コーエン兄弟:アメリカで不動の人気をほこる映画監督兄弟

1954年11月29日に生まれたジョエル・コーエンと1957年9月21日に生まれたイーサン・コーエンの二人は、アメリカを代表する映画監督です。「コーエン兄弟」として共同で映画製作に携わり、『シリアスマン』や『バスターのバラード』といった作品を制作しました。彼らの作品は、国内はもちろん海外でも高い評価を受けています。そんなコーエン兄弟の人生と作品について詳しく解説していきます。

■コーエン兄弟とは

コーエン兄弟の兄ジョエル・コーエンは1954年11月29日に、弟のイーサンは1957年9月21日にアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスのセントルイスパークで生まれました。両親ともに大学で教鞭をとっており、父親のエドワードはミネソタ大学で経済学を、母親のレイナはセントクラウド大学で美術史を学んでいました。少年時代から読書や映画鑑賞を趣味としていた兄弟は、ジョエルがためたお金で8ミリ映画撮影機材を購入。仲間を募って自主制作に取り組んだこともありました。

2人はマサチューセッツ州のバード大学サイモンズロック校を卒業すると、ジョエルはニューヨーク大学で映画製作を、イーサンはプリンストン大学で哲学を学ぶようになります。卒業後ジョエルは映画やミュージックビデオの制作現場で働くようになっていきました。

その後プリンストン大学を卒業したイーサンは兄ジョエルの住むニューヨークを訪れ、兄弟で脚本の執筆を開始。その脚本を元に映画化した初めての作品『ブラッド・シンプル』は低予算でありながら完成度の高いスリラー映画として評価され、兄弟でインディペンデント・スピリット賞の監督賞を受賞。一躍注目されるようになっていきました。

その後ハリウッドの大手スタジオ20世紀フォックスと契約したコーエン兄弟は、『赤ちゃん泥棒』や『ミラーズ・クロッシング』、『バートン・フィンク』といった作品を公開します。特に『バートン・フィンク』はカンヌ国際映画祭でパルムドール、監督賞、男優賞の主要3部門を制覇した作品で、コーエン兄弟が国際的に認められるきっかけとなりました。

1996年に公開された『ファーゴ』は初のアカデミー脚本賞を受賞し、また二度目のカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。『ビッグ・リボウス』は公開当時興行的には微妙な評価だったものの、カルト映画として熱狂的な人気を集めました。

その後もジョージ・クルーニー出演の『オー・ブラザー!』やフィルム・ノワールを彷彿とさせる白黒映画『ハーバー』を制作。2007年には『ノーカントリー』で作品賞を含むアカデミー賞4部門を受賞するなど、名実ともにアメリカを代表する映画監督となりました。

■コーエン兄弟の作品

コーエン兄弟の作品はコメディ的なスリラー映画、もしくはスリラー的なコメディ映画であることが多く、作品のテーマとしては誘拐や恐喝を扱っています。移動撮影や複雑なカット割りによってスタイリッシュなものに仕上げられていることが多く、その点がコーエン兄弟作品の人気を高めている一因と言えます。

そんなコーエン兄弟は、どのような作品を制作してきたのでしょうか。代表作をいくつかご紹介します。

※画像はイメージです

・『ブラッド・シンプル』 1984年

本作品は1984年に制作された犯罪映画で、コーエン兄弟のデビュー作にあたります。1985年度のサンダース映画祭審査員大賞、インディペンデント・スピリット賞の監督賞と主演男優賞を受賞したことで話題になりました。

舞台はテキサス州のとある街。パブの経営者ジュリアン・マーティは妻のアビーと従業員のレイが浮気をしているのではないかと疑っており、私立探偵のローレン・フィッセルにその動向を調査させていました。2人を尾行したフィッセルの報告により妻の不貞を確信したマーティは怒りで我を失い、アビーとレイの殺害をフィッセルに依頼します。

フィッセルは一度仕事を引き受けたものの、依頼人のマーティを銃撃し、店の金庫にあった売上金を奪って姿をくらませてしまいます。一方、再び話し合いをするべくマーティの店を訪れたレイは、血まみれのマーティを発見。アビーの仕業であると思い込み、死体を始末してしまいます。

※画像はイメージです

・『バートン・フィンク』 1991年

本作品は1991年に公開されたコメディ映画で、太平洋戦争前の混乱する時代の中、スランプに陥った脚本家が殺人事件に巻き込まれていくという作品です。

1941年、新進気鋭のブロードウェイ劇作家バートン・フィンクは、ハリウッドの大手プロダクション“キャピタル映画社”から週給1000ドルで映画の脚本を書く契約を結びます。新しい上司のリプニックによってプロレス映画の脚本を任されますが、不慣れなテーマであるために執筆は捗りません。その後も様々な要因によって、脚本の執筆は困難を極めていくのです。

※画像はイメージです

・『ヘイル・シーザー!』 2016年

本作品は2016年に制作されたコメディ映画で、コーエン兄弟のユーモア溢れるドタバタ劇が展開されます。

舞台は1950年代のハリウッド。エディ・マニックスは映画スタジオ内外で起こるトラブルに対応する汚れ仕事請負人として働いていました。そんな折、テレビの人気に危機感を抱いていたキャピトル・ピクチャーズ社は命運をかけた大作『ヘイル、シーザー!-キリストの物語-』の制作に乗り出したものの、撮影にはトラブルが続発していました。

そんな中、主演のオトロカス役のベアード・ウィットロックが何者にかに誘拐されてしまい、エディは事件解決に向けて極秘裏に動き出すことになるのです。

■おわりに

コーエン兄弟は兄ジョエルと弟イーサンの2人で映画制作にあたっている映画監督で、『ブラッド・シンプル』でデビューしたのち、ユニークな作品を制作していきました。また2010年の『トゥルー・グリッド』においては全世界興行収入が2億5000ドルを突破。最大のヒットを記録し、その評価を不動のものとしました。今後コーエン兄弟は、どのような作品を発表するのでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧