フランクフルト:フランクフルトのおすすめスポットと楽しみ方

ドイツ第5の都市として知られる「フランクフルト」。経済大国ドイツの中でも金融と商業が栄えた都市であり、歴史的な建築物はもちろん高層ビルや近代的な建物も数多く並んでいる。まるで古代と現代が入り混じったような不思議な街並みは、多くの旅行者を惹きつけている。

●ドイツ経済の主軸「フランクフルト」

ヨーロッパ経済を司っているドイツの中でも、金融と商業が栄える地として知られるフランクフルト。高層ビルや近代的な建物が立ち並ぶ一方で、ドイツのレトロな街並みも残っています。街を歩けば、まるで時代を行き来しているような不思議な感覚になります。そこで今回は、フランクフルトのおすすめスポットと楽しみ方をご紹介!ドイツの歴史を感じるところから近代的なスポットまで、幅広くご紹介します。絶品グルメもあるので最後までお見逃しなく…!

●街のシンボル「大聖堂」

フランクフルトのシンボルともいえる「聖バルトロメウス大聖堂」。400年かけて作られたゴシック様式の協会で、堂々とそびえ立つ姿が特徴です。その存在感はとてつもなく、わざわざ足を運ばなくともフランクフルト市内を歩いていれば勝手に目に入ってくるほど。堂々たる外観もさることながら、聖堂内にはドーム博物館もあり貴重な展示物を見ることができます。またライトアップされた大聖堂も注目!日が暮れた後に眺めるのもおすすめですよ。

●マイン川をのんびりと散策

フランクフルトを代表するライン川の支流「マイン川」。名前が似ていて区別が難しいのですが、川沿いをのんびり散歩するのもおすすめですよ。水辺からフランクフルトならではの街並みを眺めれば心が癒されます。またクルーズを楽しむこともできます!船の上で優雅な旅を満喫してみてはいかが?

●メルヘンチックな建物が並ぶ「レーマー広場」

経済都市フランクフルトの中でも、昔ながらの街並みを見られるのがここ「レーマー広場」。木や石で作られたかわいらしい建物が立ち並び、メルヘンチックな世界が広がっています。ひとたび足を踏み入れれば、まるで異世界に飛び込んでしまったかのような感覚に。広場の中心にある女神ユスティシアの噴水が目印です。あまりに不思議な世界観に思わず何枚も写真を撮りたくなるスポットです。

●マインタワーで街を一望!

フランクフルトを代表する絶景スポット「マインタワー」。54階建のビルの展望テラスから眺める景色は圧巻。フランクフルトの美しい街並みを大パノラマで見ることができます!またタワー内にはレストランバーもあり、きらびやかな夜景を見ながら食事を楽しむこともできます。ちょっぴり贅沢な旅をしたい人にはうってつけですね。

●博物館や美術館で文化を学ぶ

ヨーロッパ文化を語るうえで欠かせないのが芸術ですよね。フランクフルト市内にはいくつもの博物館や美術館があります。ドイツならではの芸術を目で見て肌で感じましょう!中でもおすすめの博物館・美術館をご紹介します。

○ゲーテの生い立ちを学ぶ「ゲーテハウス・ゲーテ博物館」

フランクフルトは、かの有名な文豪ゲーテが生まれた地でもあります。ここゲーテハウスはゲーテの生家で、彼が実際に過ごした居間や台所、装飾などを近くで見ることができます。また隣にはゲーテ博物館があり、ゲーテゆかりの品々からゲーテと繋がりのあった画家たちの作品が並んでいます。とても興味深いスポットです!

○数々の有名アートがずらり!「シュテーデル美術館」

フランクフルトでもっとも有名かつ重要な美術館とも言える「シュテーデル美術館」。銀行家シュテーデルが集めたコレクションをもとに作られた美術館です。館内に並ぶ展示物は、14世紀のものから現代のものまで様々。フェルメールやモネなど有名な芸術作品が内蔵されています!アート好きにはたまらないスポットです。

○映画好きなら「ドイツ映画博物館」へ

映画好きにはたまらないスポット「ドイツ映画博物館」。ここでは映画の誕生から現在に至るまでの撮影技術や小道具などの展示を見ることができます。もちろん上映室もありますよ!ワクワク感を味わいながらも歴史文化を学べる貴重なスポットです。

○モダンアート美術館で現代芸術を満喫!

フランクフルトは旧市街にたたずむ「モダンアート美術館」。三角形のフォルムが特徴です通称「ショートケーキ」とも呼ばれている美術館です。文字通りモダンな館内には、1950年以降の現代アートが数多く展示されています。絵画はもちろんオブジェや写真なども魅力的で、ニューヨーク派の展示物も目立ちます。

●グルメ天国「フレスガス」

フランクフルトのグルメが凝縮したスポット「ブレスガス」。レストランやカフェなど、屋台スタイルのお店が数多く立ち並んでいます。ソーセージをはじめとしたドイツ料理、ビールやワインなどお酒を楽しむこともできます!いくつかメニューをテイクアウトして食べ歩きするのも良いですね。フランクフルトのグルメに迷ったらここフレスガスにGO!

●おすすめのフランクフルト料理は?

フランクフルトには数多くのレストランや屋台、カフェが立ち並びます。ドイツ料理はもちろん、フランクフルトでしか食べられない料理もあるので必見です!現地に足を運んだときにぜひ食べてほしいメニューをいくつかご紹介します。

○ドイツの定番!「ソーセージ&ビール」

ドイツの定番といえばやっぱりこの2つ。ビール片手にソーセージを食べましょう!フランクフルトのソーセージは「フランクフルター・ヴルスト」と呼ばれており、細長い形でパリッとした食感が特徴です。また、お店によっても少し味が異なるので、食べ比べしてみるもの面白そうですね。

○ドイツの定番サラダ「ヴルストザラート」

ドイツの定番ソーセージをサラダにしたのがこの「ヴルストザラート」です。薄くカットしたソーセージと玉ねぎを入れ、オリーブオイルとお酢で和えて作ります。ドイツでは家庭料理としても親しまれている名物です。メインディッシュを食べる前の前菜として注文するのがおすすめです。

○カリッと食感がクセになる!「シュニッツェル」

こちらもドイツ料理の定番。鶏肉を薄くこんがりと揚げた食べ物です。濃いめに味付けをしたお肉に、パルメザンチーズとパセリを混ぜたパン粉をまぶして揚げます。カリッとした食感がクセになる絶品です!

○フランクフルト限定の「アップルワイン」

アップルワインは、ドイツ国内でもフランクフルトでしか飲めないレア物です。文字通りリンゴを使ったお酒で、やや酸味の強い白ワインのような飲み口です。気になる人はぜひワインレストランに足を運んでみてください。

○骨つき肉で食べ応え満天!「リップヒェン」

リップヒェンはフランクフルトの名物料理。骨つきの豚肉とソーセージを併せてお皿に盛り付けた絶品料理です。ドカンとお肉が乗っているので見た目にもインパクトがあります!またお肉の程よい塩加減が、お酒やアップルワインとぴったり合います。

○ドイツ料理とベストマッチ!「グリューネゾーセ」

緑色のソースが特徴的なフランクフルト名物「グリューネゾーセ」。7種類のハーブから作られたソースで、主にジャガイモ料理やお肉料理の付け合わせとして用いられます。程よい酸味とハーブの香りが口いっぱいに広がります。さっぱりした味わいがクセになります。

●フランクフルトで優雅に旅を楽しもう! フランクフルトのおすすめスポットと楽しみ方をご紹介しました!ドイツの中世を感じさせるスポットから、現代的なスポットまで様々な魅力があるフランクフルト。ただ街歩きをするだけでも、あたかもタイムスリップしたかのような不思議な感覚になります。気になったところにはぜひ足を運んでみてください!フランクフルトで優雅な旅を満喫しましょう。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧