ロイ・リキテンスタイン:これは漫画?それとも芸術?

ロイ・リキテンスタインは1923年アメリカ合衆国ニューヨーク、マンハッタンに生まれた画家です。アンディ・ウォーホルらとともにポップアートの代表的な画家として知られており、特に漫画の一コマをキャンバスに拡大して描く作品で知られています。

■ロイ・リキテンスタインとは

ロイ・リキテンスタインは1923年アメリカ合衆国ニューヨーク、マンハッタンで生まれました。リキテンスタインの一家はアッパーミドルクラスのユダヤ人家庭で、父親のミルトンは不動産ブローカー、母親のベアトリスは専業主婦でした。リキテンスタインは1940年にオハイオ州立大学美術学部へ入学、途中兵役につくものの、1949年には修士号を取得します。その後は1949年から1951年まで大学講師として働き、1951年にはニューヨークのカール・バック画廊ではじめての個展を開催しました。

1960年代になると漫画の1コマを拡大したような作品を制作するようになり、のちにこれがポップアートの作品として注目されるようになります。リキテンスタインは自分の子どもにミッキーマウスの漫画を描いてあげた時、芸術性の高い作品よりも漫画のほうが、インパクトがあり、表現力に富んでいることに気が付き、作品にするようになったといわれています。

■ポップアートとアメリカ

従来であれば漫画、それもミッキーマウスやバットマンなどの他のアーティストによって制作されたキャラクターが掲載された漫画の一コマを拡大した作品が高い評価を受けることなど考えられませんでした。しかし、こうした作品が評価されるようになったのは、アメリカがポップアートの時代にあったからだといえます。

ポップアートとは大量生産や大量消費社会をテーマとして表現する芸術手法のことです。1950年代のイギリスでエドゥアルド・パオロッツィはアメリカ軍の兵士らが持ち込んだ雑誌でコラージュ作品を制作し、発表していました。パオロッツィはローレンス・アロウェイをはじめとした評論家たちと「インディペンデント・グループ」というグループを作り、大衆文化との関わりを研究していきます。アメリカの大衆文化はこれまでのアートシーンからすれば下位にみられがちでしたが、現代を見直す新しい素材として作品に取り入れようとする動きがありました。インディペンデント・グループで研究された内容は「これが明日だ」展で展示され、ポップアートは世界に広まっていくことになりました。

同時期1950年代のアメリカではジャクソン・ポロックやマーク・ロスコらによる抽象表現主義が全盛期を迎えていました。批評家クレメント・グリーンバーグが評価したこともあって、抽象表現主義は絵画の最先端と見なされ、その一方でポップアートは低俗と見なされていました。しかし、1950年代末になるとロバート・ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズらが廃品やがらくたなどを絵にはりつけ、ダーツの的や、星条旗などこれまで作品としてみなされることがなかったものを作品に取り入れていくようになります。こうした作品は「アートは崇高なものではなく、日常にあふれたものでも作品として成立する」という証明になり、抽象表現主義のアーティストらに衝撃を与えました。

そんななか1960年代に入るとロイ・リキテンスタインやアンディ・ウォーホルが登場します。上記で述べた通り、ロイ・リキテンスタインはアメリカン・コミックの一コマを引き延ばしたものを作品として発表するようになり、アンディ・ウォーホルは、キャンベルスープの缶やマリリンモンローなど当時のアメリカ社会で広く流布していたイメージを、シルクスクリーンを用いて大量生産していきました。

ポップアートは大衆文化をテーマにしているためわかりやすく、見る人の心を一瞬でつかんでしまうような強いイメージを持っています。それはロイ・リキテンスタインの作品にも強く表されています。

■リキテンスタインの作品

ではそんなリキテンスタインの作品はどんなものがあるのでしょうか。

・《見て、ミッキー》 1961年

この作品は、リキテンスタインが初めて手がけたポップアートの作品です。アメリカで出版されていた「Little Golden Books」という子供向けの絵本の一コマに基づいています。ドットや吹き出しを使った表現、漫画をベースに作品を制作したことにより、当時から画期的な作品として評価されました。

リキテンスタインはこの一コマを絵本からポップアートに落とし込む際、いくつかの変更を加えます。まず、桟橋の先端に描かれていたドナルド・ダックを左側に寄せて90度ほど回転させて描き、釣竿とお尻の距離を近づけ、より簡単に釣竿を引っ張っているように表現しました。

なにより大きな変更点は、ドナルドの口から吹き出しが飛び出ていることです。「見てよミッキー、大きいのを引っ掛けたよ!!」というセリフが、彼が自分自身を釣っているということに気づいていない様子を強調させています。

また、この作品の登場人物は、どちらもリキテンスタイン自身を投影させたものだと解釈されています。水面に体を近づけ興奮しているドナルド・ダックは、自己陶酔している存在として描かれ、ミッキー・マウスはそういった状態のドナルド・ダックを嘲笑い、超自我として存在していると意味づけできます。

ポップアートの作品はわかりやすく、これまでの芸術作品のようになにか寓意があるとは思われないかもしれません。しかし、作品を制作したアーティストの想いは、どんなにシンプルな作品にもきちんと込められているのです。

・《溺れている少女》 1963年

この作品は、DCコミックスに掲載された「Run for Love!」という漫画のスプラッシュページに基づいています。悲劇的な状況に陥った女性のイメージとして代表的な油彩の作品です。

くっきりとした線、大胆な色使い、わかりやすい構図によって描かれ、商業印刷された作品のようにも見えます。大きくうねる波の表現は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の1図である有名な「神奈川沖浪裏」が参考にされました。

涙を流す女性の口から出ている吹き出しには、「私は気にしない!ブラッド(男性の名前)に電話するなら沈んだ方がマシ!」とあります。元になった一コマには、背景に陸や水平線、男性の姿が描かれていますが、本作品では溺れる女性、波、吹き出しのみに切り取られています。そのため、この状況ができるまでに何が起こったのか、この後何が起きるのか、ブラッドは誰なのか、なぜ女性がブラッドに電話をするのを嫌がっているのか、私たち鑑賞者には知る術がありません。

■ポップアートの終焉とその後

1960年代末になるとミニマルアートやランドアートなどに注目が集まるようになり、ポップアートへの関心は急速に失われていきました。それまでアートシーンの中心にあった大衆文化はヒッピーやドラッグといった世界に吸収されていきます。

そんなポップアートを継承したのは、広告美術でした。大衆文化をもとに作品を作り上げるというポップアートは、ただ商品を紹介するだけでなく、視覚芸術もそのうちに取り込むという広告美術の骨格を作り上げるに至ったのです。

■おわりに

ロイ・リキテンスタインはアメリカのポップアートを代表する画家として、多くの作品を残しました。リキテンスタインの作品はコミックの一コマを拡大してキャンバスに描くというものでしたが、ただコピーするのではなく、画家なりの解釈や表現をもって作品は描かれています。

ポップアートはミニマルアートやランドアートにアートシーンの主役の座を追われ、1960年代末になると急速に関心が失われていきます。しかしそんな中でも広告美術に与えた影響は大きく、現代において街で見られるようなポスターやCMはポップアートがあったからこそ存在し得るものなのです。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧