花茶:ジャスミン茶に代表される花を強い使用した風味のよいお茶

花茶はすでに完成されたお茶に花の香りをつけたものと、お茶は使用せず花弁そのものを煎じて飲むものがあります。そもそも緑茶は香りを吸収する特性を持つため、時には嫌なにおいを吸着してしまいます。そのせいでせっかくのお茶の香りが台無しになってしまうこともあるのです。

※桂花茶
※玫瑰茶

花茶はもともと、お茶のこのような性質に着目して作られました。お茶の吸着性を活かして、花のいい香りをつけることで「花茶」を楽しむことができるのです。花茶にはいろいろな種類がありますが、その中でも代表的なのはジャスミン茶です。このほかハマナスを使った花茶、玫瑰(めいくい)茶や、キンモクセイを使った桂花(けいか)茶などがあります。

花茶の歴史

中国ではお茶に香りをつけて楽しむことは古くから行われていました。とはいえ、当時それらを嗜むことができたのは裕福な特権階級の人々に限られていたそうです。一般庶民がお茶に手が届くようになったのは、清の時代であったといわれています。この頃には茶葉や茶器の文化がかなり確立され、お茶の香りを楽しむようにもなりました。そこで登場したのが、香りに特化した花茶だったのです。

当初は安価な茶葉に香りを付けたものを販売していました。これが華北を中心に人気が高まり、のちに高級茶葉に香りをつけた「高級花茶」も販売されるようになりました。

花茶の製造工程

代表的な花茶はやはりジャスミン茶でしょう。このお茶を作るにあたって大切なのは、花を摘み取るタイミングです。ジャスミンの花は、すでに咲いているものを摘み取るのではなく、摘み取った当日の夜に開花するようなものを選んで摘み取ります。

茶葉に花の香りを吸着させる工程を「くん花」といいます。また、乾燥して香りが薄くなってしまったところにさらに新鮮な花の香りを吸着させる「提花」という工程もあります。くん花は花とお茶を6層から7層に積み重ね、花の呼吸熱で45度まで温度を上げ、上がり切ったら広げて冷却しながらかき混ぜて花の香りを均一に茶葉に移します。この過程を数回繰り返して、花茶が出来上がっていくのです。

一般的に市販されているジャスミン茶の多くは、「くん花を3回、提花を1回」という手順で作られます。一方、高級なジャスミン茶は「くん花を7回、提花を1回」行います。くん花が完了したら、花をふるいにかけ分離させ乾燥させ最後に提花を行います。提花の具体的な工程はお茶を梱包するときに少量の生花を一緒に混ぜ込ませ、フレッシュな香りを再びつけるという作業です。また、使用する緑茶はできるだけ吸着力の強い茶葉が良いとされています。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧