紅茶:ヨーロッパ人の嗜好に合わせて改良された世界的に有名なお茶

紅茶は、緑茶・烏龍茶と同じ茶樹から作られるお茶の1種です。発祥地は中国ですが、ヨーロッパで人気となり、現在は世界中で愛されています。

そんな紅茶の歴史や特徴について詳しく解説していきます。

紅茶の歴史

お茶を飲む文化は、中国からスタートしました。記録としては紀元前2世紀の書物が一番古いものですが、それ以前から飲まれていたと推測されています。中国では一般市民はもちろん、各時代の皇帝も茶を好んだことにより、製茶技術はどんどん進歩していきました。

そして、17世紀になるとヨーロッパにお茶がもたらされました。そのきっかけとなったのは、イギリス東インド会社が開催したロンドンでのティー・オークションです。中国産の茶葉が競売にかけられ、珍しい茶としてイギリスの貴族・文化人の集まるコーヒーハウスで提供されるようになりました。

17世紀後半から19世紀初頭には、イギリス東インド会社が中国産茶葉のヨーロッパ輸出を独占します。コーヒーハウスだけでなく一般家庭でも愛飲されるようになり、お茶の市場は拡大していきました。

次第に、お茶ブームの中心地イギリスでは「水色と味がしっかりしたお茶」が好まれるようになります。そのため、製造業者はイギリス人の嗜好に合わせて茶葉を発酵させるようになり、現在の「完全発酵の紅茶」が誕生しました。

紅茶の特徴

紅茶は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹「カメリア・シネンシス」から採れる茶葉を使用したお茶のことです。ただし、「カメリア・シネンシス」から採れる茶葉は、紅茶だけでなく緑茶・烏龍茶も作られます。その違いは製造方法で、茶葉の酸化酵素を活かして製茶するのが紅茶です。酸化酵素を利用することで、紅茶には赤褐色の水色と果実や花を思わせる香りが生まれます。

香りや味わいは産地によって異なりますが、一般的に高地の冷涼な場所では香りの強い茶葉、低地で日射が強い場所ではふくよかな味わいの茶葉が育ちやすいとされています。

完成した茶葉の形状でリーフグレード(等級)に分類されていますが、茶葉の大きさを揃えて均一に抽出するために設定されたもので、品質を保証するものではありません。

紅茶の主な産地

・インド

世界的に有名な紅茶生産国ですが、国内消費量が多いため輸出量はそこまで多くありません。

アッサム・ダージリン・ニルギリ・ドアーズ・ムンナールなどの地域が得に有名です。

・インドネシア

第二次世界大戦前までは紅茶の一大生産地でしたが、戦争で多くの茶畑を失いました。

しかし、近年はジャワ島を中心に生産量が増えています。

・スリランカ

スリランカ産の紅茶は登録商標「セイロン」と呼ばれています。

セイロン茶は茶園・工場が立地する高度によって、品質がランク付けされているのが特徴です。

ウバ ・キャンディ・ディンブラ ・ヌワラエリヤなどの地域が得に有名です。

・ケニア

20世紀に入ってから紅茶生産がスタートしたため、茶樹が若くフレッシュな紅茶に仕上がるのが特徴です。

茶園は標高2000メートルの高地にあり、セイロン茶に似た特徴をもっています。

・中国

紅茶発祥の地である中国ですが、基本的に中国茶の生産に力を入れているため、紅茶の生産量は少ない状況です。

安徽(あんき)省で生産される「祁門(キームン)」は世界三大紅茶の1つに数えられています。ヨーロッパでは「中国茶のブルゴーニュ」と呼ばれ、イギリス女王のバースデー茶会に饗されることでも有名です。

紅茶の主な種類

アッサム

コクの強い味わいと濃い茶褐色の水色が特徴です。

ミルクティーやチャイに向いています。

ダージリン

「紅茶のシャンパン」とも呼ばれるル良い香りが特徴です。

ストレートティーで香りを楽しみながら飲むのに向いています。

ニルギリ

柑橘系の穏やかな香りと渋みが特徴です。

レモンティーやミルクティーに向いています。

アールグレイ

茶葉にベルガモットで香りづけをしたフレーバーティーの1種です。

落ち着きのある芳香は冷やしても残りやすいため、アイスティーに向いています。また、ミルクティーでも人気があります。

イングリッシュ・ブレックファスト

アッサム茶・セイロン茶・ケニア茶のブレンドティーです。

イギリスで特に人気のある種類で、風味とコクの強さがミルクティーに向いています。

プリンス・オブ・ウェールズ

アッサム茶・セイロン茶・ラッキードラゴン茶・ガンパウダー茶などのブレンドティーです。

「紅茶のコニャック」と呼ばれる花のような香りをもち、ストレートティーに向いています。

もともとは英国王エドワード8世のために考案されたもので、午後にスコーンと共に飲むのが定番です。

世界各地の紅茶の飲み方

イギリス

一日に1億6500万杯が消費されるという調査結果があるように、紅茶はイギリスを代表する飲料です。

カフェ・一般家庭と場所を問わず親しまれており、客はお茶のおかわりを断ってはいけないという風習もあります。

一般的にミルクティーで飲まれており、好みによって砂糖を入れる人もいます。

フランス

コーヒーが主流であるため、紅茶が一般家庭に普及することはありませんでした。

しかし、その希少性からこだわりの文化として、ブルジョワジーには人気があります。

ドイツ

北ドイツを中心に一般家庭でも紅茶が親しまれています。

ホットミルクティーが人気ですが、健康志向が強いためカフェイン控えめのハーブティーもよく飲まれています。

アメリカ合衆国

ホットでは圧倒的にコーヒーの消費量が多い国ですが、アイスの場合は紅茶が主流です。

インド

イギリスの植民地だった時代に、紅茶文化が持ち込まれました。しかし、一般市民は安い茶葉しか手に入らなかったため、鍋で茶葉を煮出して飲むチャイ(濃いミルクティー)が主流になっています。

中国

中国茶の消費量が圧倒的ですが、紅茶を飲む人もいます。「清飲法=何も混ぜずに飲む」が好まれるため、基本的にはストレートティーで提供されます。

香港

イギリスの植民地だったため、イギリス流のアフタヌーンティーが親しまれています。また、エバミルク(牛乳を濃縮した乳製品)を入れる濃厚なミルクティーは「香港式ミルクティー」と呼ばれ人気があります。

終わりに

紅茶は、中国で生まれヨーロッパで発展したお茶です。産地やブレンドによって味わいは様々で、飲み方も各国の文化によって異なります。種類が多すぎて迷うかもしれませんが、是非紅茶専門店で相談しながらお気に入りの茶葉を探してみてくださいね。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧