ウォルト・ディズニー:ミッキーマウスの生みの親

ウォルト・ディズニーは、アメリカ合衆国出身の実業家である。人気キャラクター、ミッキーマウスを生み出したことで知られている人物だ。兄とともに設立したウォルト・ディズニー・カンパニーを世界的な大企業に成長させたことで有名である。

〈幼少期〜青年期〉

1901年12月5日、ウォルトはアメリカ合衆国のイリノイ州シカゴで生まれました。ユニオン・パシフィック鉄道の鉄道員である父親と、ドイツ人とイギリス人の血を引く母親、3人の兄に1人の妹という家庭で育ちます。
ウォルトが生まれる前はカリフォルニア州で金鉱を探し生計を立てていましたが、母親の仕事の都合でイリノイ州シカゴに移住します。ウォルトが生まれて間もなくディズニー一家は叔父が住んでいたミズーリ州マーセリーンに引っ越し、農業を始めました。しかし思うように軌道に乗ることができなかったため、ディズニー一家は再びシカゴに戻ることになりました。この時、畑の近くにはサンタ・フェ・パシフィック鉄道が通っており、幼かったウォルトは鉄道の音を聞くことが好きだったといいます。また、絵を描くことが好きだったため7歳になる頃には自分のスケッチを近所の人たちに売ることもありました。

シカゴに戻ってきたウォルトはマッキンリー高校に通いながらアカデミー・オブ・ファインアーツ専門学校の夜間部で絵を学びます。当時アメリカ国民の愛国心が高まっていた影響もあり、高校の学級新聞には愛国主義を前面に出した内容の漫画を掲載します。
その後第一世界大戦が起こると、愛国心の強いウォルトは高校と美術学校を退学し、兄と同じように陸軍へ志願します。しかし16歳のウォルトは入隊年齢に満たなかったため、兵士にはならず、負傷した兵士を輸送や治療などをする赤十字社の衛生兵になりました。第一世界大戦が終わると1年ぶりにアメリカへ帰国となりました。帰国後は漫画家としてのキャリアをスタートさせるために単身カンザスシティに向かいます。カンザスシティで漫画の仕事をはじめたウォルトですが、新人ということもあり生活が安定するほどの収入が得られず日々の生活が苦しくなっていきました。そんな時、兄ロイ・ディズニーの紹介で広告デザインの仕事を担うことになります。

〈アニメーター時代〉

1920年、友人のアブ・アイワークスとともにウォルト・アイワークス・カンパニーというデザイン会社を立ち上げます。1920年、友人のアブ・アイワークスとともにウォルト・アイワークス・カンパニーというデザイン会社を立ち上げます。しかし会社設立直後にウォルトはカンザスフィルムにアニメーターとして雇われてしまったため、会社は長続きしませんでした。
漫画家からアニメーターとしてスタートを切ったウォルトは短編アニメの作画を担当することになりました。アニメーターとしての資質が目覚めはじめ、映像制作の機材を借りてアニメーション制作にのめり込みます。
その後、個人事務所Laugh-O-Gram Studioを設立しフリーランスの製作者となりました。1921年、ウォルトは独立後初となるオリジナルアニメ作品『ニューマン劇場のお笑い漫画』を完成させました。この作品はクオリティーが非常に高いと評価され、アニメ制作の仕事が途切れることなく来るようになります。事業が拡大したことにより個人事務所では追いつかなくなったため、アニメ制作会社にするべく何人かのアニメーター仲間を集めました。日々仕事が舞い込むようになり、Laugh-O-Gram Studioは成功を果たしたのも束の間、最終的には資金繰りに失敗し倒産してしまいます。この倒産を受けてウォルトは再起を図るべくハリウッドへ向かいます。

〈ディズニー社の誕生〉

ウォルトは兄のロイとともにカンザスにいた頃制作した『アリスの不思議の国』シリーズの続編を販売していくディズニー・ブラザーズ社を立ち上げました。Laugh-O-Gram Studio時代のスタッフや、新人アニメーターなどを雇います。実質的にこれがディズニー社の誕生となりました。実写とアニメーションを織り交ぜるアリスコメディシリーズは人気を集め、このシリーズのヒットによりディズニー社は軌道に乗りました。その後会社で働いていたリリアン・バウンズと結婚します。流産を経て長女が生まれ、養女も引き取りました。父親から愛情を受けなかったウォルトは子供を溺愛するようになります。
1927年、ウォルトはオズワルド・ザ・ラッキー・ラビットというオリジナルキャラクターを考案しました。チャールズ・B・ミンツの紹介でユニバーサル・ピクチャーズとの繋がりを得ると、オズワルドを主人公にアニメを製作しました。オズワルドはあっという間に子供たちから人気を集めディズニー社は躍進します。
しかしチャールズ・B・ミンツと契約料の交渉の際に、ユニバーサル社に法外な配給手数料を求められたウォルトはこれを拒否します。その結果、ほとんどのアニメーターや社員を引き抜かれてしまいます。この一連の騒動により配給会社とオズワルド、そしてアニメーターなど大半の社員を失ってしまったのです。

〈ミッキーマウスの誕生〉

ディズニーを再建するにあたり新たなキャラクターが必要となったため、オズワルドの物語でライバルとして登場していたねずみをメインに据えることにしました。こうしてミッキーマウスが誕生します。ミッキーマウスの初期シリーズでは卓越した動きをアイワークスが描き、演出面はウォルトが担当していました。後にディズニー社の社員たちは語っています。

ミッキーの動きはアイワークスが、魂はウォルトが生み出した

引用:Wikipedia ウォルト・ディズニー

ミッキーマウスの一作目『プレーン・クレイジー』はサイレント映画として製作されるものの、三作目の『蒸気船ウィリー』では声や効果音が吹き込まれ、ウォルト自身もミッキーマウスやミニーマウスの声を演じました。ミッキーマウスはオズワルドよりも人気を博し、ディズニー社は見事に復活したのです。

〈ディズニーリゾート〉

1948年頃からテーマパークの建設に乗り出します。ウォルトは次第にアニメーションを製作するよりもテーマパークの建設に力を入れるようになりました。1954年7月21日にディズニーランドの建設が始まり、1955年7月17日にオープンすると瞬く間に人気を集め、長きに渡りディズニー社を支える事業となりました。次第にテーマパークとしてだけではなく、ホテルなども取り入れたウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの建設をするようになります。

〈死去〉

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの計画が順調に進んでいる矢先、1966年12月15日肺炎でウォルトの生涯は終わりを迎えました。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの完成をみることが叶わなかったウォルトですが、生前にディズニーランドについてこう語っています。

ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう
“Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world.”

引用:Walt Disney’s Dream|Tokyo Disney Resort

こうしてウォルト・ウォルトは世界的な大企業へと成功を収めました。知らない人はいないキャラクター、ミッキーマウスを生み出したウォルトも長年苦労したことが伝わったのではないでしょうか?アニメーションとディズニーランドという2本柱は、現在でもディズニー社の繁栄の基盤になっています。苦労しながらも多くの夢と功績を残した彼は、間違いなく偉大な人物の一人と言えるでしょう。

出典:Wikipedia ウォルト・ディズニー

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧