ファミリーコンピュータ:家庭用ゲームの王様

白黒テレビでのホッケー対戦、木こりゲームなど、ゲームの時代を遡ると懐かしい反面、驚くべき進化というものが見えてきます。
これまで様々な形や特徴をもったゲーム機が発売されてきましたが、やはりゲームの歴史を語る上で外せないのはファミリーコンピュータ、略してファミコンではないでしょうか。
1980年代前半と言えばゲームセンターの普及により、いわゆるアーケードゲームをプレイする子供たちが多くいた時代です。
地道に貯めたお小遣いを握りしめ、学校終わりにゲームセンターに通った子供たちも多いでしょう。
このゲームブームの真っ只中の1983年、自宅にいながらテレビに接続するだけでプレイができるゲーム機が発売されました。これがファミコンです。
当時の小学生はこの夢のようなマシンに憧れ、新しく発売されるカセットにも熱狂しました。
ここではファミコンの凄さや全世界に与えた影響力など、家庭用ゲーム機の礎ともいえるファミコンの魅力についてたっぷり紹介していきたいと思います。

ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。任天堂の公式表記では「コンピュータ」と末尾の長音を伸ばしていない[3]。当時の発売価格は14,800円。

引用 Wikipedia

1.家庭用ゲーム機の王様ファミコン

当時の小学生が遊んでいたものは、ボードゲームや超合金の玩具、戦隊ものやロボットアニメ関連の玩具などで、電子ゲームではLSIゲームというものがありました。
ACゲームとしても有名だったパックマンやフロッガーなどを、各メーカーが家庭用に筐体をデザインし家庭でプレイする事を可能にしました。
また、カラーテレビゲームと称したものも世界では発売されていましたが、爆発的ヒットには至りませんでした。
そこで満を持して任天堂より発売されたのがファミリーコンピュータです。最終的な売上台数は全世界で6291万台を誇ります。
1983年の日本での発売を皮切りに、1985年アメリカ、1986年欧州、1989年韓国と発売されました。
従来のゲーム機とは全く異なる家庭用ゲーム機に当時の子供たちは取り込まれ、瞬く間に人気が広がっていきました。
最初から対戦用としてコントローラーが2つあるところや、Ⅱコントローラーにはマイクがあったのも、当時としてはハイスペックだったのです。

2.カセットという概念

ファミコンが発売される前、前世代のハードソフトとして1977年に任天堂からカラーテレビゲーム15が発売されていました。
卓球やテニスゲームがプレイでき、100万台を売り上げましたが、スイッチの切り替えでしかゲームの内容を変更できませんでした。
この後次世代ハードウェアとして登場したのがファミリーコンピュータで、カラーテレビゲームでは実現できなかった、カセットという仕組みを開発する事に成功したのです。
ファミコン本体と同時に発売されたカセットはドンキーコング、ドンキーコングJR.、ポパイの3本だけでしたが、その後各メーカーから色々なジャンルのカセットが発売されました。
誰もが知るようなマリオといったキャラクターをはじめ、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー、ゼルダの伝説などの超大作が次々と世に出ていきました。
特に有名なソフトは1985年に発売されたスーパーマリオブラザーズで、売り上げ本数は全世界で4024万本を誇ります。
そして最終的な販売タイトルは1252本に登りました。ただ、この波に乗れとばかりに今までゲーム製作をした事がなかったメーカーも開発や販売に乗り出し始め、糞ゲーと言われるほどどうしようもない内容のタイトルも数多く存在しました。
またカセットだけでなく周辺機器として、ガンシューティング用の機器やマットの上を移動することで操作ができるものなども開発されました。
カセットを交換すればプログラムの全く異なるゲームをプレイできる事は当時としては画期的でした。カセットの貸し借りもよくしたものです。誰に貸したか忘れたり、借りたまま返すのをわすれたりという問題も多く発生しましたが。
そしてカセットを語る上でどうしても外せないのが、1988年に発売されたドラゴンクエスト3というロールプレイングゲームです。
このタイトルが発売されたのは平日の午前中でしたが、子供たちは学校をずる休みして販売店に徹夜で並び、高校生や大学生、挙句の果てには社会人までもが会社を休み、これは社会現象として大きく問題にもなったほどです。

3.ファミリーコンピュータが次世代に残してくれたもの

ファミコンの登場により、スーパーファミコン、プレイステーションと新しい後継機が発売され、現在のwiiやPS4へと続いていきます。
ただ、勉強をおろそかにしゲームに熱中する子どもが増えるという問題もあり、プレイ時間を決める学校や学力への影響も議論されました。
また海賊版が出回るなどの問題などもありました。
地上波デジタル放送への完全移行をきっかけに生産は打ち切られていますが、当時を知る大人世代やファミコンを知らない世代にもプレイができるように、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが2016年に発売されました。
米国ではNES Classic Edition、欧州ではNintendo Classic Miniとして30タイトルが標準で内蔵されています。
ファミコンを知らない世代の方もこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。
 
スーパーマリオブラザーズ プレイ動画

まとめ

ここまでファミリーコンピュータの凄さや次世代に与えた影響力について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
当時としては夢のようなマシンだったので、何とかして子供たちが手に入れようと親におねだりしている姿が想像できますね。
現在Nintendoからはwiiや3DS、Switchなどが発売されており、家庭用ゲーム機としての礎を築いたファミコンの偉大さを感じとる事ができます。
これを機にNintendo Classic Miniで実際のファミコンをプレイされてみてはいかがでしょうか。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧