サモサ:カリっとした皮とスパイシーな味がクセになるインドのスナック

サモサは、カリっとした三角形の皮にスパイシーな具材が入った、インドでよく食べられている料理です。現地では屋台などで多く売られており、軽食や食べ歩きのおやつとして観光客からも人気を博しています。そんなサモサの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

◆サモサの歴史

サモサは、香辛料を使って炒めたひき肉や野菜を小麦粉でできた皮で三角形に包み、油で揚げた食べ物です。中央アジアまたはペルシアが発祥地であるといわれ、13~14世紀ごろに中等からの交易商人によってインドへと伝わりました。

サモサの起源は、三角形を意味するペルシア語の「サンボサグ(Sanbosag)」という宮廷料理であったというのが通説です。それがインドに伝わると、宮廷料理としての贅沢な食材がアレンジされ、菜食主義者でも気軽に食べられるスナックとしての「サモサ」が誕生しました。その後も世界の各地に広がったサモサですが、インドでは軽食の一つとして今も親しまれています。

◆サモサの特徴

サモサは、小麦粉で作った皮にスパイシーな具材を包んで揚げたもので、スナック感覚で食べられる料理です。具材には、じゃがいもや玉ねぎ、レンズ豆、エンドウ豆、羊の挽肉などが使われ、それらを茹でて潰し、クミン、コリアンダー、ターメリックなどの香辛料で味付けします。

カリっとした皮をかじれば、ホクホクでスパイシーな具材のおいしさが口の中に広がります。現地では多くの屋台で売られており、旅行中の食べ歩きなどにもぴったりなので、観光客からの人気もあります。

・サモサの主な材料

じゃがいも(皮をむいて1cm角)、玉ねぎ(みじん切り)、グリーンピース、ショウガ(すりおろし)、クミンシード、サラダ油

スパイス…ターメリック、ガラムマサラ、コリアンダーパウダー、チリーペッパー、塩

生地…薄力粉、サラダ油、塩、水

・サモサの主な調理法

じゃがいもは水にさらしてザルに上げ、水気を切ります。耐熱容器にじゃがいもを入れてラップをし、600wの電子レンジで5分加熱します。

サラダ油を敷いたフライパンにクミンシードを入れ、香りが出るまで熱します。

玉ねぎを加え、きつね色になるまで炒めます。

じゃがいも、グリンピース、ショウガを加えて炒め合わせます。

スパイスを全て加えて全体になじませるように炒めたら、ボウルなどに移して冷ましておきます。

(サモサの生地を作ります)

生地の材料をボウルに入れ、水を少しずつ加えて耳たぶくらいの硬さになるまで練ります。

生地を横長にまとめてラップに包み、常温で30分ほど休ませます。

作りたい生地の数の半分の分量で分けて切り、一つずつ丸めます。

まな板に薄力粉をふるい、分けた生地をそれぞれ薄く楕円形に伸ばしたら、真ん中で半分に切ります。

生地の切った辺に水をつけて、円錐形になるように重ね合わせ、カップのような形にします。

具材を生地に詰め、生地の周囲に水をつけてしっかりと留めます。

生地のとじた部分を下にして、フォークの先を押しつけながらしっかりととじ合わせます。

個数分作れたら、180度に熱した油でこんがりと色づくまで揚げれば完成です。

◆終わりに

サモサは、かじった時のカリッとした食感と、具材のしっとりでスパイシーな味わいがマッチして、クセになりそうなほどの美味しさです。おかずやおやつとしてはもちろん、ビールのつまみとしてもよく合う一品です。現地での食べ歩きや自宅でのお料理に、一度試してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧