ロジャー・コーマン:「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれる映画監督

ロジャー・コーマンは1926年4月5日アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれた映画監督です。エドガー・アラン・ポーの『アッシャー家の惨劇』や『黒猫の住む館』といった作品を制作。「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれ、自伝『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか』を発表したことでも話題になりました。そんなロジャー・コーマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ロジャー・コーマンとは

ロジャー・コーマンは1926年4月5日アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれました。高校生のころハリウッドに引っ越したことをきっかけに映画に興味を持つようになり、映画業界でのキャリアを志すようになりました。スタンフォード大学では経営工学の学位を取ったのち、1953年より映画プロデューサー・脚本家としてのキャリアをスタートさせ、1955年には『ファイブ・ガン/あらくれ五人拳銃』で監督デビューを果たしました。1971年までに1年で7作品というとてつもないスピードで映画を制作し、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』は2日と1晩で撮影されたといわれています。

■ロジャー・コーマンの作品

(James Cameron)
(Dennis Hopper)
(Jack Nicholson)
(Robert De Niro)

コーマン作品の特長は低予算であるため、大学の映画学部をでたばかりの若者や俳優志望者などを頻繁に起用したことにあります。若者を使い捨てのように利用する一方、ジェームズ・キャメロンやデニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン、ロバート・デニーロといったのちの映画スターを発掘することにもつながりました。

そんなコーマンの主要な作品についてご紹介します。

・『金星人地球を征服』 1956年

本作品は1956年に制作されました。当初脚本はルー・ラソフが担当していたものの、ラソフが突然カナダに帰国してしまったため、チャールズ・グリフィスが引き継ぎ完成させました。コーマンは本作品の制作にあたって、わずか10日間で撮影を完了させました。

トム・アンダーソン博士は特殊な無線装置を開発し、金星人との交信に成功します。アンダーソン博士は金星人の優れた技術に着目し、金星人を地球へ呼び寄せました。一方金星人は種族絶滅の危機の前に、人類を洗脳・征服することを企んでいました。アンダーソン博士の友人であるネルソン博士は金星人の策略に気が付き、アンダーソン博士とともに金星人に戦いを挑むことになります。

・『呪われた海の怪物』 1961年

本作品は『大アマゾンの半魚人』のパロディ作品にあたります。

キューバ政府軍のトスターダ将軍は反革命の資金となる財宝をもって国外逃亡を企てており、アメリカ人ギャングのレンゾから協力を申し出されていました。そんな中レンゾは財宝の横取りを企て、海にいる怪物の伝説をでっちあげます。また将軍と部下たちが乗っていた船をわざと座礁させ、財宝は脱出する際に海に沈めてしまいます。しかしその後スキューバダイビングで財宝を回収しようとしたところ、存在するはずのない海の怪物が姿を表し、人間たちは次々と殺されていってしまいます。

・『アッシャー家の惨劇』 1960年

エドガー・アラン・ポーの小説『アッシャー家の崩壊』を映画化した作品で、1960年に制作されました。2005年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録されています。

フィリップ・ウィンスロップは婚約者のマデリン・アッシャーを訪ねるべく、ニューイングランドにあるマデリンの実家にやってきたものの、マデリンの兄ロデリック・アッシャーは不気味な男であり、マデリンも痩せて青ざめていました。さらに屋敷の地下室にはロデリックとマデリンの名前を刻んだ棺があり、不気味に感じたフィリップはマデリンを屋敷から連れて逃げ出そうとするものの、マデリンは亡くなってしまいます。そしてフィリップはアッシャー兄妹の恐るべき秘密を知ることになります。

参照: アッシャー家の惨劇 – Wikipedia アクセス日:2021年7月8日

・『侵入者』 1962年

『侵入者』 はアメリカ南部の黒人差別問題を描いたチャールズ・ボーモントの小説を映画化した作品です。ボーモント本人が校長役で出演したことでも話題になりました。8万ドルという低予算でありながら、人種隔離や公民権問題を扱ったことで高く評価されました。

舞台はアメリカ南部のとある町。この町では人種統合政策により地元の高校に黒人の生徒10人が入学することが決定。町の人々は不快感を抱きつつも、法律だからと諦めていました。そこにやってきた白人至上主義者のアダム・クレイマーは集会を開き、町の人々の黒人に対する不満や憎悪を掻き立てることに成功します。

■おわりに

ロジャー・コーマンは1926年にアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれた映画監督で、300本を超える映画をプロデュースしたほか、50本近い映画作品を制作しました。コーマンの作品は低予算で制作されたため、その出演者は映画学科を卒業した若者や俳優志望の若者ばかりでしたが、コーマンの作品をきっかけにハリウッドの名スターになった者もいます。そうした意味ではハリウッドにおける若手発掘を盛り立てた映画監督とも言えるでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧