フィル・ティペット:アメリカを代表するストップモーション・アニメーター

※画像はイメージです

フィル・ティペットは1951年9月27日アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーに生まれた映画監督です。幼いころから映画業界でのキャリアを志すようになり、『スター・ウォーズ』シリーズではアカデミー賞特殊視覚効果賞を受賞するなど、アメリカを代表するストップモーション・アニメーターとしても知られています。そんなフィル・ティペットの人生と作品について詳しく解説していきます。

■フィル・ティペットとは

フィル・ティペットは1951年9月27日アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーに生まれました。7歳の時にレイ・ハリー・ハウゼンの『シンドバッド7回目の航海』を見たことから特殊撮影に夢中になり、徐々にその道を志すようになっていきました。

※画像はイメージです

カリフォルニア大学アーバイン校に進学したのちは、ILMの視覚効果アドバイザー、デニス・ミューレンと出会い、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に参加し、モンスター・チェスの場面を担当。また『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』では銀河帝国軍のAT-ATのシーンを担当したことで一躍有名になりました。また1983年には『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの期間』でILMのクリーチャー部門主任として参加し、アカデミー賞特殊視覚効果賞を受賞しました。

1984年にはILMから独立してSFX会社「ティペット・スタジオ」を設立。『ロボコップ』シリーズなどを手掛け話題になりました。その後もストップ・モーション作品を数多く手掛けており、アメリカを代表するストップモーション・クリエイターの一人といえるでしょう。

■フィル・ティペットの作品

フィル・ティペットの作品の特長は、対象に個性を与える独特の表現技法といえるでしょう。1991年スティーブン・スピルバーグ監督の映画『ジュラシック・パーク』ではゴー・モーションを使う予定だったものの、デニス・ミューレンのILMが試作したコンピューター・グラフィックスの映像が良い出来だったため、ティペットは降板。しかしCGでは恐竜の動きに個性を持たせることはできず、ディペットは再び仕事に戻りストップモーション・アニメのように動きを一コマずつコンピューターに入力することで、個々の恐竜の個性を生み出しました。

そんなフィル・ティペットの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』 1983年

※画像はイメージです

本作品は1983年に制作された作品で、「スター・ウォーズ」シリーズの最終章にあたる作品です。ティペットは同作でメイクアップやクリエイチャー・デザインを担当しました。

銀河帝国は同盟軍に破壊されたデス・スターの2代目を建造していました。大きさは2倍、火力は数倍という新しいデス・スターは半分以上が完成しており、どのようにこの新しいデス・スターを破壊するかが同盟軍の喫緊の課題となっていました。

一方冷凍人間にされたハン・ソロはタトゥーインの砂漠に要塞を構えるジャバ・ザ・ハットのところに飾られていました。C-3POとR2-D2はそんなジャバのもとを訪れ、ハン・ソロとロボット2体を好感したいというルーク・スカイウォーカーの申し出を伝えます。しかしその申し出が受け取られることはなく、ロボット2体は奴隷のみになってしまいます。また賞金稼ぎのふりをして忍び込んだレイアも捕まってしまい、事態は窮地に。ルークも直談判をするものの、捕虜にされ砂漠の穴に住むサルラックの生贄にされそうになってしまいます。しかしルークの活躍により、ついに逃走に成功。ルークは一行と離れてダゴヴァ星に向かい、ヨーダから驚きの事実を告げられます。

・『ジュラシック・パーク』 1993年

※画像はイメージです

本作品は1993年に制作された作品で、最新のバイオ・テクノロジーによって現代によみがえった恐竜たちを放し飼いにしているテーマ・パークが制御不能になったことで巻き起こるパニックを描いた作品です。本作においてティペットは恐竜の動きを担当する「恐竜スーパーバイザー」を担当しました。

アリゾナ州の砂漠地帯で恐竜の化石発掘調査を続ける生物学者アラン・グラント博士と古代植物学者のエリー・サトラー博士。彼らのもとに突然やってきたハモンド財団の創設者ジョン・ハモンドは3年間の資金援助を条件にコスタリカ沖の孤島へ視察に行くように要請されます。視察にはふたりのほかに数学者のイアン・マルカム博士、ハモンド氏の顧問弁護士ドナルド・ジェナーロ、そしてハモンド氏の2人の孫であるレックスとティムも招かれていました。

島に到着した一行の目の前に現れたのは、群れを成す本物の恐竜。実はハモンド氏は巨額の資金を閉じて研究者を集め、化石化した琥珀の中に入っていた古代の家から恐竜の血液を取り出し、そのDNAを使ってクローン恐竜を作り出していたのです。グラントたちはその計画に一抹の不安を覚えるも、子どもたちと共にツアーに出発。しかしその不安は的中し、島のシステムが制御不能となったことで巨大なティラノサウルスたちに襲われることになってしまうのでした。

・『ホーンティング』 1999年

※ロケ地となったイギリスのハーラックストン・マナー

本作品は1999年に制作された作品で、シャーリー・ジャクソンの恐怖小説『山荘奇談』を映画化したロバート・ワイズ監督の『たたり』のリメイク作品にあたります。本作品ではティペットは視覚効果監修を担当しました。

ヒル・ハウスは130年前織物業で財を成した実業家ヒュー・クレインが妻と生まれてくる子供たちのために建てた豪奢な館だったものの、立て続けに起こった悲劇のために今では長年住む者がいない不気味な館と化していました。そこに非科学的な恐怖を科学的に実証するという研究を行っているマロー教授が訪れ、睡眠障害を抱えた患者を集めて館の忌まわしい歴史を伝え、その反応を確かめるという実験が行われることになります。しかし徐々に科学的にも説明がつかない事象が起こり始めるのでした。

・『スターシップ・トゥルーパーズ2』 2004年

※画像はイメージです

本作品は2004年に制作された作品で、1997年の『スターシップ・トゥルーパーズ』の続編にあたる作品です。

人類と昆虫型生物の戦争が続く近未来。敵の惑星で奮闘する中隊が包囲され退却することになるものの、わずかに生き残った兵士たちの退路は断たれ絶体絶命に追い込まれてしまいます。

■おわりに

フィル・ティペットはアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーに生まれた映画監督で、「スター・ウォーズ」シリーズをはじめとしてストップモーション・アニメーションを数多く制作した人物です。現在もクラウドファンディングサービスなどを用いてストップ・モーション短編シリーズ制作に取り組んでおり、その活動は今も注目され続けています。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧