ボリーニャ:ブラジル風コロッケと言われる人気食

ボリーニャはブラジル風コロッケといわれています。丸くボールのように丸めて作ることが特徴です。ボリーニャの中身はバカリャウと呼ばれる干した塩タラやほぐした鶏肉などで具材を作って入れてあります。中身の具材は好みでいろいろなものを使うことができます。

もうひとつブラジルの家庭料理として知られているのがコシーニャです。コシーニャもブラジル風コロッケとしてブラジルでは家庭でよく食べられています。コシーニャの具材はほぐした鶏肉や野菜などです。またコシーニャはツンと尖った円錐状に作ることが特徴です。

ボリーニャはとても食べやすいので子どもから大人まで人気の軽食・スナックとして人々に愛されています。また酒のつまみとしてもブラジルでは人気があります。

ボリーニャとコシーニヤ

ブラジルで庶民に軽食・スナックとして人気があるのがボリーニャです。基本的にはブラジルのコロッケとして知られているコシーニャとボリーニャは同じものでその形状と具材の違いで呼び方が違うと考えてもいいでしょう。

またコシーニャの具材はほぐした鶏肉や野菜などです。ボリーニャの具材は鶏肉、干したタラ、チーズなどさまざまなものを入れることもがあります。

ボリーニャはコロコロとしたボールのかたちから「小さいボール」という意味でこの名前がつけられたといわれています。大きさは直径7cmから8cmくらいに作られています。一口サイズで食べやすいといえます。

作り方

日本で家庭料理として知られているコロッケと同じようにジャガイモを蒸してつぶしたものに具材を混ぜて作ります。ただブラジルの場合、蒸したジャガイモにクリームチーズを混ぜ込むことがあります。また混ぜる具材が味付けした鶏肉を混ぜたものがコシーニヤで、円錐形に形を作るのが特徴です。円錐形に作った形が鶏のモモのかたちに似ていることからコシーニャと呼ばれています。

ボリーニャは蒸したジャガイモに混ぜる具材は決まっていませんが、一般的には干した塩タラが使われています。ただ鶏肉などを使う場合もあり、ボリーニャの具材はどのようなものでも具材になるといえます。ボリーニャもコシーニャと同じように油で揚げます。

ブラジルでは本来はタラを食べるという習慣はありませんでした。ただ大航海時代、ポルトガルで食べられていた干した塩タラをブラジルにもたらしたことによりブラジルでタラを食べるようになったといわれています。干した塩タラを料理に使うときは、骨を抜き、身は塩抜きをする必要があります。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧