ベジマイト:オージーの朝食には欠かせない一品

ベジマイトとは、オーストラリアで生産されている発酵食品。「世界一まずい!」と表現されることもあるほど独特な味と香りを持つベジマイトだが、オーストラリア人にとってはなくてはならない食品として根強い人気を誇っている。

オーストラリアでは「一家に一つ」が常識

オーストラリアといえば、真っ先に「エアーズロック」「オペラハウス」「コアラ」「カンガルー」といった観光地や動物が思い浮かぶ人も多いでしょう。
しかし、通のオーストラリア好きにとっては「オーストラリアといえばベジマイト!」と断固譲らない人も少なくありません。

なぜなら、ベジマイトはオーストラリア国民で知らない人はいないというほどの知名度を誇っている食品であり、一家に必ずひとつ、いやそれ以上ストックされていることも決して珍しくはないからです。

ベジマイトは1923年に、フレッド・ウォーカー社の食品技術者である「シリル・パーシー・キャリスター」という人物によって開発された歴史のある食品です。
古くからオーストラリアで生産され続けている食品であるからこそ、オーストラリア国民からの支持は絶大なのです。

ある時は朝食に、ある時は昼食に、ある時はスナックタイムや夜食にと、何かと出番の多いベジマイト。食べることが大好きなオーストラリア人からすれば「なくてはならない食品」「家に必ずある食品」として位置づけられています。

ベジマイトの味は?

ベジマイトを食べたことがない人にとって、その味はまさに未知そのもの。
「一体どんな味がするのだろう?」という興味は、ベジマイトを一口頬張るまで決して頭から離れることはないでしょう。

冒頭ではベジマイトのことを「食品」と紹介しましたが、明確にいうならば食品ではなく「調味料」といったほうが正しいかもしれません。
というのも、ベジマイトそのものだけでは美味しくないからです。
ソースやドレッシングをそのまま飲む人がいないように、ベジマイトもそのまま口に入れる人はあまりいません。いくらベジマイトが好きなオーストラリア人であっても。

「ベジマイトは調味料」と言った方が適切で、肝心な味は「塩辛い」の一言。なぜならベジマイトは酵母エキスと塩を主な原料として作られているからです。

ベジマイトはダークなチョコレート色をしたペースト状のものですが、見慣れない人からすると若干不気味にも感じてしまうでしょう。
パンチが効いた見た目とは裏腹に、発行した香りはそこまで強くありません。
しかし、ベジマイトを一口頬張った瞬間に鼻から抜けていく深みある発酵臭・塩辛さは独特の後味を贈り物として残してくれるでしょう。

各国からは「ベジマイトはまずい!」「とても食べられたものじゃない!」と言う声も上がっていますが、少なくともオーストラリア人にとっては日常的に欠かすことのできない食品(調味料)と言えるに違いありません。

これがオージー流!ベジマイトの一般的な食べ方

塩辛い独特の味が賛否両論を集めているベジマイトですが、気になるのはその食べ方。
ここでは、ベジマイトの本場オーストラリアでベジマイトがどのように食べられているかをご紹介したいと思います。

  • パンに塗って食べる
  • パスタソースとして
  • スープに入れる
  • サンドイッチに挟む

など、ベジマイトの公式サイトでは様々なベジマイトの活用方法を紹介しています。

あらゆる使用方法ができるベジマイトですが、やはりオーストラリア人からすると「パンに塗って食べる」というシンプルで簡単な方法に人気が集まっている様子。
パンに塗って食べる場合に注意したいのが、ベジマイトを塗る量について。

オーストラリア人がおすすめするベジマイトの使用量は、パンが隠れてしまうほど厚く塗るのではなく「パンの色が見える程度に薄く塗る」ということ。
また、「ベジマイト+バター」「ベジマイト+アボカド」「ベジマイト+チーズ」などといった組み合わせも健康志向のオーストラリア人に好評です。

オーストラリアでは主に朝食時に食べられることが多いベジマイトですが、小腹が減った時にさっとパンに塗ればいいだけなので、昼間や夜間など四六時中活躍できるポテンシャルを秘めいている食品です。

アメリカ人やアジア人はベジマイトが嫌い?

多国籍の人種や民族が生活をしているオーストラリアでは、アメリカやイギリスだけではなくアジアからの移住者がとても多く暮らしています。
そんな移民者たちの間では当然のごとく「ベジマイトはまずい!」といった評判が流れていますが、その中でも特にベジマイトを嫌っているのがアメリカ人とアジア人でしょう。

こってりとした食べ物や甘いものに目がないアメリカ人にとって、ベジマイトの発酵臭や塩辛さは耐え難いものかもしれません。
発酵食品を食べ慣れているアジア人は一見するとベジマイトを好みそうですが、そうではないようです。
舌の肥えたアジア人からは、「ただ塩辛いだけで深みがない」「何が美味しいのかわからない」「パンに塗って食べるものではない」などの厳しい意見が寄せられています。

もちろんオーストラリア人の中にもベジマイトを好まない人もいるでしょうし、アメリカ人やアジア人であってもベジマイトを美味しいと感じる人もいるでしょう。
ただ、ここで伝えたいのは「やはりベジマイトは個性的な味!」という一言に尽きます。

ベジマイトを愛しすぎて別バージョンも登場

オーストラリア人は古くからベジマイトを食べ続けてきたわけですが、そんな長年の歴史からか、現在では「オリジナルタイプ」「チーズ味」「塩分控えめ」という3種類のベジマイトが発売されています。

オリジナルタイプのベジマイトをチーズに合わせて食べるオーストラリア人が多いことから、クリームチーズを配合することでより味わい深くクリーミーな食感になった「Cheesybite」も登場。

また、ベジマイトはその塩辛さから「塩分が多い」と使用を懸念される声も多いですが、健康維持を目的とした人へ向けて「SALT VEGEMITE」をラインナップに追加しています。こちらはオリジナルよりも25%減塩し、ビタミンB6やB12も追加している健康志向派には見逃せない一品となっています。

ベジマイトで健康的に

その見た目や匂い・味からとても食べにくそうな食品であることが想像できるベジマイト。
しかし、オーストラリアの国民からは「ベジマイトは健康維持に必要だ」という声も上がっています。
そこで、ベジマイトに含まれる栄養素を以下に記載してみましょう。

  • チアミン(ビタミンB1) 糖質や分岐脂肪酸の代謝に用いられる
  • リボフラビン(ビタミンB2) 皮膚や爪・毛髪などを健康的に維持する
  • ナイアシン(ビタミンB3) 糖質、脂質、タンパク質の代謝に不可欠。循環系、消化系、神経系の働きを促進する
  • 葉酸 DNAなどの生合成を促進し、細胞の生産や再生を助ける

ベジマイトには上記のような栄養素が含まれているため、特に「ダイエットをしている人」「美容に気を使っている人」「妊娠中や妊活中」といった人に最適です。

ベジマイトには豊富なビタミンが含まれているだけではなく、パンに塗ってさっとトーストすればいいという手軽さも魅力のひとつであるに違いありません。

「世界一まずい」と言われるベジマイトを食べてみよう!

「世界一まずい!」と言われているベジマイトですが、その歴史を探ってみると古くからオーストラリア国民の食卓を支えていたことが明らかになりました。

オーストラリアでは、健康的で魅力的な子どもたちのことを「Happy little Vegemite」と表現することもあるほど、ベジマイトという食品は国民から愛され知名度の高いものだということが伺えます。

海外移住者たちからは「まずい!」との声が絶えませんが、ここまでまずいと言われると死ぬまでに一度は食べてみたいとさえ思えてきます。

世界の中には、ベジマイトの輸入を制限している国もあります。
ベジマイトを食べてみたいのなら、やはり本場であるオーストラリアに訪れ、オージー流のブレックファーストで食してみることをおすすめしたいと思います。

ベジマイトの公式サイト

ベジマイトに関する動画

関連記事一覧