ミスティ:バングラデシュで食べられる激甘スイーツ

※ミスティの一つラスグッラの画像

ミスティとは、バングラデシュで食べられている甘いデザートです。結婚式や誕生日など、特別の日のおもてなし料理として愛されています。そんなミスティの特徴について詳しく解説していきます。

※ミスティドイの画像

◆ミスティとは

ミスティは牛乳や砂糖を主な材料として作られるバングラデシュスイーツの総称で、インドなどでも食べられています。バングラデシュでは結婚式や誕生日、記念日などの時に、「幸せな人から周りの人への贈り物」としてミスティが提供されており、おもてなしの大切な料理として親しまれています。
またインドにはミスティドイというヨーグルトのようなデザートがあり、これも牛乳と砂糖をメインに作られ甘く濃厚な味わいが楽しめます。

◆ミスティの特徴

ミスティは牛乳や砂糖から作られた生地をさらにシロップに漬けるため、とても甘いのが特徴です。そのあまりの甘さに初めは驚く人がほとんどだとか。やわらかい生地の食感や口の中で溶けだすシロップの味は独特の魅力があり、次から次へと食べたくなってしまいます。最近では生活習慣病の観点から、甘味を抑えたミスティもあるようです。

《ミスティの一つ「ラスグッラ」の主な材料》

牛乳
レモン汁
小麦粉
ベーキングパウダー
グラニュー糖
カルダモン

《ミスティの一つ「ラスグッラ」の主な調理法》

  1. 鍋に牛乳を入れ沸騰させ、レモン汁を加えます。
  2. 牛乳が分離してきたらザルにガーゼを敷き、鍋の中身を流し入れ固形物のみ取り出します。
  3. 固形物にお湯をかけ、レモン汁の酸味を洗い流します。
  4. ガーゼで中身を包み、水気をよく絞ります。
  5. ボウルまたはシートの上にガーゼの中身を出し、よくほぐしたらベーキングパウダーと小麦粉を入れてよく捏ね生地を作ります。
  6. 生地がまとまってきたら直径2~3㎝ぐらいの玉状に丸めておきます。
  7. 鍋に水、グラニュー糖、カルダモンを入れ沸騰させシロップを作ります。
  8. 沸騰したら先ほど丸めた生地を入れ、蓋をして火を通します。
  9. 中まで火が通り大きく膨らんだら、シロップごとお皿に盛り付けて完成です。

◆終わりに

ミスティは幸せを分かち合うときに食されるとても素敵な料理です。結婚式などの大きなイベントだけでなく、友人が家に来た際のおもてなしにも適しています。また会いに来てくれたことへの喜びや幸せをミスティで表現することもできますね。自宅で作る場合は好みに合わせて甘みを抑えることができるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧