クロード・シャブロル:『いとこ同志』を制作した映画監督

クロード・シャブロルは1930年6月24日、フランスのパリに生まれた映画監督です。最初は薬学を学んでいたものの、『カイエ・デュ・シネマ』で映画評を書き始めたことをきっかけとして映画業界でのキャリアをはじめ、その後は『肉屋』をはじめとした映画史に残る作品を制作していきました。そんなクロード・シャブロルの人生と作品について詳しく解説していきます。

■クロード・シャブロルとは

クロード・シャブロルは1930年6月24日、フランスのパリに生まれた映画監督です。父は薬剤師であり、シャブロル自身も薬学を学んだものの、1953年にはアンドレ・バザンが初代編集長を務めた『カイエ・デュ・シネマ』で映画評論を書き始めるようになりました。この時、のちのヌーヴェル・ヴァーグの旗手となるジャン=リュック・ゴダールやジャック・リヴェット、フランソワ・トリュフォーらと出会い、交流を深めていきました。

1956年に妻の祖母から巨額の遺産を相続すると、制作会社AJYMフィルムを設立。そしてリヴェットの短編『王手飛車取り』を制作します。この際シャブロルは脚本をリヴェットと共に共同執筆したうえ、ゴダールやトリュフォー、リヴェットとともに出演もこなしており、才能あふれる仲間たちと制作した同作はシャブロルにとって大きなターニングポイントとなりました。

1957年には監督デビュー作品となる『美しきセルジュ』を制作。同作はジャン・ヴィゴ賞を受賞しました。また、1959年には『いとこ同志』を制作し、第9回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。興行的にも成功を収めたことにより、徐々にその名前を知られるようになっていきました。1960年にはトリュフォーとの共同制作でリヴェットの処女長編である『パリはわれらのもの』を公開しています。同作にはシャブロルはもちろん、リヴェットやゴダール、ジャック・ドゥミも出演したことで話題になりました。

そうしてフランス、パリを拠点に数多くの作品を制作した長年の功績が認められ、1995年には第12回ルネ・クレール賞を受賞。その後も制作活動にいそしんでいましたが、2010年9月12日にはパリで死去。80歳の生涯を閉じることとなります。

※画像はイメージです

■クロード・シャブロルとは

クロード・シャブロルが親しく交流したヌーヴェル・ヴァーグの監督たちは「映画は視覚によって直接人に訴えかける芸術である」と考えており、シャブロルもまた作品をそうした信念のもとに制作しました。戦後のフランス映画の発展に寄与した人物の一人といえるでしょう。

そんなシャブロルは、どのような作品を制作してきたのでしょうか。代表作をいくつかご紹介します。

※画像はイメージです

・『いとこ同志』 1959年

本作品は1959年に公開されたドラマ映画で、シャブロルの長編二作目です。第9回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したことで話題になりました。

田舎で母親に育てられた主人公のシャルルは大学で法学を学ぶために、従兄でパリに住んでいるポールのアパルトマンに移り住むことになります。ポールは女たらしの遊び人で、アパルトマンを訪れた女がポールの子どもを身ごもったことを告げると、金を渡し中絶を強要して追い払ってしまいます。

その一方、パリ見物に誘われたシャルルはとあるクラブで出会った美女フローランスに恋してしまい、翌日行われたパーティではフローランスと心通わせることに成功しました。しかし、その後シャルルはフローランスとデートの約束を取り付けるものの、互いに時間を間違えてしまいます。フローランスはポールのアパルトマンでシャルルを待つうちにポールに惹かれてしまい、シャルルが帰宅した時にはフローランスとポールは同棲をはじめることが決まっており、シャルルは失意のどん底に突き落とされることになります。

※画像はイメージです

・『主婦マリーがしたこと』 1988年

本作品は1988年に制作されたロマンス・ドラマ映画で、フランスの女性最後のギロチン処刑になった、マリー=ルイーズ・ジローの実話をもとにしています。

舞台は第二次世界大戦中ナチ占領下のノルマンディー。平凡な主婦であるマリーは子育てをしながら夫の帰りを待っていました。ある日、隣の奥さんの堕胎を手伝ったことから蓄音機をもらい、マリーは自身の隠れた才能を仕事にしようと心に決めます。それからしばらくして、戦地から負傷した夫が戻ってくるも夫婦仲は冷え切ってしまい、マリーは夫に一切頼ることなく収入を得てどんどん裕福になっていきました。しかし、そんなマリーに思わぬ悲劇が襲うのです。

※画像はイメージです

・『悪の華』 2003年

本作品は2003年に公開されたドラマ映画で、あるブルジョワ一家の退廃的な人間関係を描いています。

フランス・ボルドーの裕福なブルジョワ一家であるヴァスール家の当主ジェラールの妻アンヌは、市長選に立候補するものの、アンヌとヴァスール一家を中傷する怪文書がばらまかれてしまいます。そこにはアンヌの母方の祖父ピエール・シャルパンが第二次世界大戦中に対ドイツ協力者であったこと、またピエールが娘であるミシェリーヌによって殺害された疑いがあることなどが書かれていました。アンヌはとくに気にするようではなかったものの、アンヌの義理の息子であるフランソワはジェラールが怪文書を送った本人であると疑うようになっていきます。

そして迎えた選挙当日。アンヌは市長当選が確実視され喜びに沸く中、ジェラールはアンヌの連れ子で実の姪であるミシェルに迫るという愚行をはたらきます。迫られたミシェルはとっさに手元にあったランプでジェラールを殴り、うっかり殺してしまうのです。

※画像はイメージです

・『引き裂かれた女』 2007年

本作品は2007年に公開されたサスペンス映画で、1906年にニューヨークで起きた「スタンフォード・ホワイト殺害事件」からヒントを得ています。

テレビのお天気キャスターであるガブリエルは、30も年上の既婚男性で高名な作家のシャルルと恋に落ちてしまいます。しかし、プレイボーイであるシャルルにとってガブリエルは単なる遊び相手に過ぎず、傷ついたガブリエルは熱烈なアプローチを受けていた富豪の息子ポールと結婚することにします。ガブリエルとポールの結婚生活はポールが嫉妬深く独占欲の強い性格だったためうまくいかず、思い詰めたポールは公の場でシャルルを撃ち殺してしまいます。

そして、ポールの裁判が開かれることとなり、ポールの母ジュヌヴィエーヴはポールの減刑のためシャルルを貶める証言をするようにガブリエルに言うものの、彼女は真実を語り、ポールには同情が集まります。ガブリエルが今でもシャルルを愛していることを知ったポールは、離婚を決意します。

■おわりに

クロード・シャブロルは1930年6月24日にフランスのパリに生まれた映画監督です。ジャン・リュック=ゴダールやジャック・リヴェットらヌーヴェル・ヴァーグの旗手たちとともに制作活動に励み、『いとこ同志』や『悪の華』をはじめとした映画史に残る作品を制作しました。

ヌーヴェル・ヴァーグの映画監督たちの作品に関心のある方は、ぜひシャブロルの作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧