ミーゴレン:インドネシア発祥のスパイシーな焼きそば

ミーゴレンとは、インドネシア・マレーシア・シンガポールなどで親しまれている焼きそばの1種です。中華麺を使用するのが特徴で、見た目はソース焼きそばによく似ています。そんなミーゴレンの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

ミーゴレンの歴史

ミーゴレンの語源は、インドネシア語の「ミー=麺」と「ゴレン=揚げる」に由来しています。インドネシアの中華系移民が作った焼きそばが起源だと考えられていますが、インドネシア独特のエスニックな風味が強調されているのが特徴です。

また、ミーゴレンはマレーシア・シンガポールでも人気がありますが、こちらはインド系移民が持ち込んだと伝えられています。

ミーゴレンの特徴

ミーゴレンは、インドネシア発祥の焼きそばで屋台料理として人気があります。ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)とは、米料理と麺料理という違いがありますが、味付けはほとんど同じです。

食材に関しては、イスラム教徒が多く住んでいるため豚肉を使用することはほとんどありません。

近年は、麺と調味料がセットになったインスタント食品が販売されており、自宅でも作りやすくなりました。

・ミーゴレンの主な材料

中華麺(茹で麺を使用する)

鶏肉

エビ

野菜…玉ネギ・ビーマン・もやし・キャベツ・小松菜・青梗菜・ニラなど

現地の調味料…ケチャップマニス・サンバル

スパイス…ニンニク・赤唐辛子・ナンプラー・ケチャップ・オイスターソース・砂糖・塩コショウなど

付け合わせ…パクチー・ナッツ・カットレモン・キュウリなど

・ミーゴレンの主な調理法

肉と野菜をカットし、ニンニクは薄切りにします。

ボウルに卵を割り、サンバルまたは好みのスパイスで味付けします。

フライパンに油を引き、ニンニクを香りが出るまで炒めます。

鶏肉・エビを加え、サンバルまたは好みのスパイスで炒めます。

野菜を加えてしんなりしてきたら、中華麺をほぐしながら入れます。

麺に火が入ったら、フライパンのスペースをあけて炒り卵を作ります。

炒り卵と麺を混ぜ、ケチャップマニスで味付けし皿に移します。

付け合わせを添えたら完成です。

※味付けには現地の調味料であるケチャップマニス・サンバルを使用しますが、無い場合には「ナンプラー・しょうゆ・ケチャップ・オイスターソース」などで代用しても美味しく食べられます。

4)終わりに

ミーゴレンは、東南アジアで親しまれている屋台料理です。具材と麺に甘辛いソースが絡んだエスニック風の味わいは癖になる人も多いことでしょう。レストランはもちろん、自宅でも簡単に作れますので是非一度食べてみてくださいね。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧