ジョー・サイモン:ソウルファンが愛する伝説のシンガー

ジョー・サイモンは、1960年代から1980年代にかけての活躍が特に注目を集めたソウルシンガー。1963年にデビューを飾りヒットを記録。1969年に発表した『The Chokin’ Kind』は、1970年のグラミー賞でBest Male R&B Vocal Performance部門を受賞したことで有名です。熱く力強い歌声に魅了されるファンは、世代を超えて多いでしょう。現在も変わらない栄光をたたえる、ソウル界のレジェンドです。この記事では、ジョー・サイモンの経歴や代表曲を紹介します。

◼︎ジョー・サイモンとは

ジョー・サイモンは1943年生まれ、アメリカのルイジアナ州出身のソウルシンガーです。“ソウルバラードの伝道師”の異名で呼ばれ、1960年代から1970年代にかけての活躍はもはや伝説でしょう。ソウルフルな歌声は聴衆の心を瞬間的に捉え、ダイレクトに響くメッセージを伝えます。そのメロウな歌声から“黄金の喉”の別名でも呼ばれており、熱い賞賛を集めてきました。

ジョー・サイモンは1943年生まれ、アメリカのルイジアナ州出身のソウルシンガーです。“ソウルバラードの伝道師”の異名で呼ばれ、1960年代から1970年代にかけての活躍はもはや伝説でしょう。ソウルフルな歌声は聴衆の心を瞬間的に捉え、ダイレクトに響くメッセージを伝えます。そのメロウな歌声から“黄金の喉”の別名でも呼ばれており、熱い賞賛を集めてきました。

1963年になると、ジョー・サイモンは歌手としてデビューを飾ります。甘美な歌声が際立つバラードは、デビュー曲ながらヒットを記録。ビルボードR&Bチャートで13位を獲得しました。20代とは思えないような太く深い歌声が、人気を獲得した秘密だったといいます。デビュー曲のヒットで人気歌手の仲間入りを果たしたジョー・サイモンは、1966年には拠点をナッシュビルに変更。その後ヒット曲を次々と発表し、その活躍は音楽の歴史に残るものになっていきます。

1963年になると、ジョー・サイモンは歌手としてデビューを飾ります。甘美な歌声が際立つバラードは、デビュー曲ながらヒットを記録。ビルボードR&Bチャートで13位を獲得しました。20代とは思えないような太く深い歌声が、人気を獲得した秘密だったといいます。デビュー曲のヒットで人気歌手の仲間入りを果たしたジョー・サイモンは、1966年には拠点をナッシュビルに変更。その後ヒット曲を次々と発表し、その活躍は音楽の歴史に残るものになっていきます。

1960年代の勢いをそのままに、ジョー・サイモンは1970年代も第一線を走り続けます。1970年代後半に入ると徐々に活躍の機会は減ったものの、アメリカ音楽史に残る活躍を残しました。

深く甘美な歌声でファンを魅了し続けたジョー・サイモン。その代表曲を次章から紹介します。

◼︎ジョー・サイモンの代表曲

甘美な歌声に定評のあるジョー・サイモンは、1960年代・1970年代には熱いソウルフルな作品を発表、1980年代には当時ブームを巻き起こしていた軽快なダンスミュージック路線の曲を発表するなど、時代ごとにニュアンスの異なる作品を発表しています。その中でもやはり注目は、ソウルフルな作品群でしょう。ジョー・サイモンの主要な代表曲を紹介していきます。

・The Chokin’ Kind(ザ・チョーキン・カインド)

『The Chokin’ Kind』は、1969年にジョー・サイモンが発表した代表曲です。1970年のグラミー賞Best Male R&B Vocal Performance部門を受賞しました。カントリー調の穏やかなメロディとしっとりと力強いジョー・サイモンの歌声は、ひとつの時代を彩った名曲中の名曲といえますね。

リズミカルなメロディに思わず体が動き出してしまうでしょう。太く深いジョー・サイモンの歌声を堪能するにはまずこの曲からがおすすめです。ソウルの入口としても最適の曲でしょう。アメリカの音楽史を賑わせた話題曲。うねるような独特のメロディに体を委ねてみては?

『The Chokin’ Kind』1969年

・Get Down,Get Down(ゲットダウン・ゲットダウン)

『Get Down,Get Down』は、1975年にリリースされたジョー・サイモンの人気曲。ビルボード・ホット100で8位を獲得した自身最高のヒット曲です。再生時間3分48秒に込められた情熱的な歌詞とリズミカルなメロディーは、一度聞いたら忘れられません。印象的なサビのフレーズに魅了され、何度も聞いてしまう人は多いのだとか。特徴的なリズムの取り方も注目でしょう。

ジョー・サイモンの歌声に加えて、コーラスが重厚的なハーモニーを奏でます。スロウなメロディーに思わず合いの手を打ってしまいますよ。1960年代のジョー・サイモンの作品とはまた異なった魅力を放つ人気曲です。まるでディスコにいるかのように体が自然と動くでしょう。

『Get Down,Get Down』1975年

・Teenager’s Prayer(ティーンエイジャー・プレイヤー)

ジョー・サイモンが1966年に発表した作品が『Teenager’s Prayer』です。渋く甘美な歌声をスロウなメロディーに乗せて届ける名曲中の名曲。しっとりと深い歌声に没入させる屈指のバラードとなっています。ゆっくりとした曲調に、思わず気分が落ち着いてくるでしょう。いつまでも聴いていたくなる、そんな不思議な魅力がある曲で、隠れたファンも多い作品といいます。

丁寧に言葉を紡ぐジョー・サイモンの言葉のひとつひとつから、魂の叫びが聴こえてくるでしょう。伸びやかな歌声を堪能しながら、ソウル界の伝説が持つ世界観に没頭できる名曲です。

『Teenager’s Prayer』1966年

・Simon Pure Soul (サイモン・ピュア・ソウル)

『Simon Pure Soul』は、1966年にリリースされたジョー・サイモン初めてのアルバム作品です。活動初期のフレッシュ感を楽しむなら外せない名盤でしょう。とはいえ、すでにその歌声は完成されており、力強く独特の存在感に溢れています。カントリー調のスロウなテンポの曲から、力強いソウルフルな曲まで。ジョー・サイモンの溢れんばかりの才能が詰まっています。

成されており、力強く独特の存在感に溢れています。カントリー調のスロウなテンポの曲から、力強いソウルフルな曲まで。ジョー・サイモンの溢れんばかりの才能が詰まっています。

◼︎おわりに

ソウル界の伝説のシンガー、ジョー・サイモンの経歴や代表曲を紹介してきました。しっとりと響くバラードから溢れんばかりの魂が込もったソウルまで、多種多様な曲調は聴衆を未だに魅了してやみません。時代を超えた魅力を放つからこそ、ジョー・サイモンはソウル界の伝説と呼ばれているのですね。力強く深い歌声に、あなたも魅了されてみてはいかがでしょうか?

ほかにはない個性を放つシンガー、ジョー・サイモン。ぜひ今回紹介した代表曲から、その歌声の虜(とりこ)になってみてください。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧