ラース・フォン・トリアー:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を制作した映画監督

ラース・フォン・トリアーは1956年4月30日にデンマークのコペンハーゲンに生まれた映画監督です。ドグマ95という映画の方法論に大きく関与しているほか、さまざまな制作スタイルに取り組んでおり、デンマーク映画を国際的に広めた人物としても知られています。そんなラース・フォン・トリアーの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ラース・フォン・トリアーとは

ラース・フォン・トリアーは1956年4月30日デンマークのコペンハーゲンに生まれました。両親は公務員だったものの、進歩主義的な左派でありヌーディストキャンプに参加することもありました。そうした両親に影響されて子ども時代のラースは休日をヌーディストキャンプで参加することもあり、またさまざまなことを自分で決めるように任せられていました。そうした両親の教育方針はトリアーに大きな影響を与えました。

またトリアーは幼いころから映画に関心をもっており、11歳のときには母親が購入した8ミリカメラを譲り受けて自主制作を開始。その後コペンハーゲン大学の映画学科を卒業したのち、1979年にはデンマーク映画学校に入学。在学中には『Nocturne』、卒業制作として『Image of Liberation』を制作し、ミュンヘン映画祭で短編賞を受賞するなど高い評価を得るようになっていきました。

こうして映画監督としてデビューしたトリアーは「ヨーロッパ三部作」を手がけることになります。「ヨーロッパ三部作」とは未来に対するヨーロッパのトラウマを描いたもので、1984年には頭脳は連続殺人犯を描いた初の長編『エレメント・オブ・クライム』を、また1987年には『エピデミック』を制作し、前者は第37回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されフランス映画高等技術委員会賞を受賞、後者は第40回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されたことで話題になりました。1991年には三部作の最後の作品となる『ヨーロッパ』を発表。第44回カンヌ国際映画祭審査委員賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭作品賞などを受賞し、高い評価を得ました。

1992年にはプロデューサーのピーター・アールべーク・ジェンセンとともに映画製作会社ツェントロ―パを設立。社名は当時最新作だった『ヨーロッパ』にちなんだものであり、トリアーの作品以外にも多数の映画やテレビシリーズ、そしてハードコアポルノを制作する会社として有名になっていきました。

1995年にはトマス・ヴィンターベアとともにミニマリズムを原則とする「ドグマ95」を発表。これは「純潔の誓い」とよばれる映画を制作するうえでの10点の重要なルールをまとめたものであり、ロケーション撮影であること、光学合成やフィルターを禁止するといった項目が含まれていました。ドグマ95はきわめて急進的な制作方法であり、実際にドグマ95に従った映画が発表されるまではしばらくの時間を要することになります。

2000年にはアイスランドのミュージシャン、ビョークを起用したミュージカル『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を発表。第53回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しました。その後も「機械の土地三部作」や『鬱三部作』など実験的な作品制作に取り組んでいます。

■ラース・フォン・トリアーの作品

ラース・フォン・トリアーは飛行機恐怖症をはじめとしたさまざまな種類の精神疾患を抱えていることから、作品制作にも大きな影響を及ぼしています。アメリカなど外国を舞台にしている場合でもデンマークかスウェーデンで制作されており、カンヌ国際映画祭の授賞式にもデンマークからフランスまで自動車で赴くなど、そのスタイルは徹底的なものでした。そうしたスタイルは問題になることも多かったものの、トリアーの作品をより個性的なものにした一因であるといえるでしょう。

そんなラース・フォン・トリアーの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します

・『ヨーロッパ』 1991年

※画像はイメージです

本作品は1991年に制作された作品で、第二次世界大戦後間もないドイツでアメリカ人の見習い車掌がナチスのテロ事件に巻き込まれていく様を描いた作品です。1991年カンヌ国際映画祭審査員特別賞、高等技術院賞を受賞したことでも話題になりました。

1945年、第二次世界大戦終結直後のドイツ。アメリカ人であるレオ・ケスラーは復興に関わるためにドイツにやってきて、大鉄道網ツェントロ―パの車掌見習いとして働いていました。ある日車中でツェントロ―パ社長マックスの娘カタリナと出会い、夕食に招待されます。そこであったアメリカ軍情報部のハリス大佐はレオに諜報活動をにおわせるなど、不審な空気が食事会には漂っていました。

後日勤務中にハルトマンの友人と名乗る男から2人の少年を乗せてくれと頼まれたものの、その後連合軍から任命されたフランクフルト市長夫妻が狙撃される事件が起きてしまいます。犯人は8歳の少年であり、レオが乗せた少年はナチスのテロ組織の資格だったのでした。実はマックスは鉄道網の再興のために連合軍に協力せざるを得ない立場に置かれていたために、テロ組織から脅迫されていたのでした。事件の知らせを聞いたマックスはその日の夜バスルームで自殺してしまいます。カタリナは父の死を嘆き、自分もかつてテロ組織に所属していたことを告白。しかし今は後悔しており、2人は結婚することになります。

※画像はイメージです

しかし新婚生活もつかの間、カタリナがテロ組織に拉致されてしまいます。かつてレオに少年を紹介したテロ組織のボス、ジギーはカタリナと引き換えにレオの乗務する特急列車の爆破を要求。ノイヴェート橋の上で爆弾を仕掛けろと爆弾物を渡されてしまいます。隣の線路を走る列車の中からカタリナにジギーの言うとおりにするように言われるものの、爆発寸前のところで思いとどまります。そこでカタリナが発見されたという一報が入り、1号車にかけつけるとそこには手錠をかけられたカタリナの姿が。カタリナは今だテロ組織の一員だったのでした。レオはそんな状況に絶望し、爆弾のスイッチを押してしまいます。爆発した電車は橋の下に落下し、レオもまた水中に沈んでいくのでした。

■おわりに

ラース・フォン・トリアーは1956年4月30日に生まれた映画監督で、1980年代以降のデンマーク映画を国際的に広めた人物として知られています。精神疾患やセクシャルハラスメントなどが取りざたされることも多いものの、その表現は画期的なものでありデンマーク映画を牽引する映画監督の一人といえるでしょう。

トリアーは現在「機会の土地アメリカ三部作」の最終作に取り掛かっており、今後もトリアーらしいユニークな作品を発表してくれることでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧