ライタ:カレーによく合うヨーグルトサラダ

※きゅうりのライタ

ライタは野菜や果物をヨーグルトと和えたサラダで、インドではカレーのお供としてよく食べられています。具材によって多くのバリエーションがあり、調理も簡単なので時間をかけず手軽に作れるのが魅力的です。そんなライタの特徴について詳しく解説していきます。

◆ライタとは

ライタはインドの家庭料理で、バングラデシュなどでも食べられている定番のサラダです。野菜や果物、豆などをスパイスとヨーグルトで和えて作ります。ヨーグルトがスパイスの辛味を和らげるため、カレーなどの香辛料を使った料理の付け合わせとして食べる習慣があるようです。

◆ライタの特徴

ライタは調理が非常に簡単で、すぐに作れるのが特徴です。基本的には具材を切り、ヨーグルトや調味料を和えたら完成なので、早ければ10分程度でできてしまいます。きゅうりを使ったライタが有名ですが、玉ねぎやにんじん、豆やフルーツなどなんでも入れることができるので、自由にアレンジしながら楽しむことができます。
スパイスもコリアンダー、クミン、チリパウダーなど比較的馴染みのあるものを使うため、初めて挑戦するインド料理としても最適です。

《きゅうりを使ったライタの主な材料》

きゅうり
プレーンヨーグルト
チリパウダー
クミンパウダー
コリアンダー(パクチー)

《きゅうりを使ったライタの主な調理法》

  1. きゅうりを細切りにしてボウルに入れます。
  2. ボウルにヨーグルト、チリパウダー、クミンパウダー、コリアンダー、塩を入れてよく混ぜ合わせます。
  3. 味が足りない場合は再度塩で味を整え、お皿に盛り付けたら完成です。
※たまねぎのライタ

◆終わりに

身近な材料で簡単に作れるライタ。カレーの付け合わせだけでなく、ヘルシーなサラダとして日常に取り入れることができます。味付けも自由に変えられるので、スパイスが好きな方は独自配合で好みの味を研究するのも楽しそうですね。いつもと違ったサラダが食べたいときに、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧