• HOME
  • 記事
  • 北米 ,
  • シュリンプ・スキャンピ:ガーリックの香りが食欲をそそるアメリカのエビ料理

シュリンプ・スキャンピ:ガーリックの香りが食欲をそそるアメリカのエビ料理

シュリンプ・スキャンピは、車海老などを使用したアメリカの炒め料理です。エビの旨味とガーリックの香ばしさ、バターのコクが合わさり一度食べるとやみつきになります。そんなシュリンプ・スキャンピの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

1)シュリンプ・スキャンピの歴史

シュリンプ・スキャンピの「スキャンピ」は、イタリア語でヨーロッパアカザエビを指す「Scampo(スカンポ)」の複数形です。アメリカではエビを使った料理自体をスキャンピと呼び、車海老や手長海老などシュリンプと呼ばれる種類のエビを具材に使用したことから「シュリンプ・スキャンピ」というメニューが誕生しました。この料理はアメリカの有名レストラン「レッドロブスター」では不動の人気メニューとなっています。

2)シュリンプ・スキャンピの特徴

シュリンプ・スキャンピは新鮮なエビを香ばしく炒めた料理で、大人から子供まで楽しめます。スパイスや酒の種類を変えることで風味をアレンジして楽しめるのも一つの特徴です。ハワイでは屋台で販売していたり、家庭で簡単に作れるよう「スキャンピ用ソース」が売られるなど、日常的に食される人気なメニューとなっています。

《シュリンプ・スキャンピの主な材料》

エビ(クルマエビ、手長エビなど)450g
オリーブオイル
ニンニク
鷹の爪
バター
レモン汁
白ワイン

重曹
イタリアンパセリ(お好みで)
レモンの皮のすりおろし(お好みで)

《シュリンプ・スキャンピの主な調理法》

1.事前にエビの殻、背わたを取り除き、汚れや水の溜まりやすい尻尾の先端を切り落とします(処理済みのエビを使う場合この工程は不要)
2.エビをボウルに入れ重曹と塩をまぶしたら、混ぜ合わせて10分程度置きます
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、エビを加えて火を通します
4.一度エビを取り出し、オリーブオイルを追加し同じフライパンでみじん切りにしたニンニクと鷹の爪を熱し香りを出します
5.香りが出てニンニクの色が変わってきたら白ワインを入れ、アルコールを飛ばしながら半分になるまで混ぜ合わせます
6.ある程度アルコールが飛んだらバターを加え、手早くかき混ぜて乳化させます
7.とろみが出たらレモン汁と最初に炒めたエビを加えソースと合わせます
8.最後にお好みでイタリアンパセリなどのハーブや、レモンの皮のすりおろしを散らして完成です

3)終わりに

世界中で愛されるエビ料理「シュリンプ・スキャンピ」。家庭でも作りやすく、トマトやチーズなどお好みの具材を加えることで違った味を楽しむこともできます。万能な味付けなので、パスタと和えて食べたりアヒージョのようにバケットと一緒に食べたりするのもおすすめです。お店によっても味付けや具材が異なるので、食べ比べてお気に入りを見つけるのも楽しそうですね。味付けがしっかりしているので、お酒のおつまみにもぴったりです。興味のある方はぜひご家庭のメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧