ジャック・フェデー:誌的リアリズムをフランス映画に持ちこんだ映画監督

※画像はイメージです

ジャック・フェデーは1885年7月21日にベルギー・ブリュッセルのイクセルで生まれた映画監督です。『接吻』や『女だけの都』を制作し、フランス映画に詩的レアリスムを持ち込んだ人物とも言われています。そんなジャック・フェデーの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジャック・フェデーとは

※画像はイメージです

ジャック・フェデーは1885年7月21日ベルギー・ブリュッセル首都地域のイクセルで軍人の家計に生まれました。1911年にはパリに出て舞台俳優となり、1915年にはゴーモン映画会社の監督となり、喜劇作品を主に制作していたものの、1917年にはベルギー陸軍に召集。その際には慰問劇団の俳優をつとめました。

その後1919年には映画界に戻り、1921年には『女郎蜘蛛』を制作して高い評価を集めるようになります。また1929年にはハリウッドに招かれて『接吻』を制作。1934年にはフランスに戻り代表作『女だけの都』を制作。国際的な名声を集めるようになったフェデーはイギリスやドイツでも仕事をしたものの、第二次世界大戦の際にはパリがドイツ軍に占領されたこともあり、スイス・ヴォ―州ニヨン市のプランジャンに移住。1948年に亡くなるまで、その地で過ごすこととなります。

■ジャック・フェデーの作品

ジャック・フェデーの作品はいわゆる「詩的レアリスム」の作品と呼ばれています。詩的レアリスムとは大型セットにおけるスタジオ撮影を基本とし、遠近などを誇張して撮影する方法であり、1930年代に制作されたフランス映画ではよく用いられました。フェデーはそんな詩的レアリスムを持ち込んだ映画監督のひとりであり、フランス映画を大きく発展させた人物の一人といえるでしょう。

そんなジャック・フェデーの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『女郎蜘蛛』 1921年

(Public Domain/‘L’Atlantide’ by Manuel Orazi. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1921年に制作された作品で、ジャック・フェデーの出世作となった作品です。

砂漠の奥深くに住む女王アンティネアは男を捕えては自分の宮殿でとりこに死、やがてその死体をミイラにして宮殿に飾るという日々を過ごしていました。そんなアンティネアの国に迷い込んだフランスの士官モランジュとサンタヴィ。サンタヴィは女王のとりことなってしまい、夢うつつの中モランジュを殺害してしまいます。

どうにか女奴隷タニト・ゼルガの助けを得て謎の宮殿を脱したサンタヴィだったものの、砂漠のなかで瀕死状態に陥ったものの、どうにか都に帰郷。しかし徐々にアンティネアの魅力に取りつかれていき、女王の宮殿に帰りたいと思うようになっていました。この話を聞いた士官フィリエエルもまた女王の宮殿に関心を持つようになっていきます。

そんな彼らの元に女王からの招きの使者が訪れ、ふたたび戻ることはできないと知りながらもアンティネアの国に馬を進めるのでした。

・『カルメン』 1926年

(Public Domain/‘RAQUEL MELLER en la revista Caras y Caretas 09/04/1927, n. 1488, página 55. “Raquel Meller, la celebrada tonadillera española, que triunfa ruidosamente en “Carmen”, su último film, cuya exhibición Ha sido una muestra más del gran talento interpretativo de la exquisita artista.”’ by Unknown author. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

本作品は1926年に制作された作品で、プロスペル・メリメの小説『カルメン』を映画化した作品です。

ドン・ホセはふとしたことをきっかけに仲間を殺害してしまい、年老いた母を一人残して故郷から逃走。途中カスチリアで兵隊募集を見かけたホセはアルマンザの竜騎兵の連隊に入営し、軍務にあたるのでした。

その一方アンダルシア地方に手広く連絡を取っている密輸入者のひとりであるガルシアは、独眼竜と呼ばれ、その恐ろしい相貌から非常に恐れられていました。その情婦であるカルメンは非常に美しく、また賢い女であり、秘密の役目を引き受けては、他の仲間の手引きなどを行っていました。そんなカルメンが工場で仕事をしている際に、剣かで相手の女を身動きもできないほど打ちのめしてしまったことから、ドン・ホセとの邂逅がはじまることとなります。

・『テレーズ・ラカン』 1928年

(Public Domain/‘Publicité pour Thérèse Raquin – ca 1867’ by user:Van Nuytts. Image via WIKIMEDIA COMMONS)
※原作である同名小説の表紙

本作品は1928年に制作された作品でエミール・ゾラの小説を原作とする作品です。

パリでささやかな雑貨店を経営するラカン夫人。一人息子のカミーユは鉄道会社の初期をしていたものの、病弱で薬を飲まない日はありませんでした。そんなラカン夫人は幼いころから育ててきた遠縁にあたる孤児のテレーズを息子の嫁にすることにしたもの、結婚式が終わるや否やカミーユは発作を起こして病床に就き、カミーユは恵まれない結婚生活に愛想をつかし、旧友のローランと恋に落ちるまでになっていってしまいました。

ローランはある日カミーユと三人で船遊びに行き、そこでカミーユを川に転落させて、溺死を装って殺害。やっとふたりになったと思ったものの、ローランは夜ごと悪夢に襲われ、テレーズもまた良心の呵責に苛まれるようになっていました。一年後何も知らないラカン夫人はテレーズとローランを結婚させたものの、ふとしたことからカミーユ殺害の真相を知ったラカン夫人は卒倒。テレーズとローランは地獄のような結婚生活を始めることになり、やがてローランは凄惨で、テレーズは包丁で命を絶ち、ラカン夫人はまたも絶望に突き落とされるのでした。

・『ミモザ館』 1935年

※ロケ地のフランス・コート・ダジュール

本作品は1935年に制作された作品で、フェデーの妻フランソワーズ・ロゼーが出演したことでも知られる作品です。

1924年の南フランス。下宿ミモザの主人は血の気は多いものの性格の良いことで知られるガストンという人物であり、しっかりものの妻ルイズが切り盛りしていました。しかしこの夫婦には子供がいなかったことから、牢獄に入ることになった男の子どもピエールを引き取って育てていました。しかしガストンが賭博の取り締まりをしていたことから、ピエールはやがてルーレットの魅力に取りつかれていき、やがて身を亡ぼすことになっていきます。

・『鎧なき騎士』 1937年

※画像はイメージです

本作品は1937年に制作された作品で、ロシア革命を題材としたジェームズ・ヒルトンの小説を映画化した作品です。

ロシアのペテルブルグに滞在していたイギリス人、フォザリンギルは帝国主義攻撃の文章を書いたかどで、48時間内にロシアを退去せよという命令を受けてしまいます。イギリス諜報員であるスタンフィールドに相談すると、ペーター・ウラノフと名乗らされ革命党員アクセルスタインに紹介されます。そんな中革命党員のひとりが内務大臣暗殺に失敗し、フォザリンギルのアパートに逃げ込み死去。そのためにフォザリンギルとアクセルスタインはシベリア流刑を言い渡されてしまいます。

■おわりに

ジャック・フェデーはフランス映画に詩的レアリスムを持ち込んだといわれる映画監督であり、後世の映画監督たちに多大な影響を与えたといえます。フランス映画に関心のある方は、ぜひジャック・フェデーの作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧