ジェームズ・キャメロン:『ターミネーター』『アバター』を制作した映画監督

ジェームズ・キャメロンは1954年8月16日、カナダのオンタリオ州カプスケイシングに生まれた映画監督です。『スター・ウォーズ』を見たことがきっかけで映画監督を志すようになり、『ターミネーター』や『アバター』など映画史に残る名作を制作しました。そんなキャメロン監督の人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジェームズ・キャメロンとは

ジェームズ・キャメロンはカナダのオンタリオ州カプスケイシングに生まれました。父は電気技師、母はアマチュア画家であり、幼いころから母に芸術的な教育を受け、美術に関する才能を示していました。15歳のときには『2001年宇宙の旅』を見て映画に憧れを抱くようになり、16ミリカメラなどで実験映画を撮り始めるようになります。その後はカリフォルニア州立大学フラトン校に入学し、海洋生物学や物理学を専攻したものの、2年後に中退。その後はトラック運転手などをして生計を立てるようになります。

しかし、1977年に公開された『スター・ウォーズ』を見たことをきっかけに再び映画製作に没頭するようになり、1978年に35ミリの短編SF映画『Xenogenesis』を制作。同作がきっかけとなってニューワールド・ピクチャーズに入社することになり、映画業界でのキャリアを積んでいくのです。

以降、『エイリアン2』や『ランボー/怒りの脱出』の脚本を依頼され、2作品とも大ヒットを記録します。1991年に公開した『ターミネーター2』は全世界で5億6000万ドルの興行収入をあげたことから、国内はもちろん海外でもその名を知られるようになっていきました。また、1997年には『タイタニック』を公開。同作はアカデミー賞11部門を受賞し、キャメロン自身もアカデミー賞監督賞を受賞しています。2009年には3D映画『アバター』でさらに興行収益記録を更新しました。

2011年には、3Dカメラ共同開発者であるビンス・ペイスとともに3D制作を行うキャメロン・ぺイス・グループを設立。新しい表現を模索し続けています。

■ジェームズ・キャメロンの作品

キャメロンの作品の特徴は、アクションが中心で、エンターテイメント性が高いことです。本人も自身の作品のことを「ハイテクニックを駆使したエンターテイメント作品」と語っており、壮大な規模で制作し続けています。

そんなキャメロンは、どのような作品を制作してきたのでしょうか。代表作をいくつかご紹介します。

・『ターミネーター』 1984年

本作品は1984年に公開されたSF映画で、ターミネーターシリーズの1作目にあたります。当初はB級映画的な低予算で制作されたものの大ヒットを記録し、これまでに5作の関連作品が公開されています。

舞台は1984年、ロサンゼルスの裏路地にまばゆい電光とともにたくましい男性が現れ、服や銃を強奪。「サラ・コナー」という名前と「ロサンゼルス」という住所だけを頼りに電話帳を調べ上げ、同姓同名の女性を順番に殺害していくという事件を起こします。生き残った最後のサラ・コナー宅に侵入した男性は、サラと同居する友人ジンジャーとそのボーイフレンドであるマットを殺害。そしてついに、サラが街のディスコにいることを突き止めます。男性はサラを見つけ殺害しようと銃口を向けるものの、間一髪で若い男が助けに入ります。怯えるサラに対し、若い男は自分がリース軍曹であると名乗り、襲撃者はロボットで未来から送り込まれたこと、まだ見ぬサラの息子によりサラを守るために自分は送り込まれたと状況を説明します。

2029年の近未来では核戦争後の世界で人工知能「スカイネット」が反乱を起こし、人類は絶滅の危機を迎えていました。しかし、抵抗軍の指導者ジョン・コナーの指揮により人類側の勝利は目前に迫っており、危機感を感じたスカイネットは殺人アンドロイド「ターミネーター・サイバーダインシステム・モデル101」を未来から現代に送り込み、ジョン・コナーの母親であるサラを殺害しようともくろんでいたのです。

・『タイタニック』 1997年

本作品は1997年に公開されたロマンス映画で、1998年のアカデミー賞において作品賞、監督賞、撮影賞をはじめとした11部門で受賞。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットしました。

舞台はタイタニック号が沈没してから84年後の1996年。トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックとともに沈んだといわれているダイヤモンド「碧洋のハート」を見つけ出すべく、深海のタイタニックの調査を行っていました。そして、ようやく上流階級の女性が使用していたと思われる1等客室の部屋から1つの金庫を発見。しかし、そこから出てきたのは古ぼけた紙切れでした。

その紙切れをきれいに洗い流すと裸体の女性が浮かび上がり、その胸に「碧洋のハート」らしきダイヤを身に着けていることが判明します。この発見がテレビで大々的に報じられたことで、沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えた女性から連絡が入ります。彼女の口から語られたのは、タイタニック号の悲劇と運命に翻弄された恋人たちの物語でした。

※劇中でアーノルド・シュワルツェネッガーが運転した1991年製ハーレーダビッドソンファットボーイ、テネシー州ガトリンバーグ

・『ターミネーター2』 1991年

本作品は1991年に公開されたSF映画で、1984年の『ターミネーター』の続編として制作された作品です。

舞台は1995年のロサンゼルス。10年前のサラ・コナーとターミネーターの間で起こった死闘を知るものはなく、サラはのちにスカイネットを開発することになる「サイバーダイン社」への爆発未遂事件を起こしたため、精神病患者として警察病院に収監されていました。一方、息子のジョンは養父母のもとに引き取られ、非行に走るようになっていました。そんな2人のもとに2体のターミネーターが送り込まれることになり、状況は一変。逃走の日々が始まります。

■おわりに

ジェームズ・キャメロンはカナダのオンタリオ州に生まれた映画監督で、『ターミネーター』や『アバター』、『タイタニック』など大ヒット作品を制作したことで知られています。キャメロン作品はエンターテイメント性を追求した壮大なものでありながら、作品全体にわたって徹底したリアリズムを追求しています。このこだわりが、キャメロン作品の質を高めているといえるでしょう。

キャメロンは現在に至るまで、ターミネーター関連作品をはじめとした数々の作品を制作しています。今後はどのような作品を発表するのでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧