西カリマンタン州立博物館:歴史的遺構に出会える考古学の旅

近年経済発展目覚ましいインドネシアですが、現地の人々の歴史的遺構が多く残る地域です。発展と歴史が共存している地域で過去の遺構を存分に触れる事が出来ます。今日までの西カリマンタン州の発展と成長に繋がるその過程を知れます。多くの歴史に育まれ、これまでの発展に繋がっている事が良く分かる博物館です。

※ポンティアナックの街並み

○西カリマンタン州立博物館とは

ここ最近、インドネシアは近年経済成長が目覚ましく急激な発展を遂げています。西カリマンタン州の州都にあたるポンティアナックも近代都市へと様変わりしており、インドネシアの伝統的な風景からは、少しずつかけ離れつつあります。しかし、西カリマンタン州は、そんなインドネシアの中でも発展が緩やかな地域であり、未だ自然や伝統的な古き良き姿も残しています。

そんなポンティアナックに構える西カリマンタン州立博物館は、西カリマンタンの歴史を展示している博物館です。現在の発展しつつある姿からは、想像のつかない今日までに育んで来た歴史を振り返りまた感じる貴重な体験が出来ます。

○西カリマンタン州立博物館の収蔵品とは?

広大な敷地を要する西カリマンタン州立博物館では、建物自体の広さもそうですが、広い庭も要しており、観覧の合間にゆったりとした時間を過ごす事が出来ます。その自慢の庭は、裏庭と前庭に分かれる程広大です。特に裏庭では、展示スペースとして存分に生かされ、自然と融合しながら展示されています。所々に展示されたその展示品の数々からは、歴史の重みを感じる事が出来ます。前庭は、裏庭とは対象的にシンプルな作りとなっており、そこにいると時の流れがゆっくりと感じられます。

ワンスペースに主要民族の歴史を固めていて、西カリマンタンに住む民族の歴史が振り返られるようになっています。その為、時間がなくとも短い時間で観覧し、大部分を理解できるような展示方法になっています。

また、古くから交遊のある中国の歴史にも触れる事が出来ます。

果たしてどのような収蔵品が有るのでしょうか?早速見て行きましょう!

※ダヤック族イメージ画

〈ダヤック族の歴史〉

ダヤック族とは、西カリマンタンの地の先住民の民族で、独特な伝統を持ち合わせている民族でもあります。元々自然豊かな深林で暮らして来た彼らは、発展しつつある近年の発明とは、一線を画した存在でありその伝統的な風習や文化には、なかなか触れあう機会がありません。別名首狩り族とも呼ばれ、現在の文明開化に埋もれつつあるその歴史を展示しています。

※イメージ画

内容は伝統儀式や宗教的な行事が多く、特に一族の通過儀礼は、大変興味深くなっています。儀式に使用する仮面や彫刻は見ただけで、その独特な気質が手に取るようにわかります。一見すると不気味な物も有りますが、伝統と言う世界で息づいて来たと思うと感慨深さを感じられます。特に思春期に入る際に行う儀式は、不可思議な内容ですが、何か深い意味があるのであろうと予測する事が出来ます。また、日常生活を様々な面から展示しており、文明が発達しつつある現代の生活と比較すると、かけ離れている事が分かります。

〈マレーシアや中国の展示品〉

マレーシアの展示品では、マレー人の歴史を展示しています。生涯に渡って利用する儀式の道具、出産時や死去した際に使う道具、他にも日常生活に使う道具などが細かく展示され、インドネシアの地に居ながらマレー人の歴史に触れられます。特に私達や西カリマンタンの人々との生活の違いを知る事が出来ます。

中国の展示品では、中国伝統の竜が飾られています。小さいながらもリアルな姿をした竜は、伝統とその歴史を感じる事が出来ます。伝説的な生き物の竜ですが、まるで本当に存在していたかのような強い存在感があり、生き生きとしたその表情に驚かされます。その他にも豊富なのが寺院の彫刻です。とても繊細できめ細やかに彫られており実物の寺院が見てみたいと思わせてくれるような作りになっていて、美しく自然と歴史が融合した実直さの感じられる寺院となっています。

〈石碑のレプリカや仮面や彫刻など〉

9世紀頃の石碑のレプリカが裏庭に展示されています。レプリカですが、その作りから長い年月が経ったように感じさせられます。石碑文には当時の人々の習慣や苦しみなどが書かれていて、心情を読み取り、遥か昔の人と思いを共有する素晴らしさを体感出来ます。また、子孫である現地の人々に、その思いを訴えかけているかのようです。

先祖を崇拝する際に儀式に使用していたとされるマスクや彫刻は、宗教色が色濃く残っています。男らしさや強さを強調した物で、男性と言う側面が重宝されていた事が分かります。性的な部分を感じる事なく、儀式の一貫として一重に使用されていました。当時の人々がそれらを強く崇め、信心深いと実感させられます。特に仮面は、先祖の霊とされ、大切に扱われて来ました。この仮面を見るともしかしたら自分達の祖先かもしれないと感じるような奇妙な気持ちになります。

○終わりに

西カリマンタンの先住民の歴史を知る事で、現在のように変貌を遂げた姿を知る事が出来ます。それは、発展でもあり、逆に伝統と歴史が埋もれて行ってしまった証拠でもあります。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧