ブラウニー:アメリカ発祥の濃厚な四角いチョコレートケーキ

ブラウニーは正方形や長方形にカットされた濃厚なチョコレートケーキです。チョコレートの甘さと生地の食感を存分に楽しむことができ、コーヒー、紅茶はもちろんウイスキーやブランデーなどのお酒ともよく合います。そんなブラウニーの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

※ブラウニーの発祥地『パーマー・ハウス・ヒルトン』の外観

1)ブラウニーの歴史

ブラウニーは1893年に開催されたシカゴ万国博覧会の際に考案されました。シカゴにあるホテル『パーマー・ハウス・ヒルトン』の創業者の妻が、シェフに「女性のためにケーキよりも小さく気軽に食べられるデザートを用意して欲しい」と要望を出しそれに応えたのが始まりと言われています。その後ボストンにある料理学校の教科書にレシピが掲載され、1906年には現在のブラウニーに近いレシピを紹介した本が出版されるなど徐々に親しみのあるスイーツへ変わっていきました。『パーマー・ハウス・ヒルトン』では現在も考案当時と変わらないレシピでブラウニーを提供しています。

2)ブラウニーの特徴

ブラウニーはさっくりとした生地の食感と、チョコレートの味わいが印象的なケーキです。一口サイズで用意されることが多く、フォークを使ったり指でつまんだりして食べます。お店や家庭によってはホイップクリームやアイスをトッピングする場合もあり、デザートやティータイムのタイミングで楽しまれています。

《ブラウニーの主な材料》

チョコレート
バター
グラニュー糖
ブラウンシュガー


バニラエッセンス
小麦粉
ココアパウダー

・トッピング(お好きなものを用意)
くるみ、レーズン、チョコチップ、アイス、ホイップクリーム、フルーツなど

《ブラウニーの主な調理法》

1.耐熱バットやケーキの型に油を塗りクッキングシートを敷いておきます
2.沸騰したお湯を用意し、チョコレートを細かく刻みます
3.刻んだチョコレートとバターを一緒にボウルに入れ、湯煎にかけます
4.別のボウルにグラニュー糖、ブラウンシュガー、卵を入れ混ぜ合わせます
5.全体的にまとまったら再度卵を投入し混ぜ合わせ、白っぽくなったら3個目の卵を入れてよく混ぜます
6.生地に塩、バニラエッセンス、湯煎したチョコレートとバターを加え混ぜ合わせます
7.小麦粉、ココアパウダーをふるいにかけ生地に加え、ゴムベラなどでさっくりと混ぜ合わせます
8.粉っぽさがなくなったら最初に用意したバットなどに生地を流し入れ、少し高いところから容器を何度か落とし空気を抜きます
9.あらかじめ180℃に温めたオーブンで30分程度焼いたら完成です

3)終わりに

アメリカ発祥のチョコレートケーキ『ブラウニー』。焼き立てはしっとり、冷ましたあとはさっくりとした食感が楽しめます。おやつに食べたり、ちょっとトッピングを豪華にして特別な日に食べたりといろいろなシーンで楽しめるのも魅力ですね。お酒とも相性バッチリなので、生地にラム酒などの洋酒を入れても美味しく作れますよ。難しい工程がなくお菓子作りが初めてでも気軽に挑戦できるので、興味のある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧