ジャン=ピエール・ジュネ:『デリカテッセン』『アメリ』を制作した映画監督

ジャン=ピエール・ジュネは1953年9月3日フランスのル・コトーに生まれた映画監督です。友人でもある映画監督マルク・キャロとともに撮影活動をはじめ、1991年には『デリカテッセン』で長編映画デビュー。そのブラックユーモアから大ヒットをおさめました。そんなジャン=ピエール・ジュネの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジャン=ピエール・ジュネとは

※画像はイメージです

ジャン=ピエール・ジュネは1953年9月3日にフランスのル・コトーに生まれました。17歳のころに初めてカメラを購入。アニメーションを勉強しながら友人で映画監督であるマルク・キャロとともに短編映画を制作するようになり、キャリアの初期に制作した10分間の短編アニメ『回転木馬』は第6回セザール賞の短編アニメーション賞に輝きました。1989年には『僕の好きなこと、嫌いなこと』を単独で制作し、第16回セザール賞の短編賞を受賞。徐々に注目される存在となっていきました。

1991年にはキャロと共に共同で長編映画『デリカテッセン』を制作。核戦争後のパリの肉屋を舞台とした騒動をブラックユーモアたっぷりに描いた同作はフランスで大ヒットし、第17回セザール賞では脚本賞と新人監督作品賞を受賞。また1995年には『ロスト・チルドレン』は第21回セザール賞を受賞。こうした功績が評価されて1997年には『エイリアン4』の監督に起用され、ハリウッドデビュー。世界的な活躍を見せるようになります。

その後フランスに戻ると2001年には『アメリ』を発表。オドレイ・トトゥが主演した同作は第27回セザール賞で作品賞、監督賞など4部門を受賞し、第74回アカデミー賞ではジュネは脚本賞にノミネートされ、5部門でノミネートされました。2004年には再びトトゥ主演で『ロング・エンゲージメント』を制作。第30回セザール賞で作品賞、監督賞、脚本賞でノミネートし、第77回アカデミー賞では撮影賞と美術賞にノミネート。

現在もフランスを拠点に制作活動にいそしんでおり、同世代の映画監督たちに大きな影響を与え続けています。

■ジャン=ピエール・ジュネの作品

ジャン=ピエール・ジュネの作品の特長は独特の世界観とブラックユーモアといえるでしょう。そうした傾向は初期の『デリカテッセン』からも見られ、またドミニク・ピノンやオドレイ・トトゥ、ロン・パールマンら個性派俳優を起用することにより、その世界観をより独特なものにしています。

そんなジャン=ピエール・ジュネの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『デリカテッセン』 1991年

※画像はイメージです

本作品は1991年に制作された作品で、核戦争の後のパリにたった一軒だけ残った精肉店を舞台に展開する作品です。本作品はジュネの長編デビュー作品でもあります。

核戦争から15年経ったパリ。人々は食料を漁りあい、街は荒廃していました。そんな中、職を求めてルイゾンはデリカテッセンにやってきます。しかし店の主人はこうして人をおびき寄せては肉にしてしまう恐ろしい男であり、その娘であり心優しいジュリーは気のいいルイゾンが犠牲者になることを恐れて、反体制の菜食主義者「地底人」たちと手を組んでルイゾン救出作戦に乗り出すことになります。

しかしこのデリカテッセンの上のアパルトマンに住まう住人達はつわものぞろいであり、ルイゾンの肉を今か今かと待ち望んでいたために突然侵入してきた地底人と大騒ぎになってしまいます。ルイゾンは風呂場に水をためてアパートを大洪水にするという策を講じたものの、主人はルイゾンに魔の手を伸ばします。そんな主人が放ったブーメランは逆に主人の額にのめりこみ、アパルトマンには平和が訪れることになります。

・『アメリ』 2001年

※画像はイメージです

本作品は2001年に制作された作品で、パリのモンマルトルを舞台とした作品です。「幸せになる」というキャッチコピーのもと公開された同作はフランスで国民的な大ヒットを記録し、ジュネの代表作となりました。

神経質な元教師の母親アマンディーヌと冷淡な元軍医の父親ラファエルをもつアメリは両親からあまりかまってもらえず、両親がアメリに触れるのは父親による心臓検査の時だけでした。あまりに接触が稀であるためアメリは検査のたびに心臓が高揚してしまい、父親はアメリの心臓には障害があると勘違いしてしまいます。父親はアメリを学校に登校させず、また母親が事故で亡くなったこともあって、周囲とコミュニケーションをうまく取れない不器用な少女に育っていきます。

22歳になったアメリは実家を出てアパートに住み、モンマルトルにある元サーカス団員が経営するカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」で働き始めます。アメリはクリーム・ブリュレの表面をスプーンで割る、サン・マルタン運河で石を投げ水切りをするといったささやかな一人遊びをする毎日を送っていました。

そんなアメリは自宅で見たダイアナ妃事故死のニュースに驚き、驚いた表紙に化粧水瓶のふたを落としてしまいます。ふたが転がった先のバスルームのタイルの中から小さな箱を発見し、中に入っていた子供の宝物を返したアメリは、はじめて世界と調和がとれた充実感を感じ、人を幸せにすることに喜びを感じるようになっていきました。

・『天才スピヴェット』 2013年

※画像はイメージです

本作品は2013年に制作された作品で、ラルフ・ラーセンの冒険小説『T・S・スピヴェット君 傑作集』を映画化した作品です。同作はジュネの初3D映画作品にもあたります。

アメリカのモンタナに暮らす10歳の少年スピヴェットは天才的な頭脳の持ち主だったものの、時代遅れなカウボーイの父と昆虫の研究に夢中な母、そしてアイドルになりたいという姉にその才能を理解してもらえず、もんもんとした日々を過ごしていました。さらには弟が突然亡くなったこともあり、家族はみな心にぽっかりと穴を開いたような悲しみに襲われていました。

そんなある日スミソニアン学術協会から権威ある科学省がスピヴェットに授与されることになります。スピヴェットは家族に内緒で家出をし、数々の困難を乗り越えて授賞式に出席することになります。そこでスピヴェットはある重大な真実を明かそうとするのでした。

■おわりに

ジャン=ピエール・ジュネは1953年9月3日にフランスのル・コトーに生まれた映画監督であり、『デリカテッセン』や『アメリ』といった作品を制作したことで知られている人物です。その作品の多くはジュネ独特のブラックユーモアと映像美で高く評価されており、フランスを代表する映画監督の一人といえるでしょう。

フランス映画に関心のある方は、ぜひジュネの作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧