リスボン:リスボンのおすすめスポットと楽しみ方

ポルトガルの首都であり最大の都市「リスボン」。ポルトガルの金融や商業において中心的な役割を果たす一方で、西ヨーロッパの歴史や文化を感じられる名所でもある。美しい街並みをはじめ、海沿いの都市ならではの自然を求めて数多くの旅行者が足を運んでいる。

●丘に囲まれた街「リスボン」

ヨーロッパ最西端ポルトガルの首都「リスボン」。パリやベルリン、マドリードなど欧州を代表する観光地と比べると知名度は劣りますが、どこか落ち着きがありノスタルジックな街としてじわじわと人気を集めています。リスボンは「坂の多い街」としても知られており、ケーブルカーを使った街散策、教会や広場巡りなとが魅力的。そこで今回は、リスボンのおすすめスポットと楽しみ方をご紹介!リスボン市内を周れば、他にはない”懐かしさ”を感じることができるでしょう。それでは早速ご紹介します。

●開放感あふれる広場を巡る

リスボン市内にはいくつもの広場が点在しています。広場は分かりやすい場所にあり、中心には歴史上の人物を奉ったモニュメントがあるのが特徴です。なかでも代表的な3つの広場はこちら!

・リスボンの中心「ロシオ広場」

リスボンを代表する広場で、中心にはペドロ4世の像が建っています。地面が縞模様になっているのが特徴で、多くの観光客やストリートパフォーマーで賑わっています。また街の中心部にあることから、広場の周りには多くのホテルやレストラン、カフェがあります。

・騎馬像が特徴の「フィゲイラ広場」

ロシオのすぐ近くにあるフィゲイラ広場。中心にはジョアン1世の像が建っています。また像が「騎馬像」なので初めてリスボンを訪れた人でも覚えやすく、ツアーなどの集合地としてよく使われています。周りには多くのレストランやお土産店で賑わいます。

・テージョ川を望む「コメルシオ広場」

コメルシオ広場は、リスボンを代表するテージョ川に面している広場です。コメルシオとは「貿易」を意味しており、かつて貿易を取り締まっていた地区だったが故にこの名が付けられました。堂々と構える「勝利の門」は見ごたえ満点です。広場内を散策しつつ、近くのテージョ川にあるベンチでのんびり過ごすこともできますよ。

●丘にそびえる「サン・ジョルジェ城」

リスボンに来たら必ず足を運びたいのがここ「サン・ジョルジェ城」です。丘の街で知られるリスボン。その丘の頂上にそびえ立つ要塞です。リスボンの歴史を感じられる城壁や、初めて城を征服したことで知られる「アフォンソ1世」の像、大きな大砲など見どころ満載です。また城壁の上からはリスボン市街を一望できます。果てしなく広がるスカイブルーの下には、リスボンの赤レンガの家々が並びます。

●サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台で街を一望!

リスボンを代表するビュースポットが「サン・ペドロ・デ・アカンタラ展望台」です。リスボンの美しい街並みを一望できることで人気を集めており、テージョ川をはじめリスボンの赤レンガの屋根、サン・ジョルジェ城までリスボン見どころがぎゅっと凝縮された大パノラマが広がっています。

●教会・修道院巡りでリスボンの文化を感じる

リスボンの魅力を語るうえで、教会や修道院の存在は欠かせません。市内にはいくつもの教会が点在していて、地元の人々はもちろん、観光スポットとして多くの旅行客からも愛されています。

・リスボンの代表「サン・ロケ教会」

サン・ロケ教会は、リスボンを代表するイエズス会の教会です。教会内部の装飾はイタリアのバロック芸術が施されており、きらびやかで美しい景色が広がります。あまりの華麗さに心癒されること間違いありません。

・縁結び効果アップ!「サント・アントニオ教会」

サント・アントニオ教会は「縁結びの教会」としてカップルから人気を集める教会です。リスボンの守護聖人として有名なサント・アントニオが生まれた場所として建てられました。毎年6月12~13日にかけて行われる「聖人祭」も注目です!

・美しい院内が特徴「ジェロニモス修道院」

かの有名なヴァスコダ・ガマの功績を称えて作られたのがここ「ジェロニモス修道院」。なかでも注目すべきは修道院の内部。広々とした中庭を囲む美しいアーチは見ごたえ満点!

●ユーラシア最西端「ロカ岬」

広場は、協会はもちろん、大自然を感じられるスポットとして人気を集めるのがここ「ロカ岬」。ユーラシア大陸の最西端として知られており、迫力満点の大海原を体感できる名所です。岬の周りを囲む100m超えの断崖絶壁も見どころです!地球の雄大さを肌で感じることができますよ。また岬には記念モニュメントがあるので、旅の記念として写真撮影も忘れずに!

●ケーブルカーでリスボン市内を散策!

リスボンは丘が多く高低差も激しいです。そこで役に立ってくれるのがケーブルカーです!ケーブルカーをうまく使えば市内のどこでも快適に旅することができます。リスボン市内は3つの路線が走っています。大都市のように複雑な路線図ではないので旅もしやすいです。リスボンのおしゃれな街中を颯爽と駆け上がるケーブルカーは画になりますね。思わず写真に納めたくなります。

●ヨーロッパ最大の水族館「リスボン水族館」

カップルや家族旅行におすすめしたいのが「リスボン水族館」です。なんとここリスボン水族館はヨーロッパ最大規模!太平洋やインド洋、さらには南極に生息する海洋生物たちが集まっています。テージョ川近くに広がる国際公園の中にあるのでアクセスも良好です。リスボンならではの建造物を周るのも素敵ですが、水族館に足を運んでみても刺激的で面白いかも。

●ポルトガル料理を堪能!

旅をより楽しくするために欠かせないのが現地のグルメですよね。海が近いことから、リスボンでは新鮮な魚介類を使った料理が盛りだくさん!レストランや屋台で絶品ポルトガル料理を堪能しましょう!なかでも、リスボンに足を運んだらぜひ食べてほしい料理をいくつかご紹介します。

◯アローシュ・デ・マリシュコ

海に面したポルトガルはシーフード料理が魅力的。アローシュ・デ・マリシュコは、エビやカニ、貝類をふんだんに使った海鮮リゾットです!ご飯と魚介類をまるごと炊き込んだリゾットからは、食欲をそそる潮の香りが。絶品です。

◯パシュテイシュ・デ・バカリャウ

ポルトガルの国民食「パシュテイシュ・デ・バカリャウ」も絶品です。ジャガイモと干しダラを使ったコロッケで、かつて保存食として食べられていた料理です。ひとくちサイズで食べやすいので小腹が空いたときには是非おすすめ。また、ビールとの相性も抜群です。

◯コジート・ア・ポルトゥゲーザ

ポルトガルを代表する煮込み料理「コジート・ア・ポルトゥゲーザ」。ポトフのような見た目が特徴で、豚肉をはじめキャベツやニンジンなどの野菜、豆類を入れてじっくり煮込みます。少し肌寒い季節に食べると全身に染み渡りますね。

◯パステル・デ・ナタ

ポルトガルを代表するスイーツ「パステル・デ・ナタ」。今や世界中で食べられているエッグタルトの起源とも言われており、先ほどご紹介したジェロニモス修道院で誕生した料理です。サクサクの生地と甘さ控えめのクリームは相性抜群!ぺろっと10個くらいすぐに食べられそうですね。

●優雅な旅を楽しめる街「リスボン」

リスボンのおすすめスポットと楽しみ方をご紹介しました!リスボンには、他の観光地にはない落ち着きや懐かしさがあります。大都市のような喧騒もないので優雅にのんびりと旅を満喫できますね。ぷらぷらと街歩きするもよし、ビュースポットに足を運ぶもよし、絶品ポルトガル料理を堪能するも良しです。自由気ままに旅をして、リスボンならではの雰囲気を味わってみてください。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧