ジョン・ギラーミン:『キングコング』を制作した映画監督

ジョン・ギラーミンは1925年11月11日、イギリスのロンドンに生まれた映画監督です。アクションアドベンチャー大作を多数手掛け、特に1976年の『キングコング』が広く知られています。そんなジョン・ギラーミンの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジョン・ギラーミンとは

ジョン・ギラーミンは1925年11月11日、イギリスのロンドンに生まれました。7歳の時に映画館で『宝島』を見て以来、監督になりたいと思っていたそうです。22歳で英国空軍を退役した後、フランスでドキュメンタリー映画を制作したのが監督としてのキャリアの始まりでした。

1948年にロンドンに戻ると、ロバート・ジョーダン・ヒルと共に小さな制作会社「アドベント・フィルムズ」を設立。『メロディ・イン・ザ・ダーク』などの作品を制作したものの、技術の向上を求めて1950年にはアメリカ、ハリウッドに渡ることになります。

このころギラーミンが制作した作品には、『スマート・アレック』や『奇妙な物語』、『お気に入りの物語』といった作品があり、極めて高く評価されました。その後、子供向けの映画作品にも取り組むようになり、1959年には『ターザンの決闘』を制作。徐々に幅広い層に親しまれるようになっていきました。

その後は『ミッドウェイ』を監督するはずだったものの、他の人物が監督を務めることになったため、『キングコング』の監督を引き受けます。同作は大きなヒットとなり、世界的にギラーミンの名前が知られるきっかけとなりました。

1980年以降は話題作を制作することが減り、低予算の映画やテレビ映画の監督を務めるようになっていました。その後も制作活動を行っていたものの、2015年9月27日には心臓発作のため死去。89歳の生涯を閉じることとなりました。

※画像はイメージです

■ジョン・ギラーミンの作品

ジョン・ギラーミンの作品の特徴は、大規模なアクションアドベンチャーの表現が目立つ点でしょう。『ターザンの決闘』や『キングコング』といった作品は、そんなギラーミンらしさが顕著にみられる作品と言えます。

そんなギラーミンは、どのような作品を制作してきたのでしょうか。代表作をいくつかご紹介します。

※画像はイメージです

・『ブルー・マックス』 1966年

本作品は1966年に公開された戦争映画で、第一次世界大戦中のドイツ空軍におけるパイロットの活躍を描いています。タイトルの「ブルー・マックス」とは、プロイセン王国の勲章である「プール・ル・メリット勲章」の英語の俗称にあたります。

時は第一次世界大戦末期の1918年。庶民出身のドイツ軍パイロットであるブルール・スタッヘル中尉は、軍人として最高の栄誉にあたる「ブルー・マックス勲章」を得るべく、戦闘機部隊に配属されます。貴族出身の同僚たちにライバル意識を募らせながらも、戦場での任務にあたっていました。初出撃では英軍の戦闘機を撃墜させようとし、二度の出撃では敵の偵察機を味方の基地に強制着陸させようとしたところ、思わず撃墜させてしまいます。冷酷だとみなされたこれらの行動から、隊長とスタッヘル中尉との間には溝が生まれてしまいました。

その一方、ドイツ国内の厭戦ムードを退けるべく庶民出身の英雄を欲していたクルーガーマン伯爵によって、スタッヘルは「撃墜王」としてドイツの英雄に祭り上げられていきました。「レッドバロン」ことリヒトホーフェン伯爵の窮地を救うなど戦果を挙げていったのと同時に、クルーガーマン伯爵夫人カエティと不倫するなど、スタッヘルの態度は傲慢になっていくのでした。

※画像はイメージです

・『ナイル殺人事件』 1978年

本作品は1978年に公開されたミステリ映画で、アガサ・クリスティーのエルキュール・ポアロシリーズ「ナイルに死す」を映画化しています。第51回アカデミー賞において、衣装デザイン賞を受賞したことでも話題になりました。

ある日、巨額の遺産相続人であるアメリカ生まれの美女リネットは、旧知の親友ジャックリーンから相談を受けます。それは、ジャックリーンの婚約者であるサイモンが失業し、生活に苦しんでいるため手を貸してほしいというものでしたが、リネットはサイモンと会った直後に電撃結婚してしまいます。

ふたりは新婚旅行でエジプトに赴くものの、行く先々でジャックリーンが姿を表し、ことあるごとに暴言を浴びせられるといった妨害行為を繰り返されます。リネットは同じ船の乗客の中に私立探偵のエルキュール・ポワロがいることを知ると、「ジャックリーンを遠ざけてほしい」と頼みますが、ポワロがその依頼を受けることはありませんでした。

一夜明け、なんとリネットは頭を撃たれて殺されており、「J」の血文字が残されていたためにジャックリーンが真っ先に疑われます。しかし、彼女にはアリバイがあったことが確認されたので、どうやら犯人ではないようです。ポアロと友人のレース大佐は調査を行い、多くの乗客がリネットを殺す動機を持っていたことを突き止めます。その後も船上で捜査を続ける二人でしたが、事件には思わぬ結末が待っていました。

■おわりに

ジョン・ギラーミンは1925年、イギリス・ロンドンに生まれた映画監督で、ドキュメンタリー映画の制作に携わったことから映画監督としてのキャリアをはじめた人物です。アクションアドベンチャー作品を中心に『ターザンの決闘』や『キングコング』といった大作を制作し、89歳でその生涯を閉じることになりました。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧