エフォリオ:ほうれん草を使用したナイジェリアの伝統料理

エフォリオとは、ほうれん草などの葉野菜・肉・魚介類を煮込んだナイジェリア料理です。具材の旨味をしっかり感じると共に、スパイス・ハーブが絶妙なアクセントを利かせています。

そんなエフォリオの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

エフォリオの歴史

エフォリオの語源は、ヨルバ語の「エフォ=緑の葉野菜」「リオ=かき混ぜること」に由来しています。ヨルバ語とは、ナイジェリア南西部に居住するヨルバ族の言語です。発祥時期は分かっていませんが、ヨルバ族が考案した料理だと推測されます。ヨルバ族は西アフリカ最大の民族集団の1つで、ナイジェリア国内では「ヨルバ族・ハウサ族・イボ族」が三大民族と呼ばれています。

エフォリオの特徴

エフォリオは、ナイジェリアの南西部で親しまれている葉野菜のシチューです。具材は野菜に限定はしておらず、肉・魚など地域・季節によって様々な食材を楽しむことができます。

伝統的なエフォリオの特徴の1つが、イル(イナゴ豆から作る発酵食品)を使用することです。シチューに深みを与える調味料なのですが、独特の香りがあるため、現地の人でも苦手な人が多いようです。そのため、イル(イナゴ豆から作る発酵食品)を使用しないレシピも多く存在します。

・エフォリオの主な材料

肉…牛肉・鶏肉・七面鳥など

魚介類…ザリガニ・干し魚など

野菜…ほうれん草・玉ネギ・ピーマン・キノコ・トマトなど

イル(イナゴ豆から作る発酵調味料)…苦手な場合は除いて作ってください。

スパイス…ショウガ・ニンニク・ブイヨンキューブ・ザリガニの粉など

ハーブ…タイムなど

植物油…パーム油・オリーブ油など

・エフォリオの主な調理法

下準備をします。

肉を一口大にカットします。

ザリガニを水でよく洗い、干し魚は数秒お湯に浸してから洗います。

玉ネギはみじん切りに、ピーマンはフードプロセッサーでペースト状にします。

ほうれん草は沸騰したお湯で茹で、冷やしてしっかり水気を切ります。

他の野菜は食べやすい大きさにカットします。

鍋に植物油を熱し、玉ネギをキツネ色になるまで炒めます。

ピーパンを加え、とろみがつくまで炒めます。

ブイヨンキューブ・塩・ザリガニの粉・イル(イナゴ豆から作る発酵調味料)を入れて、よくかき混ぜます。

肉・魚介類・スパイス・ハーブ・水を入れて全体をかき混ぜ、蓋をして煮込みます。

具材が十分に柔らかくなったら、ほうれん草を加えてかき混ぜます。

器に盛り付けたら完成です。

終わりに

エフォリオは、ナイジェリアに住むヨルバ族の伝統料理です。ほうれん草などの葉野菜を使用するのが特徴で、ライスやフフ(蒸したイモやトウモロコシなどから作るイモ餅)と一緒に食されています。現地以外では見かけることの少ないメニューなので、興味のある方は是非ご自宅で作ってみてくださいね。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧