喜望峰:アフリカ最南端の絶景

“死ぬまでに1度は見たい絶景!”と呼ばれ数えきれない人たちを虜にしている喜望峰。喜望峰は南アフリカ共和国に位置するアフリカ大陸南端の岬で、その象徴とも言えるケープポイントから見る絶景は一度見たら病みつきになると揶揄されるほどの迫力と感動を与えてくれます。
喜望峰の最大の魅力は喜望峰から見下ろす絶景であることに間違いありませんが、実は喜望峰の魅力はそれだけではありません。喜望峰には様々なツアーがあり、自分の好みで味わい方を変えられるだけでなく、喜望峰の近くにはアフリカの「美の都」とも言われるケープタウンなどがありその魅力は簡単に数えることができません。今回は、そんな魅力あふれる喜望峰についてご紹介したいと思います!

▶喜望峰とは?

喜望峰とは南アフリカ共和国に位置し、アフリカ大陸南端の岬です。喜望峰がここまで有名な場所となった理由はその絶景は勿論のことですが喜望峰にまつわる小さな物語もその要因とされています。
その物語とは、喜望峰が初めてヨーロッパの船団に発見されたときの物語です。時代は遡ること1488年。ポルトガルのバルトロメウが率いる船団は嵐に遭遇し、かろうじて大陸から大きく張り出している岬に上陸しました。この瞬間こそが初めてヨーロッパに喜望峰の存在を知らしめることになった出来事でした。
ポルトガル一行は嵐が所以で辿り着いたその岬を「嵐の岬」と名付けましたが後に「喜望峰」に改名されました。この話が広く世に広まり、その美しさと合わさって一躍「喜望峰」を世界有数の観光地に押し上げたのです。

▶喜望峰を訪れたら外せない楽しみ方TOP3は?

さて、そんな多くの人を魅了してやまない喜望峰ですが訪れたらやるべき楽しみ方がありますので今回は代表的な楽しみ方TOP3をご紹介します!

・喜望峰までサイクリング!

実はケープタウンから喜望峰までの道のりは数キロにわたり自転車で向かうことができます。その道のりは「ザ・アフリカ」の赤土をひたすらペダルをこぎ続けると突如現れる大きな海。そんなスケールの大きさを目の当たりにしたら恐らく「鳥肌」を立てずにはいられないでしょう。
自転車で喜望峰に向かうまでの国立公園内には珍しい植物なども数多く生息しているのでそれらを眺めながらマイペースにペダルをこぎ続けることは人生で最も贅沢な時間と言えるかもしれませんね。

・絶景をバックにランチ!

この世で最もおいしい食事!とも言えるのが喜望峰で大きな海とさわやかな海風を感じながら食べるランチでしょう。喜望峰には売店などはありますが、食事の種類、質ともそれほど高くないのであなたのとっておきを準備して持参することをお勧めします。

・ケープポイントでの記念写真!

喜望峰と言えば「ケープポイント」の看板と共に行う記念撮影が最も人気のアクティビティです。この写真は多くの旅行者が最も欲しがる1枚としても知られており、インスタ映えすることは勿論のことですが、SNSや待ち受けプロフィールとしての愛称も抜群です。しかし、この写真を撮るために長蛇の列ができることもしばしばあり、1時間程度の時間を撮影までに要することも珍しくありません。
この時間をどのように使うかをあらかじめある程度準備しておくことでせっかくの喜望峰でストレスをためずに済むでしょう。
さらに、その写真を使って絵ハガキを作り家族や知人に贈ることで受け手に大変な感動をプレゼントすることができます。ここだけの話、意中の女性に贈るとかなりの確率で結ばれるようです。

▶現地の料理やお土産も魅力的!

せっかく喜望峰を訪れるのであれば是非一緒に楽しみたいのが現地のお土産や食事ですよね。喜望峰がある南アフリカはズル族と呼ばれる民族が多数派であり、彼らの文化が広く国中に浸透しています。そんな彼らの文化がよく反映されているお土産として有名なのが「民族仮面」です。この仮面は様々な種類とカラフルな色があり、部屋に飾ることで素敵な味を出してくれるため大変人気が高いです。その他にも綺麗でカラフルなアフリカン柄の布やアパルトヘイトの忌まわしき風習から国を1つにしたことで有名な通称「スプリングボックス」ことラグビーのアフリカ代表のユニフォームなども大変喜ばれる品として有名です。
現地の食事は「ウガリ」と呼ばれるトウモロコシから作られる伝統的な食事が主食として広く親しまれておりこれに肉や野菜をトッピングして食べるのが通例です。よく、伝統的な料理は好き嫌いが分かれると言いますがウガリに関しては毛嫌いする人が極端に少ないことで有名です。クセがなく、非常に食べやすいことがその最大の理由でしょう。中にはその作り方を学んで自分で作って食べる人がいるほどですので是非チャンスがあれば食べることをオススメします。

▶喜望峰の立地は最高!

たとえあなたの目的地が喜望峰であったとしても、せっかく喜望峰まで来たのであれば是非一緒に訪れたい魅力的な場所が数多くあることも喜望峰の人気の1つだといえます。
その中でもオススメな場所は次の3つだと言えます。

・ウォーターフロント

ケープタウン最大のショッピング街と言われ、ここに行けば揃わないものがないと言われるほどに充実したラインナップとなっています。高級ブランド品から日常用品にいたるまで確実に揃えることができるので何か困ったことがあればここに行けば間違いないでしょう。更には、クルージングやイベントなども数多く展開されており、1日中いたとしても飽きることがないオススメのスポットだと言えるでしょう。お子様と一緒でも全く問題なく楽しめる場所です。

・ケープのペンギンを楽しむ!

ケープタウンから車を使って10~20分ほどで、野生のペンギンが数多く生息しているポイントがあります。アフリカにペンギン?なんて驚く方もいるかもしれませんが、南アフリカは冬には雪が降るほどに冷え込むためにペンギンの生息地となっているのです。
なかなか見ることができない野生のペンギンたちの愛くるしい姿は絶好の癒しになること間違いありません。

・テーブルマウンテン

山頂から海を一望できる人気スポットです。歩いて登頂することもできますが、落下事故が多発しているのでロープウエイを使用することをオススメします。
歩く場合には、意外に長く、急な坂道が続きますので万全の準備で臨むようにしましょう!

▶喜望峰に行く際に知っておいた方が良いこと

ここでは喜望峰に行く際に知っておいた方が良い事柄についてお伝えします。まずは気候に関してですが、喜望峰は天候が変わりやすい為にカッパや防寒着は必需品です。それに加えて日差しと紫外線が非常に強いですので日焼け止めとサングラスは確実に持っていくようにしましょう。ケープポイントまでの道は舗装されていない岩場も多いためにトレッキングシューズやスポーツシューズなど動きやすく滑りづらいものを選ぶと良いでしょう。一度歩きはじめたらなかなか水を購入する場所がありませんので水も忘れずに持っていくようにしましょう。

▶最後に

いかがでしたか?
今回は、アフリカが誇る絶景「喜望峰」の魅力をご紹介してきましたが、これはほんの一部です。その魅力はとてもここでは書ききることができません。
眺めてよし、歩いてよし、撮ってよしの三拍子そろった魅力あふれる喜望峰の絶景は文字通りあなたにたくさんの希望と勇気を与えてくれることでしょう。是非、そんな多くの人を魅了して止まない喜望峰にあなたも訪れ、たくさんの思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧