ソウル・アサイラム:ミネアポリスで結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド

※画像はイメージです

アメリカのミネアポリスで結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド、ソウル・アサイラム。1994年のグラミー賞Best Rock Song部門を受賞した名曲『Runaway Train』では、アコースティックなメロディーと美しいバラードで聴衆を魅了しました。商業的な音楽ではなくアンダーグラウンドの精神から生み出す音楽は、今日も世界中の音楽ファンの心を捉えて離しません。アメリカを代表するロック・バンド、ソウルアサイラムの経歴や代表作品を紹介します。

◾︎ソウル・アサイラムとは

※アメリカのミネソタ州、ミネアポリス

ソウル・アサイラムは1983年にアメリカのミネソタ州、ミネアポリスで結成されたロック・バンドです。音楽のジャンルはオルタナティヴ・ロック。商業的な評価を得るための音楽ではなく、常に反骨の精神を備えた普遍的な音楽を追求するジャンルです。ソウル・アサイラムはオルタナティブ・ロックのジャンルではアメリカを代表するほどの人気を誇るグループの筆頭。激しくも美しく、また儚げなメロディーと、いつまでも耳に残る絶妙なボーカルが魅力です。

ソウル・アサイラムは結成当初、別のグループ名で活動していました。1981年に結成されたロック・バンド、ラウド・ファースト・ルールズの名前は、ファンの間では周知です。結成当初の構成はボーカルのダン・マーフィー、デイヴ・パートナー、ベースのカール・ミュラーと、ドラムのマット・モーリーでした。メンバー交代を重ねながら、バンドは成長していきます。

1984年にはデビュー・アルバムを発表。ロックの世界に一石を投じます。1986年には3枚のアルバムを発表し、同年には同じくミネアポリス出身のロック・バンド、ハスカー・ドゥのツアーでヘッド・ライナーを担当しました。ヘッド・ライナーとはいわゆる“トリ”で、ライブの最後に披露するパフォーマンスは喝采を浴びました。しかし商業的な成功には恵まれず、ソウル・アサイラムは苦労の時代を経験します。しかし夜明けの時期は着実に近づいていました。

※画像はイメージです

ソウル・アサイラムは1990年代初頭に大手レーベルのコロムビア・レコードと契約を結びます。1992年になると当時のバンド音楽を結集した意欲作『Grave Dancers Union』を発表。このアルバムは国内で圧倒的なヒットを記録します。販売枚数は300万枚を超えてトリプルプラチナ・ディスクに認定。1993年にアルバムから4thシングルとしてリリースされた『Runaway Train』も商業的ヒットを記録し、1994年のグラミー賞ベスト・ロック部門を受賞しました。1993年のアメリカ大統領ビル・クリントンの就任式でも、パフォーマンスを披露しています。

国内全土を巻き込むヒットを記録したソウル・アサイラムは、1994年以降映画に楽曲を提供。そのうちのひとつ『Clerks』のサウンドトラックには、ソウル・アサイラムの作品が収録されています。また、頻繁におこなわれるチャリティー・コンサートもグループの特色でしょう。世界大勢の人々がソウル・アサイラムの生み出す音楽のみならず、その思想の影響を色濃く受けています。次章からは、ソウル・アサイラムが発表してきた代表作品を紹介していきます。

◾︎ソウル・アサイラムの代表作品

ミネアポリスで結成されてからオルタナティブ・ロックを牽引する活躍を魅せてきたソウル・アサイラムは注目を獲得した作品を多数制作してきました。その筆頭にあるのが衝撃的なMVも話題になったグループの最も有名な楽曲『Runaway Train』です。また、ソウル・アサイラム躍進の起爆剤となったアルバム『Grave Dancers Union』も必聴でしょう。活動休止を乗り越えて復帰を彩ったアルバム『The Silver Lining』も名盤です。それぞれの魅力を紹介します。

・Runaway Train(ランナウェイ・トレイン)

※画像はイメージです

『Runaway Train』は1993年にリリースされたシングル作品です。前年に発表された、大ヒットを記録したアルバム『Grave Dancers Union』から、4枚目のシングルとしてリリースされました。ビルボード・チャートは最高位5位をマークし、翌年のグラミーも受賞しています。アコースティックなメロディーに乗せて歌われる極上のバラードは、聴き逃しできない名曲です。

また『Runaway Train』は楽曲のすばらしさのみならず、衝撃的な内容のMVも話題になりました。MVの題材は行方不明になった子供たち。当時のアメリカで深刻な社会問題になっていたテーマでした。本曲のMVでは冒頭のメッセージで注意を喚起したのち、行方不明の子供たちが次々に映し出されます。MVの影響から数人の子供たちが発見され、家族の元に戻りました。

2019年にはNPO団体と協力して、リメイクされた『Runaway Train』が発表されています。リメイク版では位置情報のシステムを利用して、視聴者のいる地域に合わせた子供たちの映像にパーソナライズされるのだとか…。本曲が社会に与えたインパクトは計り知れません。もちろん曲自体も名曲です。しっとりとしたメロディーと歌声にじっくりと癒されてみてください。

・Grave Dancers Union(グレイヴ・ダンサーズ・ユニオン)

※画像はイメージです

『Grave Dancers Union』は1992年にソウル・アサイラムが発表した8thアルバムです。グループをスターダムに導いた代表的な作品でしょう。販売枚数は300万枚を突破し、トリプルプラチナに認定。3曲目に収録された『Runaway Train』をはじめ、オルタナティヴ・ロックの真髄を教えてくれる楽曲の数々には唸ること間違いなしです。収録曲は全部で12曲。疾走感すら感じる構成は当時のグループの勢いを感じさせるでしょう。1990年代を代表するアルバムです。

・ The Silver Lining(ザ・シルバー・ライニング)

※画像はイメージです

『The Silver Lining』は2006年に発表されたアルバムです。活動休止を乗り越えての復帰作として、広く人気を獲得しました。発表前年の2005年にこの世を去ったベースのカール・ミュラーは、闘病生活のなかでベースを演奏。収録曲のほとんどでその演奏を響かせています。収録された全12曲からは、ソウル・アサイラムのグループとしての絆が垣間見えるでしょう。ジャケットに採用された灯台は、グループの今後の方向性を指し示しているかのようです。前アルバムから8年の歳月を経て発表された本作は、ソウル・アサイラム新時代の幕開けでしょう。

◾︎おわりに

アメリカのオルタナティヴ・ロックを代表するバンド、ソウル・アサイラムの経歴や代表作品を紹介してきました。一般的なロックとは異なる音楽性、社会性を織り込んだ作品の数々は高い評価を得ています。ぜひソウル・アサイラムの音楽に魅了されてみてはいかがでしょうか?

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧