モスクワ現代美術館:「ガレージ」の愛称で知られるロシアの現代美術館

モスクワ現代美術館はモスクワのゴーリキー公園内にある美術館です。由緒ある美術館が多いロシアにおいてはとても新しい美術館といえます。モスクワ現代美術館は愛称を「ガレージ」といい、多くの人に親しまれています。そんなモスクワ現代美術館の歴史と所蔵品を紹介します。

■モスクワ現代美術館とは

モスクワ現代美術館(通称ガレージ)は正式名称を「ガレージ・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート」(Garage Museum of Contemporary Art)といいます。ガレージとは、実業家のロマン・アブラモーヴィチ氏の妻、ダーシャ・ジューコワ氏が創立した非営利団体で、ロシアの現代アートにかかわる新しい芸術の発掘と発展を目的としています。文化の啓蒙を大きな目標として運営されています。

「ガレージ」は2008年当初、構成主義建築家であるコンスタンチン・メルニコフ氏が1927年に建てた「バフメーチェフスキー・バス・ガレージ」を改築してスタートしました。その後2015年にゴーリキー公園内の現在の場所へ移転することに。エルミタージュ美術館などのように由緒ある美術館が多いロシアにおいては新しい美術館といえます。

現在ゴーリキー公園内にあるモスクワ現代美術館の設計は、オランダ人建築家レム・コールハース氏の建築設計事務所「OMA(Office for Metropolitan Architecture)」が担当しました。

この建物は1960年代に建てられた廃墟と化したレストランが元となっています。建物の中にはレストラン時代の壁の絵画などがそのまま残っており、このように随所に廃墟時代の遺物を芸術的に再利用し、現代美術館のコンセプトに見事にマッチさせています。

この建物自体がひとつの現代アートといえるでしょう。この建物を設計したレム・コールハース氏は建築家及びジャーナリストとして世界的に活躍している人物です。彼の建築は建物の素材を生かす、ヒューマンスケールをいかすということを目標としています。ガレージの建設にあたっても彼のこの理念がいかされています。

2階建てのこの建物の1階部分はカフェや美術関係のショップなどがあり、無料で入場することができます。2階が展示フロアになっており、ロシアの現代美術を楽しむことができます。ただ2階フロアに入るためには入場料が必要になります。中に入ればここが社会主義国家であることを忘れるようなリベラルな空間が広がっています。

そんなモスクワ現代美術館にはどのような作品が含まれているのでしょうか。主な作品を紹介します。

■モスクワ現代美術館の所蔵品

村上隆氏の展示会の様子

モスクワ現代美術館の所蔵品のほとんどはロシアの現代美術作品です。基本的にモスクワ現代美術館は作品を所有せず、世界各地で活躍する現代美術のアーティストたちの作品を企画展示しています。日本の村上隆氏もモスクワ現代美術館で展示会を開催しています

モスクワ現代美術館では様々なテーマに連動させた展示会を毎年開催しています。その都度素晴らしい作品が展示されるのでモスクワ現代美術館で行われている企画展示会の内容を確認するといいでしょう。思わぬ発見があるかもしれません。

≪”Russian Wedding”≫1930年 ボリス・グリゴーリエフ

ロシアの肖像画家として有名なボリス・グリゴーリエフの「”Russian Wedding”」という作品を所蔵しています。

(Public Domain /‘self-portrait’ by Boris Grigoriev. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

ボリス・グリゴーリエフ (1886-1939)はスターリンが台頭してくる以前の1919年にロシア国外に亡命します。そのあとベルリン、パリへと移動し最後にアメリカへわたっています。

彼は晩年も肖像画家として活躍しています。ただロシアへは1939年に亡くなるまで帰ることができず、ロシアへの郷愁と切ない思いは亡命後の多くの作品の中に垣間見ることができます。

≪魚を持つ女≫1932年‐1934年 アレクサンドラ・エクステル

ズラブ・ツェレテリが募集した作品を所蔵展示しています。本作品はそのなかでも有名な作品で、アレクサンドラ・エクステルが1932年から1934年にかけて製作した 『魚を持つ女』です。原作はモスクワ現代美術館の中に展示されレプリカは美術館の入り口近くに飾ってあります。

アレクサンドラ・エクステルはキュビスムやシュプレマティスムの影響を強く受けているロシア構成主義の代表的な作家です。

アレクサンドラ・エクステルは1883年キエフで生まれています。1910年から1920年代前半にかけてロシアで活躍しました。1920年代後半にはスターリンのもとで社会主義リアリズムが重要視され始め、ロシア構成主義は衰退していきます。その中で1924年に彼女はロシアを離れパリへ移住することになります。移住後は写本を制作したり、各地で個展を開いたりするなど精力的に活動しました。1936年から亡くなった1949年の間にはフランスのGroupe Flammarion社で本のイラストを描くなど精力的に活動し続けました。

≪その他の所蔵作品について≫

企画展示がメインであるモスクワ現代美術館にはあまり多くの所蔵品がありません。しかしながら館長のズラブ・ツェレテリはロシア芸術アカデミー総裁で彫刻家であるため、ロシアの現代美術家の彫刻や絵画を所蔵しています。世界的にはあまり知られていない作家も多くあり、ロシアらしい斬新な作品も多数展示されています。

屋外には館長であるズラブ・ツェレテリの作品のひとつである「遊詩人ウラジーミル・ヴィソツキー(1938-1980)の彫像」が展示されています。

終わりに

モスクワ現代美術館は由緒ある重厚な趣の美術館が多いロシアにおいて、とても現代的でモダンな美術館です。所蔵作品の多くはロシアの芸術家の作品ですが、特別展示会がとても充実している美術館です。また芸術文化の振興を目的とした非営利団体が運営しており、ロシアでは珍しい形態の美術館といえるでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧