ダニス・タノヴィッチ:『ノー・マンズ・ランド』や『鉄くず拾いの物語』を制作した映画監督

ダニス・タノヴィッチは1969年2月20日ユーゴスラビアのゼニツァに生まれた映画監督であり、ボスニア紛争を題材にした『ノー・マンズ・ランド』を制作したことで知られている映画監督です。そんなダニス・タノヴィッチの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ダニス・ダノヴィッチとは

ダニス・タノヴィッチは1969年2月20日ユーゴスラビアのゼニツァに生まれました。サラエボ大学音楽院でピアノを専攻し、その後舞台芸術アカデミーで学んでいたものの、1992年にはボスニア紛争が勃発。さらにはサラエボ包囲が行われたことにより、勉学の中止を余儀なくされてしまいます。その後ボスニア軍にカメラマンとして参加し、最前線の紛争の様子を撮影。その映像は非常に質の高いもので、ボスニア紛争の史料映像としてニュースで頻繁に用いられました。

その後勉強を再開するためにベルギーに渡ったダノヴィッチは1997年に学校を卒業。ボスニア紛争を題材にした初監督作品『ノー・マンズ・ランド』ではカンヌ国際映画祭脚本賞やアカデミー外国語映画賞をはじめ42の賞を受賞し、絶賛されました。また2002年にはアメリカ同時多発テロ事件をテーマに11か国の監督がオムニバス形式で参加した『11’09”01/セプテンバー11』のボスにアヘンを担当。戦争やテロなど、人間の極限状態をテーマにした作品を制作しました。

2005年にはポーランドのクシシュトフ・キェシロフスキ監督が残した三部作のうち『地獄編』を『美しき運命の傷跡』としてフランスで映画化。また2014年には『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』で元ネスレ社員サイヤド・アーミル・ラザをモデルに多国籍企業ラスタとの戦いを描いた作品を制作するなど、その後も数多くの作品を手がけています。

■ダニス・ダノヴィッチの作品

ダニス・タノヴィッチの作品の特長は戦争やテロをはじめとして数々の社会問題に焦点を当て、メッセージ性の高い作品を制作している点でしょう。こうした背景にはダノヴィッチがボスニア紛争に直面し、人間の極限状態を目の当たりにしたということが影響しているのかもしれません。

そんなダニス・ダノヴィッチの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します

・『ノー・マンズ・ランド』 2001年

※画像はイメージです

本作品は2001年に制作された作品で、ボスニア戦争を題材とした戦争コメディ映画にあたります。第54回カンヌ国際映画祭で脚本賞、第74回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞するなど、世界的にも高く評価されました。

ボスニア軍前線に赴いた交代要員の8人は、双方の前線の間にある無人地帯のセルビア軍前線よりに迷い込んだ末、夜明けとともにセルビア側からの一斉射撃を受けてしまいます。そのうちのふたりチキとツェラは両軍中間にある無人の塹壕線付近まで二元こんだものの、戦車砲でまたもや吹き飛ばされてしまいます。

・『鉄くず拾いの物語』 2013年

※画像はイメージです

本作品は2013年に制作された作品で、ボスニアヘルツェゴビナに住むロマ民族の女性が保険証を持っていなかったために手術を受けられなかったという実際の事件をもとにした作品であり、当事者たちが本人の役で出演したことでも話題になりました。また第63回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、審査員グランプリを受賞。また本作まで縁起の経験が全くなかったナジフ・ムジチは男優賞を受賞しました。

ボスニア=ヘルツェゴビナで暮らすロマの家族、ナジフとその妻セナダ、そして2人の娘たちはつつましいながらも幸せな生活を送っていました。ナジフは拾った鉄くずを売って一家の生計を支えており、またセナダは3人目の子どもをお腹に身ごもっていました。

ある日ナジフが仕事から戻ると、セナだは陣痛を訴え横になっていました。翌日ナジフは車を借りて一番近い病院に連れていくと、セナダは流産しており、5カ月の胎児はお腹の中で亡くなっていることが判明します。セナダの命に係わる状況でもあったため、遠い町の病院ですぐにでも手術を受けなくてはならなかったものの、セナダは保険証を持っていなかったため、病院は980ボスニア・マルクの支払いを要求。ナジフにその支払いはできず、結局セナダは家に戻らざるを得ませんでした。

主演のナジフは帰国後再び鉄くず拾いの職に戻ったものの、映画成功から仲間に疎外され、またケガによって仕事ができない状態になり貧困に追い込まれていました。2014年にはドイツへの亡命を試み、その資金として映画祭で獲得した銀熊賞のトロフィーを売却したものの、ドイツに難民申請した際の罰金支払い義務により帰国を余儀なくされてしまいます。そして2月18日には死去。そのニュースは映画業界において大きな驚きをもって受け止められました。

・『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』 2014年

※画像はイメージです

本作品は2014年に制作された作品で、パキスタンで実際残った事件を題材に子どもたちを守るために巨大企業に立ち向かう男の戦いを描いた作品です。

2006年カナダ在住のパキスタン人で、かつて大手グローバル企業を告発したアヤンの実話を描いた映画の製作準備打ち合わせがはじまり、アヤンはインターネットを通してこれまでの経緯について語りだします。

1994年のパキスタンで、アヤンは国産の薬品を売るセールスマンとして働いていました。新妻のザイナフのすすめで大手グローバル企業ネスレの面接を受け、はれて営業マンとなったアヤンはトップセールスマンとなり大活躍。しかし数年後友人の意志ファイズからラスタの粉ミルクを不衛生な水で溶かして飲んだ乳幼児が死亡する事件が多発していることを知らされます。ラスタは強引な売り込みを行っており、本来は母乳で十分な母親も医師からラスタの粉ミルクを処方されていたため、事件が多発していたのでした。

そうした事件に責任を感じたアヤンは会社を辞め、医師へのわいろとしてつかった金品の領収書などをもとにラスタを告発。しかしラスタはパキスタン全体に強い影響力を持っており、アヤンは自分だけではなく家族の身も危うくなり、その対応に苦悩することになります。それでも家族の励ましや人権団体からの支援をうけたアヤンはドイツのテレビ局でドキュメンタリー番組を放送することになったものの、かつてアヤンがラスタから和解金を得ようとしていた録音テープがテレビ局に届けられ、番組は放送中止になってしまいます。

■おわりに

ダニス・タノヴィッチはボスニア出身の映画監督であり、『ノー・マンズ・ランド』や『鉄くず拾いの物語』などで高い評価を得た映画監督です。タノヴィッチの作品は非常に社会的な作品であり、メッセージ性にあふれたものとなっています。これを機にタノヴィッチの作品に触れてみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧