国立古美術館:ポルトガル美術界の重要作品を鑑賞できる美術館

国立古美術館は1884年にポルトガルのリスボンに開館しました。建物はもともと17世紀に建てられた美しい宮殿で、15世紀~19世紀初期の美術品を広い館内でゆったりと鑑賞することが出来ます。そんな国立古美術館の歴史と所蔵品について詳しく解説していきます。

■国立古美術館とは

国立古美術館はポルトガル・リスボンにある美術館で1884年に開館しました。国宝をはじめ、ポルトガル美術の重要作品を多数所蔵しています。

建物は17世紀に建てられたアルヴォル伯の宮殿を使用しており、幾度となく改装・増築を行い現在の形になりました。宮殿時代の部屋の様子も展示されており、シャンデリアや椅子・窓枠など細やかな宮殿装飾を楽しむことができます。

■国立古美術館の所蔵品

国立古美術館では15世紀~19世紀初期までの美術品を中心にコレクションしており、絵画・彫刻・金属細工・屏風・家具・陶磁器・アクセサリーなど、様々な作品を鑑賞することができます。その中でも15世紀~16世紀に活躍したポルトガル出身の芸術家による作品は、ポルトガル文化を伝える上で大きな意味を持っています。

そんな国立古美術館のコレクションには、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な3作品をご紹介します。

・《サン・ヴィセンテの祭壇画》1470年以前制作者不明

(Public Domain /‘Triptyque de Saint-Vincent’by Nuno Gonçalves.Image viaWIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1470年以前に制作された祭壇画で、ポルトガルの国宝です。

1883年に発見されて以降、制作者については幾度となく議論が重ねられてきました。長年にわたり、15世紀に活躍した宮廷画家ヌーノ・ゴンサルヴェスの作品だと言われてきましたが、現在も判明していません。どのような目的で制作されたのかも不明で、ポルトガルの海運事業の成功記念、またはポルトガル王朝アヴィス家の繁栄を願った絵画であるなど諸説あります。

本作品は6つのパネルから成り立っています。パネルはそれぞれ、「修道僧のパネル」「漁師のパネル」「エンリケ航海王子のパネル」「陸軍総司令官のパネル」「騎士のパネル」「聖遺物のパネル」と名付けられています。中央に立つ人物についても謎の残る作品で、リスボンの守護聖人・聖ヴィセンテという説が有力ですが、ポルトガル王朝初代国王の息子・フェルナンド王子だと考える説もあります。

また、2010年にはポルトガル出身の映画監督マノエル・デ・オリヴェイラが、この作品をモチーフとした短編映画『Painéis De São Vicente De Fora, Visão Poética』を制作しました。パネルに描かれた人物が絵の中から飛び出し鑑賞者に話しかけるという内容で、第67回ヴェネチア国際映画祭に出品されています。

・《聖オーガスティン》1454年~1465年ピエロ・デラ・フランチェスカ

(Public Domain /‘St Augustine’by Piero della Francesc. Image viaWIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1454年~1465年に、イタリア・ルネサンス期の代表画家ピエロ・デラ・フランチェスカによって描かれたものです。

ピエロ・デラ・フランチェスカは、イタリア・トスカーナ州の山間の町で生まれたといわれています。1439年頃になるとフィレンツェに移り、フィレンツェ派の巨匠ドメニコ・ヴェネツィアーノに師事します。その後、フランチェスカはイタリア各地を回りながら絵画制作を行いますが、ほとんどの時間を故郷とその周辺で過ごしました。フランチェスカは数学、幾何学にも強い興味を示しており、晩年には『算術論』『遠近法論』『五正多面体論』という3冊の問題集を残しています。

この作品は、イタリア・サンセポルクロのサンタゴスティーノ教会から注文を受けて制作されました。聖アウグスティヌスが中央に立っているシンプルな構図は初期ルネサンス絵画の特徴といえます。

・《聖ヒエロニムス》1521年アルブレヒト・デューラー

(Public Domain /‘St. Jerome in His Study’by Albrecht Dürer. Image viaWIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1521年に制作された作品で、ドイツ美術界の巨匠アルブレヒト・デューラーによって描かれました。

(Public Domain /‘Self-Portrait’by Albrecht Dürer. Image viaWIKIMEDIA COMMONS)

アルブレヒト・デューラーは、1471年にドイツ・ニュルンベルクで金銀細工職人の息子として生まれました。父はデューラーが生まれた年に印刷業を開業し、ドイツ国内でも有数の出版事業家として成功を収めています。

幼少期から父に絵画の手ほどきを受けていたデューラーは、当時最先端の芸術家であったヴォルゲムートに師事し、ゴシック様式の描写を習得します。修行後はフランクフルト、オランダ、スイスなどを巡り、ニュルンベルクに戻った1494年に資産家の娘アグネス・フライと結婚しました。

その後のデューラーは、2回にわたって単身でヴェネツィアを訪れ、遠近法、解剖学・ドイツ様式の木版印刷などを学びました。滞在中にはイタリア・ルネサンスの画家ジョヴァンニ・ベリーニをはじめ多くの芸術家と交流をもち、その後の作品に影響を受けています。

(Public Domain /‘Revelation Four Riders’by Albrecht Dürer. Image viaWIKIMEDIA COMMONS)

ニュルンベルクに戻ると作業場にこもり、木版印刷の宗教画を多く制作しました。代表作は『黙示録シリーズ』『放蕩息子』『聖エウスタキウス』などで、ヨーロッパ中でデューラーの名が知られるきっかけとなります。

晩年になるとほとんどの時間をニュルンベルクで過ごしましたが、ラファエロ・サンティ、ジョヴァンニ・ベリーニやレオナルド・ダ・ヴィンチといった芸術家仲間との交流は続きました。この頃には銅版画による作品も制作しています。

本作品は、デューラーが晩年に何度も描いた聖人画の代表作品で、モチーフはラテン教会四大博士のひとりである聖ヒエロニムスです。顎鬚や手の皺の細かな描写・じっと見つめる眼で表現された聖ヒエロニムスの表情など、随所に卓越した技術をみることができます。また、人物の周囲に置いた本やキリスト像を用いて空間に奥行きを作りだしており、構図も細部まで計算された作品です。

■おわりに

国立古美術館はポルトガル・リスボンにあり、シンプルな美しさが目を引く宮殿が目印です。15世紀~16世紀のポルトガル絵画はもちろん、色鮮やかな陶器や装飾品も数多く展示しているポルトガル国内で最も重要な美術館です。

国立古美術館はポルトガル・リスボンにあり、シンプルな美しさが目を引く宮殿が目印です。15世紀~16世紀のポルトガル絵画はもちろん、色鮮やかな陶器や装飾品も数多く展示しているポルトガル国内で最も重要な美術館です。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧