ロード・ハウ島群:一度は訪れてみたい地上の楽園

ロード・ハウ島群は、オーストラリア本島より東に600km離れた場所にある島で、1982年の世界自然遺産に登録された。サンゴ礁と険しい山々が特徴で、観光客が安らぎを求め訪れる場所である。地上の楽園とも称されるロード・ハウ島群には、手つかずの自然も数多く残されている。

世界には素晴らしい世界遺産が数多くあるが、その中でも世界自然遺産は、非日常な空間を体験したり、生命の不思議を感じたりすることができる。地球というものに直接触れることができる地上の楽園ロード・ハウ島群では、どのような自然が広がり、我々がどのように楽しむことができるのか。このページで詳しく紹介していく。

1.ロード・ハウ島群とは?

まずは、ロード・ハウ島群の概要について説明をしていきましょう。

1-1.概要

ロード・ハウ島群は、オーストラリアから東に600km離れた位置にあります。ロード・ハウ島群へのアクセスは、シドニーとブリスベンから飛行機で約2時間です。三日月のような形をした島は海水の浸食によってでき、険しい山とサンゴ礁に囲まれています。

ロード・ハウ島、アドミラルティ島、マトンバード島、ボールズピラミッドの4つの島々で構成されているため、ロード・ハウ島群という名前がついています。人口はわずか350人で、島で生活をしている人のほとんどが観光業に従事しています。

1-2.世界遺産に登録された理由

ロード・ハウ島群は、美しいサンゴ礁や海だけでなく、この島だけで独自の自然が形成されています。島に生息している固有植物241種類のうち、105種類はこの島にしか生息をしていません。また、鳥類は100種類以上確認されており、亜熱帯地域の生物が多く生息をしています。このような珍しい生態系が特徴で、1982年には世界自然遺産に登録されました。

1-3.観光としてのロード・ハウ島群

世界遺産に登録をされてからは、世界各国から多くの観光客が訪れるようになりました。しかし、一度に多くの人間が訪れてしまうと生態系を乱してしまう恐れがあるため、一日の滞在人数を約400人までと制限しています。そのため、訪れる際は早めの観光計画が必要となります。

また、入島にはホテルの予約が必須となっているので、必ずホテルの予約をしてから飛行機のチケットをとるようにしましょう。

1-4. 島での楽しみ方

ロード・ハウ島群での楽しみは、自然とのふれあいです。サンゴ礁を間近で見るためにダイビングをするのも良いでしょう。もちろん、サンゴ礁だけでなく海の中にはさまざまな海洋生物がいるので、運がよければホエールウォッチングも可能です。ただし、サメがしばしば出現することもあるので、安全面には十分配慮する必要があります。

島内での移動手段は自転車を使うことがほとんどです。普段とは違う大自然を肌で感じたい方は、自転車で島内を散策してみるのも良いでしょう。

サイクリングやダイビングが島の観光として注目されていますが、もちろん娯楽施設もあります。ゴルフコースや、ホテルに併設されたスパ施設が充実しているので、せかせかと観光をするのではなく島でゆったりした時を過ごしでも良いでしょう。

2.ロード・ハウ島群で泊まりたいホテル3選

ロード・ハウ島群では、どのホテルで泊まるのかも重要になります。そこで、ロード・ハウ島群でおすすめのホテルを厳選して紹介します。

2-1.カペラロッジ

カペラロッジは、島の中で最も眺望の良いところに立地しているホテルです。わずか9部屋しかないものの、観光賞を受賞しています。一度訪れたことがある人はリピーターとなって訪れるほど魅力的なホテルなので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

2-2.アラジラリトリート

アラジラリトリートは、部屋からもビーチを確認することができるホテルです。また、施設内にはスパがあるので、スパ施設でゆったりと過ごすこともできます。のんびり島で滞在したい人にはおすすめの観光施設です。

2-3.ブルーピーター

贅沢な空間で過ごしたい人は、ブルーピーターがおすすめです。ブルーピーターは、高級家具を揃えてゲストをおもてなしします。部屋で過ごすだけでも贅沢な気分を味わうことができるので、万が一天候に恵まれなくても部屋の中で優雅なひと時を過ごすことができます。

3.ロード・ハウ島群で見ておくべきスポット3選

ロード・ハウ島群では、観光スポットがたくさんあります。その中でも、特にチェックしてもらいたいスポットを紹介するので、ぜひ訪れる前に参考にしてみてください。

3-1.ロードハウクイナを観察

ロード・ハウ島に生息をする野鳥を観察することができます。とくにロードハウクイナは、絶滅危惧種に指定されているので、常に見ることができないかもしれませんが、運がよければ間近で確認することができます。その他にも100種類近くの鳥を観察することができるので、バードウォッチングなどをして過ごしても良いでしょう。

3-2.綺麗なビーチ

ロード・ハウ島には、いたるところに綺麗なビーチがあります。島には限られた人しかいないので、プライベートビーチのような感覚で楽しむことができます。このような贅沢な観光ができるのも、入島制限があるおかげです。島内でお気入りの綺麗なビーチを見つけるのも素敵ですね。

3-3.綺麗な星空

ロード・ハウ島群でおすすめしたい観光スポットとして、夜空の観察があります。空気が澄んでいるため、他の場所では見ることができないような綺麗な星空が広がります。ホテルから星空を眺めながら一夜過ごすこともロマンチックでおすすめです。

ロード・ハウ島群は、島全体が観光スポットです。そのため、島でどのようなことをしたいのかをリスト化して、観光すると良いでしょう。特に大自然に触れ合うことができるチャンスなので、娯楽施設で遊ぶよりも、自然に触れる機会を増やすことをおすすめします。

4.オーストラリアにある世界遺産

オーストラリアには、ロード・ハウ島群以外にも様々な世界遺産が存在しています。ロード・ハウ島群のような世界自然遺産と、世界文化遺産です。ロード・ハウ島群に訪れた際は、オーストラリア本土の世界遺産巡りをしても良いでしょう。

4-1.オーストラリアの世界自然遺産

オーストラリアの世界自然遺産で有名なところは、グレートバリアリーフです。宇宙空間からでも確認することができるその広大なサンゴ礁は圧巻です。ロード・ハウ島以上にサンゴ礁の海が広がるので、ダイバーの人は一度訪れても良いでしょう。

自然の豊かさを感じたい人は、シャーク湾がおすすめです。イルカやウミガメの群れが見ることができるだけでなく、カンガルーやトカゲなどのオーストラリア 特有の生物を間近で観察することができます。

4-2.オーストラリアの世界文化遺産

オーストラリアのシンボルともなっているオペラハウスは世界文化遺産に登録されています。オーストラリアを象徴する建物なので、訪れた際は、ぜひチェックしておくと良いでしょう。また、オーストラリアで初めてのヨーロッパ式の建築物として、王立展示館とカールトン庭園が登録されています。約26ヘクタールの広大な敷地を誇るカールトン庭園はオーストラリアでも有数の庭園なので、見る価値アリです。

5.まとめ

ロード・ハウ島群は、オーストラリアを代表する世界自然遺産です。自然の恵みを肌で感じることができる貴重な観光名所なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。きっと日常では味わえない感動の体験ができること必至です。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧