国立古美術館:ポルトガルでもっとも有名な美術館

国立古美術館はポルトガルのリスボンに1884年に開館した美術館です。絵画や彫刻、金属細工、織物、家具、デッサンなど幅広いコレクションを所蔵しており、特に15世紀から16世紀にかけてのポルトガルの絵画や彫刻のコレクションに定評があります。そんな国立古美術館の歴史とコレクションについて詳しく解説していきます。

■国立古美術館とは

※リスボンの景観

国立古美術館はポルトガルのリスボンに1884年に設立された美術館です。ポルトガルの首都であるリスボンは世界で最も古い歴史をもつ都市の一つであり、ロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年以上に及ぶ古い歴史をもっています。アフォンソ1世によってポルトガル王国が建国されて以来、首都として政治や経済、文化の中心地であり続けてきました。

そんなリスボンにある国立古美術館には、ポルトガル自由戦争の際に貴族や修道院から没収された数多くの美術品が多く所蔵されています。その後は王室や美術愛好家などの後援者を獲得して徐々にそのコレクションを増やしていき、近年まで増改築を繰り返してきました。

現在の国立古美術館の建物は18世紀に建造された貴族の屋敷を利用したもので、かつて屋敷にはサント・アルベルト修道院の古い建物がありました。修道院の礼拝堂は18世紀ポルトガル・バロック建築の秀でた例となっており、現在は礼拝堂のみが一階部分に再現され展示の一部として編入されています。

■国立古美術館のコレクション

国立古美術館のコレクションには絵画や彫刻、金属細工、織物、家具、デッサンなどに加え、19世紀初期までの装飾芸術を含む作品が所蔵されています。特に15世紀から16世紀にかけたポルトガルの絵画や彫刻、金属細工など質の高い作品を所蔵していることで評判です。

そんな国立古美術館のコレクションには、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品をご紹介します。

・《サン・ヴィセンテの祭壇画》 1470年以前 ヌーノ・ゴンサルヴェス

 (Public Domain /‘Triptyque de Saint-Vincent’ by. Nuno Gonçalves Image via WIKIMEDIA COMMONS)

1883年に発見され、ポルトガルの国宝に指定されている祭壇画です。制作年や製作者については諸説あり定説はないものとされていますが、おそらくの宮廷画家ヌーノ・ゴンサルヴェスが描いたものと考えられています。

 (Public Domain /‘Portrait of king Afonso V of portugal’ by.UNKNOWN Image via WIKIMEDIA COMMONS)
※アフォンソ5世

ゴンサルヴェスについて分かっていることは少ないながら、画家として活動した期間が1450年から1490年の間であると指摘されています。また彼はアフォンソ5世の宮廷で活躍したと考えられており、フーゴー・ファン・デル・グースの父と衝立の絵を共作したとも言われています。

(Public Domain /‘Panels of St. Vincent’ by. Nuño Gonçalves Image via WIKIMEDIA COMMONS)
※コインブラ公ペドロ

《サン・ヴィセンテの祭壇画》の制作意図については「ポルトガルの航海業績をたたえるために制作された」、「アフォンソ5世即位後に叔父であるコインブラ公ペドロとの争いが起きたことから王家の結束を促すために制作された」、または「1471年のタンジール攻略成功を記念するために制作された」などさまざまな説がありますが、いずれも決め手に欠けるものであり、今なお研究が続けられている作品でもあります。

《サン・ヴィセンテの祭壇画》はリスボンの守護聖人である聖ヴィセンテを中央に描く6枚のパネルから構成されており、左から順に「修道僧のパネル」、「漁師のパネル」、「エンリケ航海王子のパネル」、「陸軍総司令官のパネル」、「騎士のパネル」、「聖遺物のパネル」と名付けられています。

《サン・ヴィセンテの祭壇画》では60人の肖像画が描かれているものの、それが誰なのかを特定することは非常に難しく、中央の聖人についても聖ヴィセンテではなく、ジョアン1世の子で人質として亡くなったフェルナンド王子、あるいは1147年にイスラムからリスボンを奪還する際に殉教したサン・クレスピンとサン・クリスピーノの兄弟聖人だという説もあります。

(Public Domain /‘Altarpiece of Saint Vincent, the panel of the Infants
’ by. Nuno Gonçalves Image via WIKIMEDIA COMMONS)
※エンリケ航海王子のパネル
(Public Domain /‘Vinzenz-Altar, Flügel Die Ritter mit kniendem Stifter’ by. Nuno Gonçalves
Image via WIKIMEDIA COMMONS)
※騎士のパネル

また聖ヴィセンテの右側に描かれている口ひげを生やし、黒い帽子をかぶった人物はエンリケ航海王子であるとされています。1837年に発見された「ギネー発見征服史」でこれとほぼ同じ図像がエンリケ航海王子とされていることから、この作品においてもそう考えられてきました。
しかし最近ではこの人物はエンリケ航海王子の兄ドゥアルテ1世であり、右から2番目の騎士のパネルで跪く人物がエンリケ航海王子なのではないかとも言われています。その根拠としては顔つきや体格が当時の記録と一致し、またエンリケが団長を務めていたキリスト騎士団の服装や紋章が描きこまれているからというものですが、真偽は定かではありません。

・《東方三博士の礼拝》 1828年 ドミンゴス・アントニオ・デ・セケイラ

 (Public Domain /‘Adoração dos Magos’ by. Domingos António de Sequeira Image via WIKIMEDIA COMMONS)

ポルトガル王ヨハネ6世の宮廷で活躍した画家ドミンゴス・アントニオ・デ・セケイラによって1828年に描かれた作品です。

セケイラは1768年にポルトガルのリスボンに生まれました。幼いころから芸術に関心を持っていた彼はリスボンのアカデミーで学び、その後ローマに移ってアントニオ・カヴァルッチの弟子になります。13歳のときには宮殿装飾の仕事を任せられるほどに才能を発揮しており、徐々に王族や貴族にも認められるようになっていきました。1802年には宮廷画家に任命され、王室のメンバーや宮廷に出入りする貴族たちのために数多くの作品を制作するようになります。またリスボンのロシオ広場に1820年に建立された記念碑の設計など絵画作品以外にもその才能を発揮しました。

本作品はセケイラの晩年に描かれており、中央に幼いイエスを抱く聖母マリアと聖ヨセフが、またそれぞれ贈り物をささげる博士たちが描かれています。聖家族と博士たちを祝福するかのように天には鮮やかな光が輝いており、回りに集まった人々はみな驚きの表情を見せています。彼はこの作品内で古典主義とロマン主義を統合させ、非常に神秘的な空間を作り出すことに成功しています。彼は同時期に4点の宗教画を描いていますが、その中でも最も完成度の高い作品だといわれています。

■おわりに

国立古美術館はポルトガルのリスボンにある、国宝をはじめとした重要な作品を所蔵している美術館です。リスボンを訪れた際には、ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

国立古美術館公式HP
国立古美術館公式YouTubeチャンネル

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧