アンリ・マティス:絵画から切り絵まで、多岐に渡り作品を残したフランス人アーティスト

※アンリ・マティス作「ダンスII」がデザインされた切手

アンリ・マティス(1869–1954)
色彩豊かな世界を描き、フォーヴィスムと呼ばれる絵画運動を通して20世紀に活躍したフランスの画家。彫刻や版画も手掛け、近代美術の道を切り開いたアーティストです。その個性的かつ独特な色使いから「色彩の魔術師」とも呼ばれました。

<一箱の油絵の具から>

アンリ・マティスは1869年12月31日に、フランスのル・カトー=カンブレジという街で生まれました。父の意向によりパリで法律の勉強をし、試験合格後はフランス北部の街サン=カンタンにある法律事務所で書記として働いていました。しかし盲腸炎を患い急遽入院。療養中に暇を持て余していると母から一箱の油絵の具をプレゼントされ、これをきっかけに絵画へとのめり込み画家を目指す決意をしました。さっそく絵を学ぶためアカデミー・ジュリアンに通い、画家のブーグローから指導を受けますが、古典的な基礎知識の勉強はマティスに合わず一年で退学します。その後国立美術学校を受験するも不合格。しかし彼の絵に対する情熱が象徴主義のギュスターヴ・モローの心を打ち直接指導を受けることができました。そしてモローの教育により才能を伸ばしたマティスは1896年に国民美術協会のサロンに4点の作品を出品し、うち1点が国家買い上げとなりました。

<ゴッホとフォーヴィスム>

1896年〜1897年頃、マティスはオーストリアへ行き印象派の画家ジョン・ピーター・ラッセルからフィンセント・ファン・ゴッホの作品を紹介されました。マティスはゴッホの色使いに衝撃を受け、自身の絵も色彩豊かでカラフルな表現へと変わっていきました。その後同じ価値観を持つ画家のモーリス・ド・ヴラマンク、アンドレ・ドランと共に制作活動を続け、パリで開催される展覧会「サロン・ドートンヌ」に絵が出展されます。すると彼らの作品を見た評論家のルイ・ヴォークセルが、「野獣の檻の中にいるようだ」と評価しフォーヴィスム(野獣派)が生まれました。マティスはサロンに「帽子の女」と「開いた窓」を出展しており、その場では非難を浴びたもののコレクターが彼の作品を購入したことで徐々にフォーヴィスムは受け入れられていきます。
その後も三人は活動を続けましたが、1907年頃からそれぞれ独自の表現を追求するようになり解散を選択。わずか数年間のフォーヴィスム活動でしたが、色をふんだんに使いカラフルに仕上げる作風は芸術界に大きな影響を与えました。

<切り絵で表現>

1941年、腹部のがんを診断されたマティスは手術を受け、その後遺症によりほとんどの時間をベッドと椅子で過ごすことになります。いままでの感覚で作品を制作できなくなった彼はカットアウト(切り絵)を使ったアートに挑戦。水彩絵具で紙に色をつけそれをはさみで切ることにより、これまでにない表現ができるようになったといいます。小さいサイズのものから作り始め、最終的には3メートル近い作品を完成させました。そして1947年にはマティスの切り絵作品のみを収録した「Jazz」を270部限定で出版。彼のリズミカルかつ即興で作品を制作する姿がジャズの演奏を連想させることからこの名をつけました。第二次世界大戦後にはフランスのヴァンスにあるドミニコ会修道院ロザリオ礼拝堂の内装や、ミサの際に司祭が着る上祭服のデザインを担当します。切り絵風のステンドグラスや壁面の線画などマティスの経験を全て注ぎ込んで作られ、「20世紀キリスト教美術の代表作」と言われています。そして1954年11月3日にマティスは心臓発作で亡くなり、フランスのニースにあるノートルダム・ド・シミエ修道院墓地に埋葬されました。

<さいごに>

批判されながらも自身の信念を貫き作品を制作したアンリ・マティス。20世紀を代表する画家とも言われ、いまでも非常に人気のある人物です。彼の作品は世界各国の美術館に所蔵されており、期間限定で展覧会が開かれることもあるので、興味のある方はぜひ一度マティスの世界観に触れてみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧