スティーブン・スピルバーグ:アメリカを代表する映画監督

スティーブン・スピルバーグは1946年12月18日にアメリカ合衆国オハイオ州シンシナティに生まれた映画監督です。1975年に『ジョーズ』でブレイクを果たし、その後は『インディ・ジョーンズ』や『宇宙戦争』『ターミナル』といった映画史に残る作品を制作しました。そんなスティーブン・スピルバーグの人生と作品について詳しく解説していきます。

■スティーブン・スピルバーグとは

スティーブン・スピルバーグは1946年12月18日アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティに生まれました。父のアーノルド・スピルバーグは電気技師、母親のリア・アドラーはコンサート・ピアニストの仕事をしていましたが、父の仕事の関係上引っ越しが多く、またユダヤ人でありディスクレシアでもあったことからいじめをうけることもありました。

しかし5歳のころにみた『地上最大のショウ』に感銘を受けたスピルバーグは、幼いころから8ミリカメラで自主的に制作活動に励む用意なります。スピルバーグはスタンリー・キューブリックやデヴィッド・リーン、黒澤明、アルフレッド・ヒッチコックといった監督たちの作品のほか、ディズニー映画などからも影響を受けるようになっていきます。

17歳の時にアリゾナ州に住んでいたスピルバーグはカリフォルニアに遊びに来た際、ユニバーサル・スタジオをバスで回るツアーに参加。孫曽合トイレに隠れてバスが去ってからスタジオ内を散策するという大胆な行動に出て、映像保管係をしていたスタッフと知り合うことに成功。3日間の通行証を作ってもらい、その3日間の間に人脈を作って通行証なしで出入りできるまでになっていました。

1965年にはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で映画を専攻したものの、スピルバーグ自身は大学が休みになるとユニバーサルにもぐりこみ、空き部屋だった掃除小屋を自分のオフィスとして使用してユニバーサルで居候をはじめるまでになってしまいます。その後21歳の時には最初の作品「アンブリン」を制作。同作がユニバーサルテレビ部門の責任者シドニー・シャインバーグの目に留まることとなり、ユニバーサルと7年契約を結ぶことに成功します。

1970年代には『刑事コロンボ』の第3作にあたる「構想の死角」で監督をつとめ、1975年に公開された『ジョーズ』はそれまでの『ゴッドファーザー』の記録を破り、世界歴代興行収入1位を記録。一躍一流監督の仲間入りを果たしたスピルバーグは考古学教授であるトレジャーハンターの大冒険を描いた『インディ・ジョーンズ』シリーズや宇宙人と子どもたちとの交流を描いた『E.T』を発表。同作で2度目の世界興行収入1位を記録し、名実ともに世界的な映画監督となっていきました。

1990年代には『ジュラシックパーク』が大ヒットし、『シンドラーのリスト』では作品賞、監督賞を受賞。2015年には映画会社アンブリン・パートナーズを設立し、今なお旺盛な制作意欲のもと数々の映画作品を生み出しています。

■スティーブン・スピルバーグの作品

スティーブン・スピルバーグの作品は宇宙人と子どもたちの交流を描いたSF作品である『E.T』やアドベンチャー大作である『インディ・ジョーンズ』、そして戦争を主題にした『シンドラーのリスト』など多岐にわたっています。しかしその一方ですさまじいほどの早撮りで知られており、制作費を安く抑えることができているため、多作でも知られています。

そんなスピルバーグの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します

・『ジョーズ』 1974年

(Public Domain/‘Image from cover of Jaws book.’ by Roger Kastel. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1974年に制作された作品で、ピーター・ベンチリーによる同名小説を描いた作品です。平和なビーチを襲う巨大人食い鮫とそれに立ち向かう人々を描いた作品であり、同作でスピルバーグは一躍世界的に知られることになりました。また第48回アカデミー賞で作品賞、音響賞、編集賞を受賞したことでも話題になりました。

舞台はアメリカ東海岸に位置する海辺の田舎町、アミティ。平和なビーチに若い女性の遺体が打ち上げられ、街の警察署長ぶろてぃはその死因が鮫の襲撃と断定し、海岸を閉鎖して遊泳禁止にしようとします。しかし小さな町であるアミティでは夏の観光が大きな収入源になっており、街の有力者たちに拒否されてしまいます。その結果海で泳いでいた少年が第二の犠牲者となってしまいます。

しかしその少年の両親が鮫胎児に賞金を懸けたことで事態は一変、アメリカ中から賞金目当てのハンターが押し寄せ、現場は大騒ぎになります。その対応に追われる一方でブロディは鮫の専門家である海洋学者のフーパ―を呼び寄せ、協力を依頼。フーパ―は最初の犠牲者の遺体を検視し、非常に大型の鮫の仕業であると考えます。

そのころハンターのひとりによってイタチザメが捕えられたものの、イタチの口のサイズは小さく、犠牲者を出した鮫ではないと判断されたものの、ボーン市長は海岸の閉鎖に消極的であり、またも犠牲者が出てしまいます。事件によってボーン市長を説き伏せたブロディはフーパ―や地元の漁師であるクイントとともに大海原に乗り出し、巨大鮫と死闘を繰り広げることになります。

・『ミュンヘン』 2005年

※画像はイメージです

本作品は2005年に制作された作品で、1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件とその後のイスラエル諜報特務庁による黒い九月に対する報復作戦を描いた作品です。ジョージ・ジョナスによるノンフィクション小説『標的は11人 モサド暗殺チームの記録』を原作としており、当時のイスラエル諜報特務庁から「事実と違う」という批判が続出するなど、物議をかもした作品でもあります。

1972年9月5日ミュンヘンオリンピックが開催される中、パレスチナの過激派組織「黒い九月」のメンバー8人がオリンピック村のイスラエル選手団宿舎に侵入。選手2人を殺害したのち、残る9人を人質に取り、イスラエルに収監されているパレスチナ人の開放を要求するという事件が起きます。西ドイツ警察が解決にあたったものの、空港ではテロリストたちと銃撃戦になり、ヘリコプターに乗ったイスラエル選手団9名は殺害され、人質は11人全員死亡という最悪の結末に終わってしまいます。

この事件に対してイスラエル政府は報復を決意し、イスラエルの首相ゴルダ・メイアのもとアブナーは「神の怒り作戦」の説明を受け、実行にあたることになります。暗殺のターゲットの多くはヨーロッパで活動するPLOの幹部や協力者であり迅速に作戦を実行していったものの、アブナーのチームもまた一人、また一人と暗殺されていき、次第に追い詰められていきます。

■おわりに

スティーブン・スピルバーグはアメリカを代表する映画監督のひとりであり、『ジュラシックパーク』や『シンドラーのリスト』など映画史に残る作品を制作した人物です。映画に対して並々ならぬ熱意と知識を携えているスピルバーグは恐るべき早撮りでも多数の作品を制作しており、またそのどれもが高い評価を受けていることは驚嘆に値するといえるでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧