アンジェイ・ズラウスキー:『ポゼッション』や『愛人日記』を制作した映画監督

アンジェイ・ズラウスキーは1940年11月22日にソビエト連邦のルヴフに生まれた映画監督です。『ポゼッション』や『愛人日記』と言った作品を制作し、独特の映像美を持つ作品は高く評価されています。そんなズラウスキーの人生と作品について詳しく解説していきます。

■アンジェイ・ズラウスキーとは

アンジェイ・ズラウスキーは、1940年11月22日にソビエト連邦の占領下にあったポーランドのルヴフに生まれました。作家の家庭で育った彼は、幼いころから文学や芸術に親しんでいたといいます。1957年から1959年にかけてフランスに留学し、パリの高等映画学院で学んだ後1960年から1966年まではアンジェイ・ワイダの助監督をつとめ、同時期にワルシャワ大学哲学科とパリ政治学院で学びを重ねる日々を過ごしていました。

在学中から映画批評や詩作を発表するようになったズラウスキーは1967年に短編テレビ映画『Pavoncello』で演出家としてデビュー。また、1971年には父ミロスワフとの共同脚本で長編映画デビュー作となる『夜の第三部分』を発表し、ポーランド映画祭新人作品賞、アンジェイ・ムンク賞、コシャーリン映画祭グランプリを受賞するなどして、高い評価を得るようになります。

しかし、1972年に制作した第2作『悪魔』がポーランド国内で上映禁止処分を受けてしまったため、次作『L’important c’est d’aimer』はフランスで制作。同作はセザール賞主演女優賞を受賞しています。

また1981年の『ポゼッション』は第34回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、主演のイザベル・アジャーニが女優賞を受賞。ズラウスキーも世界的な名声を得るようになっていきました。

1988年には大叔父イェジーの代表作となる「月三部作」の一部にあたる『銀球で』を原作にした『シルバー・グローブ/銀の惑星』を発表し、第41回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され話題を呼びました。『シルバー・グローブ/銀の惑星』は1977年には長編4作目として制作を開始していたものの、ポーランド政府から制作中止命令を受けており、完成には10年を越える月日が必要となってしまいました。

その後も旺盛な制作意欲でもって作品制作に臨んでいたものの、2016年に癌のためワルシャワで死去。75歳の生涯を閉じることになります。

■アンジェイ・ズラウスキーの作品

アンジェイ・ズラウスキーの作品の特長はたびたびポーランド政府から上映禁止処分がされるほどに暴力的、あるいはショッキングなシーンが多いことでしょう。特に『悪魔』は主人公が悪魔から手渡されたカミソリで家族や隣人を衝動的に殺害していく様子が描かれ、話題を呼ぶことになりました。

そんなズラウスキーの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します

『悪魔』 1972年

本作品は1972年に制作された作品で、悪魔に魅入られたひとりの男と悲劇的な結末を描いた作品です。

舞台は18世紀のポーランド。独立を失い、軍事勢力によって国が分断されるなどの大混乱が各地で起きていた中、陰謀を企んだとして精神病院に収容されていた若者ヤコブはプロシア人の奇妙な小男に助けられ、脱走に成功します。実はその小男はスパイのふりをした悪魔であり、ヤコブはそれに気が付くことなく自分の家にたどり着くべく国中を放浪することになります。

『ポゼッション』 1980年

本作品は1980年にフランスと西ドイツ合作で制作された作品です。第34回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされたことでも話題になりました。

単身赴任から帰還したマルクは、妻アンナの様子がおかしいことに気付きます。アンナの友人マージからある男の存在を聞いたマルクは、妻の不倫を責め立てました。しかし、アンナは浮気を認めるどころか夫を完全に拒絶。家を飛び出してしまいます。その後、男の正体を突き止めたマルクはその男の元へと向かい、話を聞き出そうとします。しかし、男から情報を聞き出すことはできませんでした。マルクは真相を突き止めるべく、探偵を雇いアンナを尾行させることにします。そして、探偵はアンナの住むアパートの浴室に奇妙な生き物が蠢いている様を目撃してしまいます。

■おわりに

アンジェイ・ズラウスキーは1940年11月22日にソビエト連邦のルヴフに生まれた映画監督であり、在学中から映画批評や執筆を発表したのち、1971年には長編映画監督デビュー。その後は独特の映像美を見せる作品を多数制作しました。

ズラウスキーの作品には熱心なファンが多く、2020年には『ポゼッション40周年HDリマスター版』がリバイバル上映されるイベントが行われていました。少しでも興味を持った方は、ぜひズラウスキー作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

アンジェイ・ズラウスキー公式サイト

出典:
Wikipedia アンジェイ・ズラウスキー
Wikipedia 悪魔
映画.com 悪魔

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧