ロンドン:ハロッズ イギリス百貨店巡り

百貨店発祥の地、それはロンドン

今でも世界の一流ブランドは、まずロンドンの百貨店に新商品を出して反応を見るそうです。それだけ世界中から目利きの方が集まってくる、信頼のおける百貨店。
それがロンドンに集中しています。

“デパートの王様”と言われるハロッズ

季節ごとに様々な趣向を凝らして装飾されるのも楽しみのひとつ。
ロンドングルメが1から10まで楽しめるフードホール、バラマキ土産からとっておきのお土産まで揃うハロッズをご紹介します。

1.ハロッズはどこにある?どんな建物?

ハロッズは地下鉄ピカデリー線(Piccadilly line)で、ナイツブリッジ(knightbridge)で降り、ブロンプトンロード(Brompton RD)に出てすぐの場所にあります。
ナイツブリッジ駅の改札から『Exit4 Brompton Road Harrods』と書かれた看板があり、
そこを出るとすぐに右手にハロッズがあります。

ブロンプトンロードはハロッズだけではなく、高級ショップやギフトショップがずらりと並ぶハイストリート。季節によってストリートの装飾も大胆に変わるので、いつ行っても楽しめます。思わず写真を撮ってしまうほど。
少し歩くと広大な緑が広がるハイドパークがあり、晴れた日には太陽を求めてたくさんの人が集まります。

ハロッズの建物はクラシカルなオールドイングランドのレンガ建て。
外観は本当に立派で何度行っても惚れ惚れしますが、屋内はさらにゴージャスな造りになっていて、インテリアを見て回るだけでも楽しいです。

2.格式高いハロッズ

ハロッズの格式の高さはとても有名です。
超高級店として、昔はお買い物に来るのも選ばれた方だけだったとか。
ドレスコードが敷かれていた時代もあったようです。
今でもドレスコードはないとはいえ、地元のお客様はきちんとした格好の方が多いように感じます。おばあさまと娘さん、お孫さんと3世代のお客様をよく見かけますが、お子様達もきちんとした格好をしています。
キャリーバッグやバックパックを持ってのお客様はお断りされることもあるそうなので、なるべくゆっくりと楽しめる格好で行きましょう。

3.まずはフードホール(Food Hall)から

ハロッズは、創業者チャールズ・ヘンリー・ハロッドが立ち上げた食品雑貨店から始まりました。
1階のフードホールは内装もとても豪華で食品売り場とは思えないほどの造りになっていて、見ているだけで幸せな気持ちになります。食べ物もカラフルで美食の宝庫。
世界中の食べ物から厳選されたものだけが並んでいます。

お惣菜売り場のデリはキッシュ、サラダ、パンやサンドイッチ、お菓子などがカラフルに並んでいます。ここでランチを買ってハイドパークでピクニックもおすすめ。
外食に疲れた時には、ワインと一緒にホテルの部屋でいただくのも良いですね。

お惣菜はお土産には難しいですが、キャビア専門店からチョコレート、オーダーメイドのケーキ屋さんも入っていて、あちこちにハロッズのロゴ入り商品があるのでお土産を選ぶのもおすすめ。特におすすめは、紅茶とコンフィチュール。品質はもちろんですがとにかく種類が多く、何時間でも迷ってしまいそうなほど。ハロッズの始まりは紅茶を中心とした食品雑貨店だったため、紅茶は歴史もあり、世界中にファンがいるのです。
ナマ物は持ち帰れませんが、コンフィチュールはお持ち帰りできますし、素材を活かした優しい味はいただく度にロンドンの素敵な旅を思い出せそうですね。

イートインコーナーでは、ステーキやスモークサーモン、オイスターバーなど高級食材が気軽に楽しめます。イギリスといえば外せないフィッシュ&チップスもパブでいただくのとはまた違う雰囲気でいただけます。シャンパンバーもあります。
おひとり様でも大丈夫、セレブ気分を満喫しましょう。

フードホールの見せ場のひとつは拘り抜かれた内装。
果物コーナーにはぶどうやみかんで飾られたシャンデリア、鮮魚売り場には観賞用の水槽、タイルも実に凝った絵柄で飾られていて「やり過ぎでは?」と感じてしまうほど。
他にもチーズボードやカッティングボードなどのキッチン雑貨もハロッズオリジナルで揃えています。かごに入ったカトラリーセットやティーセットなども揃っていて、贈り物にする方も多いようです。ピクニックバスケットのセットも大小様々に揃っていてうっとり。

とにかくここだけで半日は過ごせるほど楽しいフードホールは特におすすめです。

4.お土産にはハロッズオリジナルギフト

ハロッズの館内にはいたるところにハロッズのロゴの入った商品があります。
ビスケットやコンフィチュールなどの食べ物から、ボールペンやメモ帳などの文房具、有名なハロッズバッグやストールなどのファッション小物まで。

その中でも特に人気なのがハロッズベア。
このハロッズベア、「くまのプーさん」のきっかけとなったテディベアなのだそうです。
作家のA.A.ミルンが息子へのプレゼントとしてハロッズのテディベアを買い与えたことからストーリーを思いついたのだとか。

セカンドフロアのハロッズショップは必見です。
大小様々な大きさのハロッズベアのぬいぐるみやグッズが溢れているので、プーさん好きの方へのプレゼントにしても喜ばれることでしょう。

ハロッズベアに続いて人気なのは、ハロッズオリジナルのトートバッグ。

シーズンごとに新作が出るのも嬉しいところですが、やはり定番のハロッズロゴ入りのトートバッグは大人気。厚手で濡れても大丈夫なトートバッグは使い勝手が良くファンも多いです。世界中のおしゃれ好きのステータスでもあるこのトートバッグ、たくさんの種類があって本当に迷います。
その他にもステーショナリーやベビーグッズなども豊富でとにかく楽しめるハロッズショップは本当におすすめ。

5.自分にご褒美。世界の一流をウィンドウショッピング

ハロッズを世界一有名にしているのはそのショップセレクト。
ダイアナ妃をも魅了した百貨店の王様ハロッズですから、一流ブランドが勢ぞろい。
世界中のブランドショップがここに揃っていると言っても間違いではありません。

さらにどのブランドも、ハロッズにはそのブランドの中でも超一流品や最新のものを入れるというのですから、まさに世界でいちばん “it’s new!”  が揃っていると言っても過言ではありません。一生もののブランド品をゲットするなら、絶対にロンドンハロッズがおすすめです。

路面のウィンドウもそれぞれのブランドが趣向を凝らして、季節ごとに彩りを添えます。
それを見ながらウィンドウショッピングしているだけでも幸せな気分になります。

春から夏はストリートに飾られた花が華やかに彩って、イギリスらしいシーンを楽しめます。陽も長いので、遅くまでゆっくりと楽しめるのもヨーロッパらしくて良いですね。
ですがいちばんおすすめは11月末からのクリスマス。

クリスマスシーズンは、プロンプトンロードも一年でいちばん、最高に華やかに彩られます。ゴールドやシルバーで飾られたプロンプトンロードとハロッズのショーウィンドウのコラボレーションが本当に素敵です。夜はライトアップされて夜景の名所にもなっています。

6.ティールームも超一流

ロンドンのデパートには気軽に入れるティールームが必ずあります。
どのデパートのティールームもイギリス式で本当に素敵ですが、ハロッズのティールームはやはりひと味違います。

セカンドフロアのハロッズティールームは使われている食器がすべてウェッジウッド。
ウェッジウッドといえば、世界中にファンがいる英国ラグジュアリーテーブルウェアメーカーです。価格はもちろんですがその品質は世界中の目利きの方に選ばれています。
手元にあっても使うのがためらわれそうなウェッジウッドのお皿やティーセットを堪能できるのです。

もちろん、ティールームのインテリアも上質かつ上品なしつらえで心から癒されるひとときを過ごせます。そこを目的に行っても絶対に損はしません。
ハロッズのオリジナル紅茶が本格的に楽しめて、オリジナルのケーキもあります。
軽い食事もできるので買い物途中の休憩に、ぜひ。

また5thフロアのTHE GEORGIANでは本格的なアフタヌーンティーが楽しめます。
ロンドン旅行の目的のひとつがアフタヌーンティーという方も多いですよね。
ホテルやカフェでも楽しめますが、ハロッズのアフタヌーンティーはピアノの生演奏もあり、ラグジュアリーアフタヌーンティーを選ぶとシャンパンがいただけます。
食べきれなかった分はオリジナルのボックスに入れてお持ち帰りできるなど、さすが百貨店、サービスも抜群です。

7.世界一最速でトレンドが見つかる

お洋服や雑貨も世界一のトレンドが手に入りますが、もちろんお化粧品も。
世界中のコスメが集結しています。
各化粧品ブランドの最旬のものはもちろん、季節ごとのスペシャルグッズも魅力。
クリスマス、バレンタインデーのスペシャルセットはどのブランドも凝っているので、ぜひチェックしてみましょう。もちろん、グランドフロアの香水売り場も大変充実しています。
ハロッズオリジナルの化粧ポーチもシーズンごとに新しいデザインが発表されるので、お土産に選ぶ方も多いようです。

8.子供じゃなくても楽しめるおもちゃ売り場

ハロッズのおもちゃ売り場はテーマパークのように楽しめることで有名です。
一緒におもちゃで遊んでくれるスタッフさんがいたり、世界中から厳選されたおもちゃが素敵に並んでいます。そのディスプレイは大人でもワクワクするようなしつらえで、まるで子供に戻ったかのような気分で楽しむことができます。
出産祝いに最適なものも揃っていて、ぬいぐるみの種類の多さは世界一とも言われています。ロイヤルベビーブームもあり、ベビーグッズも上質でロイヤル御用達のものも手に入ります。

9.靴好きにはたまらない、5thフロアの高級靴売り場

2014年に高級靴売り場がオープンしました。
その圧巻の広さはさることながら、女子の憧れジューミーチュウ、ディオール、シャネル、フェラガモ、マノロ・ブラニクなど数十種類のブランド靴が揃っています。
見て歩くだけでもため息が出そうなほど。
このフロアの装飾は特に豪華。お買い物の際にはスタッフがひとりひとり付いて接客してくれるのですから、まさにプリンセス気分が味わえるシューズショップと言えるでしょう。
女子なら絶対に一度は訪れたい場所です。

10.免税も館内でできて便利

50ポンド以上お買い物をすると、免税対象となります。
セカンドフロアの免税フロアではこの手続きを受けることができます。
いつもたくさんの外国人で溢れるこのフロア、たくさんお買い物した人はレシートをとっておきましょう。

11.お買い物だけじゃないのです

イギリスで初めてエスカレーターを導入したのがハロッズだそうです。
エジプシャン・エスカレーターとして有名なイギリス最古のエスカレーターは、内装がエジプト風でスフィンクスの銅像がお出迎えしてくれます。

またこのエジプシャン・エスカレーター付近に故ダイアナ妃のメモリアルがあります。
2010年に売却されるまでこのハロッズを所有していたのはエジプト人の実業家、モハメド・アルファイド氏。その息子であるドディ・アルファイド氏はダイアナ妃と交際していて、ふたりは1997年に悲劇的な死を遂げました。イギリス人に今でも愛されているダイアナ妃はここにメモリアルと像が飾られ、生き続けています。

いかがでしょう。
今すぐハロッズに行きたくなった方も多いのではないでしょうか。
百貨店ではありますが、十分にテーマパークとして楽しめるハロッズは迷ってしまうほどの広さです。
カジュアル過ぎる服装ですと、入店を拒否されてしまうこともあるので、少しオシャレをして出かけましょう。

基本情報
住所   87–135 Brompton Road, Knightsbridge, London SW1X 7XL
営業時間  月‐土 10:00-20:00、 日 11:30‐18:00
休業日  12/24、12/25、イースターホリデー(年によって異なります)
HP  Harrods
2018年11月現在

ハロッズに関する動画

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧