• HOME
  • 記事
  • 中南米 ,
  • フランゴ・コン・キアーボ:オクラと鶏肉を煮込んだブラジルの代表的な家庭料理

フランゴ・コン・キアーボ:オクラと鶏肉を煮込んだブラジルの代表的な家庭料理

1)フランゴ・コン・キアーボについて

フランゴ・コン・キアーボはもともとブラジル南東部にあるミナスジェライス州で作られていた郷土料理です。現在では一般的な家庭料理としてブラジル全土に広まっており、オクラと鶏肉をシンプルに塩胡椒、またはトマトソースで煮込むだけなので簡単に作ることができます。付け合わせにはアングーというトウモロコシの粉を煮詰め練ったもの添えるのが定番です。

2)フランゴ・コン・キアーボの歴史

フランゴ・コン・キアーボはアフリカ原産のオクラとヨーロッパの煮込み料理が合わさったものだと言われています。1960年代、ポルトガル人が当時奴隷だったアフリカ人を連れて宝石採掘のためブラジルにやってきた際、それぞれの文化や食材が融合しフランゴ・コン・キアーボが誕生したのです。

3)フランゴ・コン・キアーボの作り方

《材料》

鶏肉
オクラ
たまねぎ
にんにく
レモン
ローリエ
トマトソース
塩胡椒
サラダ油
お湯または水
パセリやコリアンダー(お好みで)

《作り方》

  1. 鶏肉にレモン、にんにく、塩胡椒をまぶし、ラップをかけ冷蔵庫で30分程度置きます。
  2. 輪切りにしたオクラを軽く油で揚げます。
  3. 一度フライパンをきれいにし、少量の油を温め鶏肉を皮面から焼いていきます。
  4. 両面に焼き色がついたら一度取り出し、同じフライパンにたまねぎ、ローリエを入れ軽く火を通します。
  5. 先程の鶏肉をフライパンに戻し、トマトソース、お湯または水を入れ鶏肉の中に火が通るまで20分程度煮込みます。
  6. 煮込み終わったらオクラを入れ、塩胡椒で味を整えながらお好みでパセリやコリアンダーを加えて完成です。

4)最後に

フランゴ・コン・キアーボはとてもシンプルで作りやすく家庭料理にぴったりです。フライパンのみでできるので洗い物も少なく気軽に挑戦することができます。お米にもよく合う味付けになっているので、興味のある方は食卓の一品に加えてみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧