台北:台北のおすすめスポットと楽しみ方

台湾最大の都市「台北」。同国の経済を司っている一方で、台湾の伝統文化を学べるスポットをはじめ、モダンな買い物を楽しめるスポットまで年代を問わず幅広い魅力がある。そんな時代を交錯した魅力を持つ台北市内は常に多くの観光客で賑わっている。

●ローカルからモダンな観光地まで勢揃い!台湾最大の都市「台北」

台湾の心臓とも言える大都市「台北」。この台北には、台湾の歴史文化を感じられるローカルスポットはもちろん、モダンな買い物を楽しめるスポットまで盛りだくさん!観光のバリエーションがとにかく豊富で、多くの観光客を魅了しています。そこで今回は、台北のおすすめスポットと楽しみ方をご紹介!台北ならではの観光地から絶品グルメまで幅広く取り上げました。

●「九份」で古い町並みを楽しむ

台湾観光に来る観光客が必ずといっていいほど訪れるのがここ「九份」。雑貨やお土産、台湾グルメなどがずらりと並んでいます。盛り上がりを見せる昼間から一変、夜になれば幻想的な明かりが街を照らします。言葉にならない美しい世界は必見。今もなお数多くの旅行者を魅了しています。台北の中心部からは離れていますが、時間をかけて足を運ぶ価値アリです。

●「台北101」で台北市内を一望!

台北中心部でもっとも有名な観光地といえば「台北101」。台湾のランドマークとして知られている超高層ビルです。地上階から6階までがショッピングモールになっていて、ブランド品から雑貨まで幅広い商品が並びます。一方で、展望台からは台北市内を一望できます。お買い物を楽しめる上に絶景も見られるなんて最高ですね!ここ台北101で、この上ない至極のひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか?

●モダンな買い物を楽しむなら「松山文創園区」

おしゃれなショップや商品が立ち並ぶスポット「松山文創園区」。台湾の最新カルチャーが集ったエリアで、多くの現地人や観光客が足を運びます。並んでいる商品はどれもおしゃれで、中にはカフェや書店、フードコートも揃っています。友達や家族へのお土産を買うにはぴったり。飽きることなく丸一日楽しめるスポットです!

●魅力的なアートが勢揃い!「華山1914文創園区」

台北が誇るアート施設「華山1914文創園区」。台湾中のアーティストによって創られた空間で、オリジナルのアートギャラリーやショップが軒を連ねています。たとえば、緑色の葉っぱで覆われた家や赤レンガで作られた建物など、一風変わったデザインのアートが盛りだくさん!また、エリア内にはお洒落なバーやカフェもずらりと並びます。エリア内を歩くだけでもワクワクできるスポットです!

●「淡水」で川辺をのんびり観光

台北中心部からメトロで40分のところにある観光名所「淡水」。文字どおり川沿いにある人気エリアで、クルーズからショッピング、グルメまで台湾を満喫できます。ただ、敷地が広いので自転車を借りて川辺周辺をサイクリングするのがおすすめ。サイクリングロードも整備されているので走りやすさも◯です。疲れたら川沿いのカフェでのんびり過ごしましょう!台北中心部とは打って変わって、淡水にはゆったりとした時間が流れています。都会の喧騒から離れたい人はぜひ足を運んでみてください。

●漢方薬が並ぶ「迪化街」

台湾最古の問屋街といわれる「迪化街」は、観光客にはあまり知られていない穴場スポットです。通り沿いには漢方薬や乾物がずらりと並んでおり、歩いていると漢方の独特な香りがただよいます。漢方は健康に良いことで知られており、ここ迪化街には美容に良いものから、滋養強壮に効果のあるものまで、様々な漢方が揃います。多くの地元民が足を運ぶエリアなので、台北のローカル感を味わうにはぴったりです。

●台湾最大の夜市「士林夜市」

台湾の食を楽しむスポットといえば夜市です。台湾国内には至るところに夜市が点在し、もちろん台北にも大きな夜市があります。中でも「士林夜市」は台湾最大級を誇り、絶品グルメを味わえる屋台やユニークな雑貨のお店などがずらりと並びます。敷地内には数えきれないほどのお店があり、毎晩多くの観光客や地元民で賑わっています。夜ご飯に迷ったらぜひ足を運びたいスポットですね。特に目的がなくても、歩くだけで十分楽しめますよ。

●台湾料理を満喫する!

台湾には美味しいグルメが盛りだくさん!もちろん台北市内にも至るところにレストランや屋台が点在しています。なかでも、台北に来たらぜひ食べてほしいおすすめグルメをご紹介します!

・台湾料理の定番!「魯肉飯」

数ある台湾料理の中で最もポピュラーといえる「魯肉飯」。ご飯の上に豚肉のそぼろが乗っかった台湾庶民の料理です。台湾醤油と米酒から作られた「濃いめのタレ」と豚肉の相性は抜群!ほとんどのレストランで食べることができます。

・伝統的な麺料理「担仔麺」

台湾に古くから伝わる名物料理「担仔麺」。さっぱりときたスープが特徴の麺料理です。ラーメンのような見た目で、そぼろ肉やエビがトッピングされているのが特徴です。ボリューム感もちょうど良く、小腹を満たしたい時にはぴったり。

・ジューシーな肉汁がクセになる「小籠包」

今や知らぬ人はいない中華料理「小籠包」。手のひらに収まるサイズの小籠包には、お肉の旨味がたっぷり。あふれんばかりの肉汁が食欲をさらに掻き立てます。台北市内には至るところに小籠包の名店があるので、食べ歩きの旅も面白そうですね。

・牛肉と麺の相性バツグン!「牛肉麺」

担仔麺と並んでポピュラーな麺料理「牛肉麺」。じっくりと煮込んだ牛肉と麺を合わせた台湾名物です。スープは2種類あり、「辛めのホンシャオ」と「透き通ったシチュード」が主流。辛いもの好きにもオススメです。

・台湾のソウルフード「臭豆腐」

台湾のソウルフード「臭豆腐」。台湾のみならず中華圏全土で食べられている加工食品で、納豆菌で発酵させた汁に豆腐を漬け込んで作られています。ただ、臭いが強めなので苦手な人も多いです。一方、お酒のつまみとして人気があるので、一度食べるとハマるかも。

・大きすぎるフライドチキン「鶏排」

台湾屋台の定番「鶏排」。台湾風のフライドチキンで、多くの観光客や地元民から愛されている食べ物です。特徴は何と言ってもサイズ感!普通のフライドチキンの2倍はあります。夜市に行けば必ずと言っていいほど鶏排の屋台があるので、鶏排片手に台湾の夜を楽しむのも良いですね。

・台湾デザートの定番「芒果雪花冰」

台湾のデザートといえばやっぱり「芒果雪花冰」。ふわふわの氷の上に、たっぷりのマンゴーとミルクをかけて食べる定番デザートです。キンキンに冷えた氷と程よい甘さのマンゴーは相性抜群。暑くなると食べたくなります。

・すっきりとした甘さが魅力の「豆花」

台湾でしか食べられないスイーツ「豆花」は、豆乳とサツマイモの粉から作られた台湾風のプリンです。スッキリとした甘さが特徴で、思わず手が進みます。台湾グルメを満喫した後の食後のデザートとしておすすめ。

●朝ごはんを食べるなら「世紀豆漿大王」がおすすめ!

夜ご飯といえば屋台ですが、朝ごはんを食べるなら「世紀豆漿大王」がおすすめ。多くの地元民が足繁く通うお店です。揚げパンや卵焼きなど、台湾ならではの朝ごはんを食べられます。早起きして足を運ぶ価値ありです。

●台北の街を思いっきり満喫しよう!

台北のおすすめスポットと楽しみ方をご紹介しました!いかがでしたか?台湾の大都市には、現地の文化歴史を感じるスポットから絶品グルメまで数多くの魅力があります。ひとたび足を運べば、一瞬で台北の魅力に取り憑かれるはず。ぜひ台北の観光地を巡って、たくさん食べて、心と体を癒してあげましょう!

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧