ヴィム・ヴェンダース:ロードムービーで映画史に残る作品を制作した映画監督

ヴィム・ヴェンダースは1945年8月14日、ドイツのデュッセルドルフに生まれた映画監督です。大学では医学を学んだものの、のちに映画業界に転向し、ロードムービーをはじめとした数多くの作品を制作しました。そんなヴィム・ヴェンダースの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ヴィム・ヴェンダースとは

ヴィム・ヴェンダースは1945年8月14日ドイツのデュッセルドルフに生まれました。ギムナジウム卒業後大学では1963年から1964年までは医学を、1964年から1965年までは哲学を専攻したものの修了することは叶わず、1966年10月には画家を志してパリに移ります。しかし高等映画学院の入試に失敗してしまい、モンパルナスで彫刻を学びながら1日5本以上の映画を見る生活を送るようになります。

1967年にはユナイテッド・アーティスツのデュッセルドルフ・スタジオで働くために帰国し、秋にはミュンヘンテレビ・映画大学に入学。在学中は「Filmkritik」や「南ドイツ新聞」「デア・シュピーゲル」といった映画雑誌で批評を発表していました。

ヴェンダースが映画監督としてデビューしたのは1967年のことで、その後3年間で『警察映画』や『アラバマ:2000光年』『3枚のアメリカのLP』といった作品を制作。1970年には16ミリによる初の長編『年の夏を監督し、1972年には友人のペーター・ハントケの小説を映画化した『ゴールキーパーの不安』を発表し、第32回ヴェネツィア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞します。

この受賞によってヴェンダースの名前は世界的に有名になっていき、1974年にはアメリカからオランダへと旅する青年と少女を描いた『都会のアリス』、1975年には戦後ドイツを舞台とした『まわり道』を発表。また1976年には『さすらい』を発表していますが、作中による即興演出は極めて高く評価され、カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞やシカゴ国際映画祭ゴールデン・ヒューゴ賞を受賞しています。

このころ制作した作品は「ロードムービー3部作」とよばれ、ヴェンダースはニュー・ジャーマン・シネマの旗手として一躍注目されるようになりましたが、一時期作風を変えパトリシア・ハイスミスの小説を映画化した『アメリカの友人』や『ニックス・ムービー/水上の稲妻』などを発表。また1982年にはフランシス・フォード・コッポラの依頼により『ハメット』の監督を務めることになります。『ハメット』制作中はコッポラと衝突したことにより制作は何度も中断されたこともありました。

その後1991年には念願のSF対策『夢の涯てまでも』を発表し、1993,年には『ベルリン・天使の詩』の続編となる『時の翼に乗って/ファラウェイ・ソー・クロース!』を発表。2000年にはUSボノの原案をもとにした『ミリオンダラー・ホテル』を発表し、第50回ベルリン国際映画祭で審査委員賞を受賞します。

2015年には長年の功績が認められて第65回ベルリン国際映画祭で名誉金熊賞を受賞。映画監督としては国際的に認められる存在となりましたが、その後もヴェンダースのチャンレンジは続いており、2017年にはベルリン国立歌劇場の指揮者ダニエル・バレンボイムの依頼でジョルジュ・ビゼー作曲「真珠とり」のオペラ演出家としてデビュー。映画のみならずオペラにも活躍の幅を広げています。

■ヴェンダースの作品

ヴェンダースの作品は戦後のドイツで生まれ育ったこともあり、新しい価値観が生まれるに至らなかったニュー・ジャーマン・シネマの中でもポップカルチャーを引用し、アメリカ的な作品を制作した点が特長的です。そうした中で生まれたのがロードムービーでしたが、時代に合わせて作品を制作する視点ももっており、SF映画に挑戦し映画が古いメディアになったのちの新しいメディアの形を模索するなど、常に新しい表現を探求し続けている人物でもあります。

そんなヴェンダースの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『都会のアリス』 1973年

※画像はイメージです

本作品は1973年に西ドイツで制作された作品でロードムービー3部作の第一作にあたります。本作では即興撮影が用いられておりヌーヴェルヴァ―グ風であると評価される一方、自身がファンだと公言している小津安二郎のリスペクトが感じられる作品になっています。

旅行記の執筆のためにアメリカを放浪していたドイツ人のフィリップ。帰国のため立ち寄った空港でフィリップは9歳の少女アリスとその母親に出会います。たまたまであったことがきっかけでフィリップはアリスをアムステルダムまで連れていくことになりますが、アムステルダムに母の姿はありませんでした。しかたなく、フィリップはアリスの記憶を頼りに祖母の家を探す旅に出ることになります。

・『夢の涯てまでも』 1991年

※画像はイメージです

本作品は1991年にドイツ、アメリカ、日本、フランスオーストラリア合作で制作されたSF映画作品です。主題歌は同タイトルの「夢の涯てまでも」で、U2が担当したことでも話題になりました。

1999年制御不能になった核衛星の墜落が予報され、世界中は不安の中にありました。そんな中クレアはヴェネツィアの友人宅から当てもなく車で出発し、途中で何者かに追われるとレヴァーという謎の男を拾い、パリでおろします。その後元恋人のユージーンのもとに身を寄せていたクレアでしたが、なぜかトレヴァーのことが気になり、ベルリンに向かいます。実はトレヴァーはお尋ね者であり、私立探偵のウィンターとともにクレアはトレヴァーを探す旅に出ます。ついに東京でクレアはトレヴァーにたどり着きますが、トレヴァーは新発明の鍵を握っており各国のエージェントに追われていました。

・『ベルリン・天使の詩』 1987年

※画像はイメージです

本作品は1987年に制作された作品で、『夢の涯てまでも』の製作開始が遅れたためその合間を埋めるために制作された作品です。ヴェンダースはベルリンの街をロケハンするうちに街のあちこちに天使の意匠があることに気がつき、徐々に作品のイメージと結びついていきました。

守護天使ダミエルは天使として人間を長い間見守り続けてきました。しかし同じく天使で親友のカシエルは永遠の命を捨てて人間になりたいと望んでおり、打ち明けられたダミエルは衝撃を受けます。やがてダミエルはサーカスの舞姫マリオンに思い寄せるようになり、ベルリンに降り立ちます。

■おわりに

ヴィム・ヴェンダースは1945年ドイツのデュッセルドルフに生まれた映画監督で、当初や医学や哲学を学んだものの、映画監督に転向。ロードムービーを制作して名をあげ、その後はSF映画やヒューマンドラマといったさまざまなジャンルの作品を制作しました。また2017年にはオペラ演出家としてもデビューしており、今後が期待される映画監督の一人でもあります。

時代によって制作のスタイルを変化させてきたヴェンダースですが、今後どのような作品を発表するのでしょうか。今後が期待されます。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧