アラン・シュガー:イギリスを代表する実業家

※画像はイメージです

アラン・シュガーは1947年3月24日イギリスのイーストロンドン、ハックニーに生まれた実業家です。家庭用電化製品会社アムストラッドの創業者として知られており、またBBCの「ジ・アプレンティス」に出演していることでも有名です。そんなアラン・シュガーについて詳しく解説していきます。

■アラン・シュガーの幼少期

アラン・シュガーは1947年3月24日イギリスのイーストロンドン、ハックニーに生まれました。父ネイさんはイーストエンドの仕立て屋で経済的には豊かではなく、政府が低所得の人に提供する「カウンシルハウス」に住む生活を送っていました。ノースウォルド小学校に通った後、アッパークラプトンにあるブルックハウス中学校に進学。その後16歳で学校を辞め、統計を担当する公務員として働くようになります。

幼いころからビジネスに関心があったシュガーは仕事の傍ら、電気製品の販売を開始。シュガーのビジネスは50ポンドで購入した無線アンテナに8ポンドの保険をかけて売るというもので、徐々にビジネスの才覚を示していきました。

■アムストラッド設立

※画像はイメージです

そうしてビジネスに関心を持つようになったシュガーは1968年にアムストラッドを設立。当初は国と卸売業者に対してビジネスを展開していたものの、徐々に一般向けにも販売するようになり、大きな利益を上げるようになります。

1980年にはロンドン証券取引所に上場となり、1984年には8ビットマシンであるアムストラッドCPU464を発売。当時のライバル会社であったアップルのマッキントッシュプラスよりも安価であったこともあり、アムストラッドCPU464は世界で300万台が販売され、急成長を遂げていきました。しかし1990年代になるとハードディスクに問題が生じたため、パーソナルコンピュータ市場でアムストラッドは評判を損なうようになっていきます。

そんなアムストラッドが目を付けたのはポータブルコンピュータ市場でした。しかしアムストラッドGX4000を発売したものの、日本でメガドライブとスーパーファミコンが発売されたことにより失敗。結局2007年には放送会社BSkyBによって1億2500万ドルで買収されることで合意。その際シュガーも事業に参加することが発表されました。

■アムストラッドとは

※画像はイメージです

アムストラッドはアラン・シュガーが1968年に創設した企業で、1980年にはロンドン証券取引所に上場。イギリスを代表する企業として知られています。

当初は低価格のテレビやカーステレオ製造で業界をリードしており、特に射出成型技術を持っていたため他社よりも低価格で売り出すことが可能になっていました。1980年にロンドン証券取引所に上場を果たすと、急速に成長していき、1984年にはホームコンピューター市場を見据えてアムストラッドCPCを発売。1986年にはシンクレアのコンピュータ製品の製造・販売権、およびコンピュータ関連のブランド名と知的財産を購入し、シンクレアの在庫の販売だけで500万ポンドの売り上げを手に入れています。

1990年代に入るとラップトップやノートパソコン市場に目を向け、1990年にはゲーム機GX4000を発売。しかし同時期に発売されたメガドライブやスーパーファミコンが16ビットだったのに対して、GX4000は8ビットCPUだったため成功せず、1993年にはセガからテラドライブに類似したシステムの製造ライセンスを受けたものの市場で成功することはありませんでした。

2007年7月にはBスカイBによって1億2500万ポンドで買収され、現在はスカイ傘下でデジタル衛星放送用セットトップボックスを製造しています。

■テレビ出演

※画像はイメージです

・ジ・アプレンティス

またシュガーを一躍有名にしたのは、BBCのリアリティ番組「ジ・アプレンティス」でした。アメリカ版としては大統領に就任したドナルド・トランプの「ジ・アプレンティス」が有名ですが、イギリスではシュガーが出演するアプレンティスが親しまれています。

番組はシュガーが毎週タスクを出し、最後まで生き残った勝者は2万5000ポンドを出資してもらえるというもので、シュガーのビジネスパートナーになれるという特典がついています。タスクは毎週異なり、屋台のテイクアウトのお店を作り一番利益を出す、あるいは車のブランディングを行って広告やCMを作り専門家によって判定を下す、と多岐にわたっています。

挑戦者は2チームに分かれてどちらか負けた方のチームから最低1人脱落者が出ることになっており、タスク修了後タスクの反省やプロセスについて質問された後、結果が発表されます。結果は売上金額や利益率、専門家による評価などさまざまな要素が加味されるものの、最後にシュガーが決定を下すことになり「君はクビだ」の決まり文句を突きつけることになります。

最後には残った2人によって一騎打ちが行われることになり、ビジネスプランやブランディング、プレゼンテーションを行い、勝者が決定されます。時には2人とも勝者になることもあり、そのはらはらさせる展開からイギリスではもっとも人気のある番組の一つとなっています。

・ヤング・アプレンティス

※画像はイメージです

加えて16歳と17歳の若者が2万5000ポンドの賞金を獲得するために競う、「ヤング・アプレンティス」にも出演しています。2010年5月12日に放送開始した同番組は、6月10日に終了し、17歳のアルジャン・ラジャコールが勝者となり、大きな注目を集めました。またセカンドシーズンが2011年10月に開始され、ザラ・ブラウンレスが優勝。イギリスでもっとも有名な番組の一つといえるでしょう。

■慈善活動

※画像はイメージです

シュガーは2000年に「ホームコンピュータ、電子機器産業への貢献」でナイトの称号を得ており、また1988年にはシティ大学から、2005年にはブルネル大学から名誉博士号を得ています。また慈善活動家としてユダヤ・ケアやグレートオーモンド・ストリート病院などに寄付を重ねています。

こうした功績からシュガーは最も影響力のある100人のイギリス人起業家のひとりに選ばれており、2017年にはエセックスでもっとも影響力のある人物にも選ばれました。

■おわりに

アラン・シュガーは1947年3月24日にイギリスのイーストロンドンに生まれた企業家で、アムストラッドを創業したことで知られている人物です。70歳を超えた現在も実業家として精力的に活動しており、またBBCの「ジ・アプレンティス」に出演したことでもその名前が知られるようになりました。

2016年にはイギリスで95番目に裕福な人物にランクインしたアラン・シュガー。今後はどのような事業を展開するのでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧