ケバブ(カバーブ):バリエーション豊富なお馴染みの焼肉料理

ケバブは、中東やその周辺地域でよく食べられている焼肉料理です。トルコでは代表的な料理であり、日本でも串焼きの「シシカバブー」などの名前で親しまれています。近年では屋台でもお馴染みとなり、広い地域で人気を博しています。そんなケバブの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

◆ケバブの歴史

ケバブは焼肉料理の総称で、トルコをはじめとした中東やその周辺地域で食べられているものです。「ケバブ」という名称はトルコ語に由来しますが、ウイグルでは「カワープ」、キルギスでは「ケベプ」、インド・パキスタン・アフガニスタン・アラブでは「カバーブ」イランでは「キャバーブ」、バルカンでは「チェヴァブ」など、地域により様々な呼び方があります。

発祥地とみられるトルコでは、かつて遊牧民であったことから羊やヤギなどを焼いて食べており、それが「シシケバブ」と呼ばれる串焼きのケバブや、串に巻いて焼く「ドネルケバブ」などのバリエーション豊かな料理として発展したようです。

日本では、インド料理の「シークカバブ」と呼ばれた串焼きのケバブが紹介された後、トルコ風の訛りが入り、「シシカバブー」という料理名で親しまれるようになりました。「ドネルケバブ」についても、都市部を中心に販売する屋台が増えてきています。

◆ケバブの特徴

ケバブの基本的な調理法は、肉を四角に切って串に刺して焼くというものですが、トルコでは串焼きである「シシケバブ」をはじめ、多くのケバブのバリエーションが展開されています。

トルコを含むイスラム教国においては、その宗教性から、羊肉や牛肉、鶏肉、魚肉が用いられ、ヒンドゥー教徒の多いインドでは牛肉は使われず、羊肉や山羊肉を用いるようです。日本では、手に入りやすい鶏肉や牛肉が使われることがほとんどです。

本場であるトルコのレストランでは炭火焼で作られることが多く、肉のうま味が濃縮されたケバブは人気を博しています。また、ケバブは単品ではなく、一般的に野菜やピラフと一緒に出されることが多いようです。

・ケバブの主な材料

<チキンのシシケバブ(串焼きケバブ)の材料>

鶏モモ肉(一口大)、サラダ油

調味料…玉ねぎ(すりおろす)、ヨーグルト、オリーブオイル、ニンニク(すりおろす)、塩、黒コショウ、一味唐辛子、クミン、乾燥バジル 

・ケバブの主な調理法

<チキンのシシケバブ(串焼きケバブ)の作り方>

調味料をすべて混ぜ合わせます。

鶏モモ肉を調味料に漬けてしっかりともみ込んだら、しばらく冷蔵庫で寝かしておきます。

フライパンに薄くサラダ油を敷き、下味のついた鶏もも肉を焼いていきます。

蓋をして蒸し焼きにし、こんがり焦げ目がつくまで焼きます。

肉に火が通ったら、串に刺して完成です。

・ケバブの主な種類

シシケバブ(シークカバブ、シシカバブー)…串焼きのケバブ

ドネルケバブ…回転させながら焼くケバブで、削ぎ切りにして食べる

イスケンデルケバブ…ひと口大のドネルケバブにトマトソースとヨーグルトが添えられる

など

◆終わりに

ジューシーなお肉の香りと、うま味の詰まったスパイシーな味わいは、まさに食欲をかき立てられますね。現地の本格的なケバブを食べに行くのもおすすめですが、自宅で自分好みの味付けを挑戦するのも楽しいのではないでしょうか。

出典(Wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/ケバブ

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧