倒的な支持を得ています。

■現地の料理やお土産も魅力的

ビクトリアフォールズを訪れたら、現地の料理やお土産も楽しんでみてください。
ジンバブエやザンビアでは「サザ」と呼ばれるトウモロコシから作られた、おもちのような食べ物があります。一般的には、サザに肉や魚、野菜をトッピングして食べます。同じサザでも作る人や作り方によって、その食感や味は大きく異なるので、最低でも2、3箇所で食べ比べすることをオススメします。

また、ビクトリアフォールズ周辺には、お土産屋が多く、アフリカならではの品を入手することができます。

伝統的でカラフルなカンガという布や、「石の国」として有名なジンバブエストーンの鉱石から作られた、ストーン彫刻やアクセサリーがあります。さらにはかつてのハイパーインフレ象徴として知られる、10兆ジンバブエドル紙幣など、魅力あふれるお土産が隙間なく並んでいます。

その中でも特にオススメのお土産は、「象皮」を使ったバックや小物入れなどです。実は、ビクトリアフォールズに隣接するジンバブエのワンゲ国立公園には、多くの象が生息しており、ワシントン条約により象皮の輸出が認められている地域のひとつでもあります。このような背景からビクトリアフォールズ周辺では、象皮を使ったオリジナルブランドで質の高い商品を多く取り扱っており、お土産にはもってこいと言えるでしょう。

■ビクトリアフォールズは抜群の立地!

ビクトリアフォールズのアクティビティはバラエティーに富んでいますが、その便利な立地も大きな魅力とされています。

具体的には、ビクトリアフォールズはいくつもの国立公園に隣接しており、サファリで野生動物を感じることもできるのです。ビクトリアフォールズから訪れる際に最もオススメな国立公園は、ボツワナのチョベ国立公園でしょう。南部アフリカで最も魅力的なサファリと言われ、通常見ることが難しいライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローの「BIG5」が容易に発見できる、まさに動物の楽園だと言えます。

また、ビクトリアフォールズからは車だと1時間から2時間程度で行くことができ、サファリの中にあるロッジに宿泊すれば、夜は満点の星空の下で素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。

■ビクトリアフォールズに行く際に知っておいたほうが良いこと

見どころ満載のビクトリアフォールズですが、訪れるに当たっていくつか知っておいた方が良いことがあります。

まず、ビクトリアフォールズへ入場する際にかかる料金は、現地人と外国人で大きく異なります。また、ジンバブエからビクトリアフォールズを訪れる際には、経済状況の悪化で、ATMや銀行でUSドルが下せない場合が多いです。闇両替と言われる両替商がいますが、彼らを使って両替した場合には刑罰に処されますので、事前に十分なUSドルを持っていくことが望ましいでしょう。

ビクトリアフォールズは足場が濡れている場合が多いので、グリップが効く運動靴やカッパなどを持っていくことをオススメします。また、野生動物が多く生息しており、遭遇する可能性も十分に考えられます。そのような際には、動物の目を見て静止することが最も安全だと言われています。パニックを起こさずに冷静に対応することが大切だということを、認識しておく必要があるでしょう。

■おわりに

南部アフリカの秘境、ビクトリアフォールズの魅力についてお伝えしてきましたが、勿論これはほんの一部にすぎません。ここではとても書ききれないほどの素晴らしい出来事に出会えることは間違いありません。

是非、世界遺産でもあり、世界三大瀑布でもあるビクトリアフォールズで、素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧