ジャン・ルノワール:戦後フランス映画界を代表する人物

※画像はイメージです。

ジャン・ルノワールは1894年9月15日フランス、パリのモンマルトルに生まれた映画監督です。父は印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールであり、幼少期は絵のモデルをつとめることも多くあったものの、自身は監督業に邁進。戦後フランス映画界を代表する人物となりました。そんなジャン・ルノワールの人生と作品について詳しく解説していきます。

■ジャン・ルノワールとは

※フランス・パリのモンマルトル街

ジャン・ルノワールは1894年9月15日フランス、パリのモンマルトルに父、ピエール=オーギュスト・ルノワールと母、アリーヌの次男として生まれました。幼いころは絵のモデルをつとめることもあったものの、第一次世界大戦の炉には騎兵少尉として参戦。しかし偵察飛行隊のパイロットとして偵察中片足を銃撃され、終生にわたって傷の痛みに悩まされることとなりました。その療養中にグリフィスやチャールズ・チャップリンの作品を観て映画に関心を持つようになります。1920年には父の絵のモデルをしていたカトリーヌ・ヘスリングと結婚。しばらくは陶芸を試みていたものの、やがて映画監督を志すようになっていきました。

1924年にはカトリーヌ主演の映画『カトリーヌ』の脚本を執筆。また『水の娘』で監督デビューを果たし、1926年にはサイレント期の代表作となる『女優ナナ』を監督。また1937年には反戦映画の名作として名高い『大いなる幻影』を発表し、名声を得るようになっていきました。ルノワールの作品は興行的には失敗と見なされるものが多いものの、傑作と評価されている作品が多く、ルネ・クレール、ジャック・フェデー、マルセル・カルネらとともに戦前期のフランス映画界を代表する映画監督となっていきました。

1939年にはイタリアにわたって『トスカ』の撮影を行っていたものの、イタリアが第二次世界大戦に参戦したことでフランスに帰国。1940年にはドイツがフランスに侵攻したため戦火を避けるべくアメリカに渡り、その際船に乗り合わせたサン・テグジュペリと親交を結ぶようになっていきました。

アメリカに到着したのちは20世紀フォックスと契約を結び、ハリウッドの撮影システムに困惑しながらも『南部の人』をはじめとする作品を発表。また1949年にはインドにわたり、1951年には初のカラー映画『河』を発表しています。1952年にはフランスに帰国し『フレンチ・カンカン』を発表し、商業的な成功をおさめることに成功します。そして1969年のテレビ映画『ジャン・ルノワールの小劇場』を最後の作品とし、その後はアメリカにわたり、生涯フランスに戻ることはありませんでした。

■ジャン・ルノワールの作品

※画像はイメージです。

ジャン・ルノワールの作品の特長は、その父親譲りの色彩感覚といえるかもしれません。1951年に発表した『河』は特にそうした色彩感覚が顕著に表れている作品であり、ヴェネツィア国際映画祭国際賞を受賞しています。父は絵画、自身は映画という違いはあれど、その才能が受け継がれている証拠ということができるでしょう。

そんなジャン・ルノワールの作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

・『大いなる幻影』 1937年

※画像はイメージです。

本作品は1937年に制作された作品で、第一次世界大戦下のフランスとドイツの戦いを背景にドイツ軍の捕虜となったフランス人とドイツ人将校の国境を超える友情を描いた作品です。

ドイツ軍の捕虜となったフランス軍人、労働者階級のマレシャル中尉と貴族のド・ボアルデュー大尉は、ドイツ軍人ラウフェンシュタイン大尉や捕虜仲間でユダヤ人銀行家のローゼンタールらと交流を深め、敵同士でも関わらず友情をはぐくんでいました。しかし祖国のために脱出を繰り返したボアルデューはラウフェンシュタインによって射殺。またマーシャルはローゼンタールと共にドイツ国内を逃亡することになってしまいます。

・『草の上の昼食』 1959年

※画像はイメージです。

本作品は1959年に制作された作品で、プロヴァンスを舞台に自然と人間性の美しさを描いた作品です。複数のカメラを同時に回すいわゆる「テレビドラマ的手法」を用いた作品であり、ルノワールの晩年の代表作として有名です。

アレクシ博士は人工授精によって優秀な子孫を増やし、それ以外の生殖行為は避けるべきであるという説を唱える人物。また博士は欧州連合大統領に出馬する予定であり、選挙戦を有利に進めるために女伯爵マリー・シャルロットとの政略結婚の日取りも決まっていました。その一方ネネットは兄夫婦の苦労を見て「子どもは欲しいが、使えない夫は欲しくない」と考えており、人工授精による子どもが欲しいと博士の別荘に押し掛け、まんまと女中になってしまいます。

やがて博士とマリーの結婚のお披露目のための昼食会がおこなわれ、出席者たちは和やかに過ごしていたものの、山羊を連れたガスパールの笛の音が鳴ったとき突風が吹き荒れ、大混乱に。しかしそれをきっかけにあちこちでカップルが成立し、博士もまた全裸で水浴びをするネネットを見て夢中になり、ふたりはネネットの実家で生活するようになっていくのでした。

そうして田舎で楽しく暮らしていた博士だったものの、再び政界に引きずり出され、政略結婚に臨むことに。ネネットは博士の子どもを妊娠していたものの、博士に知らせず、出産費用を稼ごうと博士と女伯爵の結婚式の会場となるホテルで手伝いをしては日銭を稼いでいました。そんなネネットを見つけた博士は、結婚式をネネットと博士のものとしてしまうのでした。

・『捕らえられた伍長』 1961年

※画像はイメージです。

本作品は1961年に制作された作品で、捕虜収容所にいる伍長が自由を求めて脱走を繰り返す姿を描いた作品です。

1940年6月。フランスはドイツ軍に敗れ、兵士たちは捕虜収容所に収容されていました。5人のフランス兵たちはたびたび試みるも失敗。やがて仲間たちの心はバラバラになってしまっていました。しかしその中でも伍長は歯医者の娘エリカと愛し合うようになり、彼女と自由な生活を得るべく、再び脱走。何とか輸送列車に乗り込むことに成功した2人はパリに付き、本物の自由を得るのでした。

■おわりに

ジャン・ルノワールはピエール=オーギュスト・ルノワールの次男として生まれ、戦後フランス映画界を代表する映画監督として傑作を発表した人物です。その作品は父親譲りの色彩感覚や戦時中の人々の心情を緻密に描いたものが多く、興行的に成功した作品は多くないものの、フランス映画史に残る傑作として高く評価されています。フランス映画史に関心のある方は、ぜひルノワール作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧