ドゥブロブニク:ここだけは抑えたいおすすめ観光スポット

ドゥブロブニク:
クロアチアにある地中海に面した観光都市。海の美しさや街並みの可愛らしさ、そして食事の美味しさでヨーロッパ屈指のリゾートになっている。別名「アドリア海の真珠」。

・はじめに

どこかリゾートに行きたいなと思っている人がいたら、迷わずクロアチアをおすすめします。
その中でも絶対に行って損はないと言い切れるのがアドリア海に面したドゥブロブニク。
「アドリア海の真珠」と呼ばれハイシーズンには世界中から観光客が殺到することでも有名です。その街並みの美しさから多くの有名な映像作品の舞台として使われており、そういった作品のファンも聖地巡礼のような形で訪れることが少なくありません。今回はそんなドゥブロブニクでぜひ一度は行ってみて欲しい観光スポットをご紹介します。

・世界屈指の水質をビーチで楽しんで

アドリア海、特にクロアチア周辺の海は水質がとてもいいことで知られています。
2014年にクロアチア環境・自然保護省が行い、発表した『クロアチア領アドリア海のビーチにおける海水質の年次最終アセスメントに関する国家報告書 』によると、サンプルを採取した7県917カ所の99%が優秀または良好という高いレベルの水質であることが分かっています。この調査はとても厳しい基準で行われるのですが、その厳しさを以ってしてもサンプルを採取したほぼすべての場所でハイレベルな水質を保っていることが証明されたとのことです。

そんな最高の水質を楽しむには、やはり実際に海に入ってみるのがおすすめです。
泳ぐのが苦手だという人は、ただ浮き輪にのってプカプカ浮いているだけでもどれだけ水の透明度が高いかよく分かりますよ。足がつかない深さのところだと、まるで自分が空中に浮いているかのように見えます。

・最も有名なバニェビーチでのんびり過ごそう

クロアチアの海岸は岩場や砂利になっている場所が多いのですが、旧市街から少し歩いたところにあるバニェビーチには砂のビーチが広がっています。
ドゥブロブニクで最も有名な美しい海が広がるビーチですので、世界中のセレブたちも訪れます。もしものんびり1日過ごすならば、パラソルやビーチチェアをレンタルするのがおすすめです。ハイシーズンのクロアチアは太陽が燦々と降り注いでいることが多いため、特に日焼けをあまりしたくない女性はお気をつけ下さい。また、ここには飲み物を出してくれるバーカウンターやレストランもあるので長居しても大丈夫です。DJが音楽をかけてくれるブースもありますし、たくさん泳いで少し昼寝をし、BGMの中でサンセットを見ながらカクテルを飲むなんていう優雅な過ごし方もできますよ。

 しかし砂といっても砂利が混じったような海岸なので、少し底の厚いサンダルや靴を履いて行く方がいいと思います。ビーチの先には岩場の磯があります。こういった磯にはウニがたくさんいることがあるので注意してください。うっかり踏んでしまい、足を切ったりすることもあるので海に入るときにもなるべく裸足は避ける方が賢明です。

主要港であるグルージュ港の奥へ向かい、さらに進むと要塞の裏側に出られます。ここでも海に入ってアクティビティを楽しむことができます。こちらは人ごみを避けることができる穴場スポットとなっています。
多くの観光客がバニェビーチに行ってしまうので、少し落ち着いてプライベートな雰囲気を楽しみたい時はここがおすすめです。現地の人に混じって海を満喫してみましょう。

・夜は石畳を見に旧市街へ行こう

ドゥブロブニクの旧市街は、夜にこそ足を運びたい場所です。
ピレ門という入り口から中に入ると、すぐに目をひくのがメインストリートであるプラツァ通り。夜に旧市街へくる理由は、このメインストリートの石畳をみることにあると言っても過言ではありません。「石畳なんかを見に行くの?」と思うなかれ。

この石畳は昼間に見るとよく分からないのですが、実は濡れたようにツルツルになっています。そして太陽が落ちた旧市街に明かりが灯ると、その光が石畳に反射しとても幻想的で美しい光景を見ることができるのです。

鏡のように明かりを映す芸術的な光景は、ぜひとも記念に写真を撮りたくなる場所です。ディナータイムは昼間に負けず劣らずとても活気がありますので、なかなか思うように写真を撮れないかもしれません。そんな時は少しだけ遅い時間に足を運んでみてください。少し人が少なくなるとさらに美しい景色を見ることができますよ。
ただし最初に言ったようにツルツルなので、転んでケガをしないよう注意が必要です。特に夜はお酒を飲むことも多いと思いますので、安定感のある靴で出かけることをおすすめします。

・お土産にも最適、秘伝のレシピがある薬局へ

ドゥブロブニクの旧市街に、現在でも営業を続ける薬局としては世界で3番目に古いと言われているマラ・ブラーチャ薬局があります。
ここは中世の時代から変わらない秘伝のコスメレシピを扱っており、現在に至るまで一切の公開をしていません。そのため、ビンやパッケージにもどんなものが使われているかが書いてありません。しかしその効果は長年愛されていることからもお墨付き。女性へのお土産としては絶対喜ばれること間違いなしです。観光客に一番人気があるのがローズウォーター。さっぱりとした使い心地と、バラの香りに癒されます。化粧水というよりも、いつものお手入れ前に使うプレ化粧水として使うのがおすすめです。そのほか肌に欲しい効果によってラベンダーなどハーブのオーガニック化粧水があります。ハイシーズンに訪れるなら日焼けして火照った肌の炎症を沈めてくれる「ローズマリー」がおすすめです。可愛らしいパッケージに入っているので、ついついあちこちに目移りして買ってしまいますが、ガラスの容器に入っているためたくさん買うと重くなってしまいます。どうしてもお土産などでたくさん欲しい人は、数日に分けて行くかアイテムを絞って買うのがおすすめです。またボディクリームやリップクリームもたくさんあるのですが、どうしようか迷ったら「ゴールドクリーム」を買いましょう。どんな肌質の人も使える万能クリームで、伸びがいいので長持ちしますよ。
また、マラ・ブラーチャ薬局のコスメはこのドゥブロブニクでしか買うことができません。そのため、多くの人がお土産にたくさん買っていき、売り切れてしまうことが多々あります。そのためなるべく早い時間に行くようにするのがポイントです。店内で実際にテスターを使って試すことができますが、混んでいるとなかなか難しいので可能な限り早い時間を狙うことをおすすめします。

・おわりに

「アドリア海の真珠」と謳われるドゥブロブニクは、真珠の名を授かるにふさわしい美しさの街です。一度足を運べばまた行きたくなること間違いなしです。新鮮なシーフードを食べながら見る美しい海と、穏やかな気候、そして素晴らしい景色が心も体も満たしてくれることでしょう。
もしも少し時間があれば、バスで1時間ほどのところにある「ストン」「マリ・ストン」という小さな街を訪ねてみてください。水質が素晴らしいアドリア海は、年中生牡蠣を食べることができます。

筆者は8月のハイシーズンに訪れましたが、当たることなく美味しい生牡蠣をたらふく食べました。ストンで養殖した牡蠣をドゥブロヴニクに運んでいるのだそうです。ドゥブロブニクとは違ってとても小さな街ですが、静かな場所でのんびり牡蠣を堪能したいならばぜひ訪れてみてください。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧