グアム島:ダイバーも楽しみたい!ショッピングだけじゃない海の魅力

グアム島といえば高級ブランドショップや大型ショッピングモールといった複合施設が立ち並び、パンケーキブームを創発した「エッグズシングス」や、ステーキやシーフード等の定番料理から、グアム島ならではのローカルフードで朝食を楽しむなど、グルメも満喫できるリゾート地として多くの観光客が集まる印象が強くあります。
また、マリンアクティビティを目的として訪れる人も多く、サーフィンやバナナボート、パラセリングなどで楽しむ人も多くいることでしょう。
グアム島の海はとても美しく壮大です。島をクリアブルーな海が囲み、都心の雰囲気から一気に大自然に変わる光景こそがグアム島の魅力だと感じます。そんなグアム島の海の中はどのようなものでしょうか。
ダイビングで行きたいグアム島の魅力を紹介します。

グアム島にはたくさんのビーチや自然のプールがある

グアム島にはたくさんのビーチスポットがあります。有料、無料、さらには天然のプールなどもあります。まずはどんなビーチがあるのか紹介していきましょう。グアム島のビーチはどこも南国な雰囲気と青い海と白い砂浜など、自然豊かな海を感じさせます。
グアム島の中で最も人気があるビーチは「タモンビーチ」です。タモンビーチは周辺の数多くのホテルから気楽に足を伸ばせることで、いつも多くの観光客が溢れています。遠浅なので家族連れで訪れる人たちも多く、マリンアクティビティとしてはシュノーケリングも楽しめます。カワハギ科の「ムラサメモンガラ」などのカラフルな魚が泳いでいます。

シュノーケリングで楽しみたい方は「イパオビーチ」がおすすめです。マリンアクティビティをしたい方に向けてトイレや更衣室、シャワー、機材レンタル施設も完備しています。また、ホテルからも近く宿泊施設からのアクセスも良好です。
イパオビーチはサンゴ礁が多く、その周りにたくさんの熱帯魚が集まります。主な魚はスズメダイの仲間で「ミズキリリュウグウスズメダイ」や「アオバスズメダイ」「ツノダシ」などがたくさん見られます。

グアム島の中で最も美しいと言われているビーチが島北部にある「リティディアンビーチ」です。リゾート地にあるビーチとは違い、まるでプライベートビーチの様な環境にあるビーチです。潮の流れが早いこともあり遊泳禁止となっていますが、星の砂を集めに行く様に、美しい景色に癒されに立ち寄るには一番です。
いくつかグアム島の魅力的なビーチを紹介しましたが、ダイビングで潜る海としてのグアムはどんな海なのかを紹介します。

グアム島のダイビングは地形やサンゴ、そして沈船など豊富なラインナップ

グアム島でのダイビングは透明度が高く、鮮やかなサンゴ礁に囲まれた海で行います。ダイビングポイントが島の西北部分にあるアプラ湾に集中しているため、ポイントまで行く船の乗船時間も短く気軽に行けるのも特徴です。主なポイントは地形ダイビング、海に眠った船や航空機などに潜って潜入する「レックダイビング」という楽しみ方があります。海峡も穏やかでカラフルな熱帯魚やマクロ系と言われる、肉眼では目を細めて見える様な小さな生物を発見することもあります。ですが、大型回遊魚としてマンタやイルカ、運が良ければマッコウクジラにも遭遇することがあります。
潮の流れが世界中の海に比べ比較的穏やかなのも特徴なので、ダイビングライセンスの取得の為や体験ダイビングで訪れる人も多くいます。

では、グアム島での有名なダイビングポイントを紹介します。

グアム島の人気ポイント、何度も行きたくなるブルーホール

グアム島で最も人気のあるポイントがブルーホールです。水深18mにあるコーラルリーフにハート型をした穴ができています。その穴をさらに潜り、下からハートの穴を眺めてみましょう。このぽっかりと空いたハートの穴を写真に撮ろうと、多くのダイバーがカメラを構えていることでしょう。ハートの穴を背景に円陣になって写真を撮る方。時間を少しずらしてハートの穴から差し込む光の幻想的な光景を収めたい方と、皆さん工夫を凝らしてベストショットを狙っています。このハートの穴は、地形は陥没穴でできたセノーテ現象によって自然の手で作られたものです。
ブルーホールでのダイビングには少し注意が必要です。ハートの穴が見える部分には穴の上から入る方法と、横穴から入る方法があります。その横穴へと続く道は水深が30mと深く、慣れない間は上から潜ることをおすすめします。自身のダイビングのレベルやスキルに合わせて、現地ダイバーの指示にしっかりと従いましょう。
また、ブルーホールの周辺にはたくさんの魚やマクロ系の生物がいます。岩陰にはミノカサゴの仲間「ネッタイミノカサゴ」や「ハナミノカサゴ」がいます。ミノカサゴは毒を持っているので決して手で触らない様に注意してください。他にもクマノミの種類などが豊富に泳いでいることでしょう。
沖に出るとバラクーダーやイソマグロの群れに遭遇することもあり、地形と生物両方楽しめるポイントで、何度も潜りたいと言うリピーターダイバーがたくさんいます。

グアム島最大のサンゴ礁、ウエスタンショールズ

グアム島の中では最大と言われるサンゴ礁のポイントです。壮大なサンゴの大群の周りにはたくさんのチョウチョウウオやデバスズメダイなどカラフルな熱帯魚が泳いでいます。他にもクマノミの仲間「ダスキーアネモネフィッシュ」も見られます。サンゴ礁の中にはクマノミ城があり、そこに集まるクマノミを探してみるのもよいでしょう。水深も7mから10m程度の、比較的浅瀬で楽しめるダイビングです。初心者やブランクダイバーなどはここで楽しみつつ、経験がついたらブルーホールに行くということもあります。
また、このポイントにはアオウミガメやオニカマスの群れが通ることもあります。ナポレオンフィッシュもこのポイントで見かけることもあるようです。

グアム島でも大物海水魚が狙える、ギャブギャブII

地形、生物といった楽しみ方がありますが、海外でのダイビングといえば大物海水魚に出会うことを目的としたダイバーも多数いるでしょう。そんなダイバーたちがこぞって訪れる場所。それが「ギャブギャブII」です。

ギャブギャブIIで見られる大物海水魚はナポレオンフィッシュやナンヨウツバメウオです。ナポレオンフィッシュと言いますが、正式には「メガネモチノウオ」というスズキ目、ベラ科に分類された魚のことです。発見されている成魚では、最大全長が約2mもある個体もいますが、平均では約1.5mの大きな魚です。なぜ「ナポレオンフィッシュ」とよばれているかというと、長年生きてきた個体のこぶ部分が、歴史上人物のナポレオンがかぶった帽子の形に似ていることから呼ばれるようになりました。
ナポレオンフィッシュの体の色は、緑色の褐色から鮮やかな青い体をした個体までと様々で、ダイバーたちに人気の高い大型海水魚として注目されています。

ポイントの話に戻ります。ギャブギャブIIはナポレオンフィッシュの他に、観光用の潜水艦「アトランティス号」の通り道となっているポイントです。潜水艦のエンジン音や、乗船している観光客が出す餌に誘われてやってくるナンヨウツバメウオも見どころです。
魚を観察していたら潜水艦の観光客から観察されていたという不思議な体験もできるかもしれません。

グアム島で発見された沈船

グアム島のダイビングでもうひとつ魅力的なのが沈船をめぐるダイビングです。中でも「木津川丸」と「東海丸」を紹介します。
木津川丸はグアム島の沈船の中で原型を留めている沈船であり、陸地からも近い場所に位置します。大砲と、大砲の弾がそのままの状態で沈んでいますので、戦火の歴史を直に体験することができるでしょう。水深40m付近にあるため、透明度の良いグアム島の海では船の全貌を上空から見ると圧巻です。

グアム島で最も人気のある沈船が「東海丸」です。東海丸のあるポイントは水深14mから35mと斜めに沈んでいる船であり、船内にも入ることができます。中を巡れば、当時の戦争を思い起こさせるような哀愁を覚え、歴史を感じさせられるのも沈船を巡るレックダイビングの魅力です。

地形、生物、歴史、リゾート地グアム島のダイビングは豊富なラインナップ

いかがでしたか。グアム島はリゾート、バカンス、ショッピングや流行のフードなどのイメージが全面に押し出されている観光地ですので、ダイビングとしての印象は少し影に隠れています。特にレックダイビングは深い海に沈む船を見ることより、実際に近づいて中に入ることによって戦争があった歴史に思いを馳せることができます。ダイビングを始めたい方も、ダイビングの魅力をもっと感じたい方にも是非一度は訪れてほしいとおすすめできる場所。それがグアム島です。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧