パタヤ:パタヤのおすすめスポットと楽しみ方

タイで人気のリゾート地「パタヤ」。バンコクからバスで2時間半の距離にあり、気軽に行けるリゾートとして人気を集めている。ビーチやオーシャンビューはもちろん、あらゆるエンターテイメントが集結しており多くの旅人を魅了させている。

バンコクから約150kmのところにある海の街「パタヤ」。気軽に行けるタイのリゾート地として多くの観光客から人気を集めています。美しい海や観光地はもちろん、夜になればバーやディスコで賑わいます。あらゆるエンターテイメントが集結したパタヤには、旅人を飽きさせない魅力があります。そこで今回は、パタヤのおすすめスポットをご紹介。有名どころからローカルなスポットまで、パタヤ観光には絶対に外せないスポットをピックアップしました。

<ビーチでゆったりとくつろぐ>

パタヤといえばやっぱりビーチですよね。タイのリゾート地として知られており、バンコクからバスを使い3時間ほどで行けると多くの観光客から人気を集めています。中でもパタヤの代名詞と言われる「パタヤビーチ」が見どころ。広い海の後ろにはヤシの木がずらっと並び、さらに後ろにはパタヤの中心街があります。オーシャンビューを堪能すると同時に、街でのショッピングやタイ料理を満喫することができますよ。

一方で、「喧騒から離れて落ち着きたい!」という人はジョムティエンビーチがおすすめです。パタヤビーチは多くの観光客で賑わっているのでやや騒音が気になります。オーシャンビューだけ満喫したい人はジョムティエンビーチでゆったりと過ごすのが良いでしょう。

<海沿いのカフェでのんびり>

パタヤには、ビーチに沿ってレストランやカフェ、バーが並んでいます。砂浜で遊ぶのもいいですが海沿いのカフェでのんびりする旅も素敵です。オーシャンビューを見ながら飲むコーヒーは格別。また、夕方からビールを飲むのもおすすめです。オレンジ色に輝く夕日を望むことができ、まさに絶景です。

<もっと綺麗なオーシャンビューを求めるなら「ラン島」がおすすめ>

パタヤから30~40分ほど船に乗ったところにある「ラン島」もおすすめです。パタヤビーチやジョムティエンビーチとは比べものにならないほど美しい海が広がります。オーシャンビューはもちろん、パラセーリングやレンタルバイクでの島内巡りなど魅力的なアクティビティが盛りだくさん。一人旅でも二人以上旅でも楽しめます。ただひたすらリラックスをするのも良いですね。エメラルドグリーンを目の前にしてパラソルとチェアを開き、ココナッツジュースで乾杯してみてはいかがでしょうか。

<マッサージで旅の疲れを癒す>

もちろんタイならではの本格マッサージも堪能できます。フットマッサージからタイ古式マッサージ、オイルマッサージまで様々です。ひとたび施術を受ければ、あまりの気持ちよさについうたた寝してしまうほど。本物のマッサージで移動の疲れを癒しましょう。

<ウォーキングストリートを歩く>

パタヤ名物「ウォーキングストリート」も見逃せません。昼は静かなストリートですが夜になると一変。たちまち歩行者で溢れかえります。バーやディスコ、レストラン、マッサージなど様々なお店が集結しています。海を目の前にしたレストランもあるので、潮風を感じながらお酒を飲むのも格別です。中には格闘技のリングもあり、ムエタイ選手の闘いを見ることもできるので、ハラハラドキドキを味わえるのも魅力。とにかくエンターテイメント性が抜群なので、ただ歩いているだけでも楽しめるスポットです。パタヤに行った際には必ず足を運びたいですね。

<エレファントビレッジでゾウに乗る>

ビーチやウォーキングストリートの次に有名といえるのがここ「エレファントビレッジ」です。言葉通りゾウと触れ合える施設で、多くの観光客から人気を集めています。実際にゾウに乗って散歩するコースや、ゾウのショーなどが楽しめます。いざゾウを目の前にすると、あまりの迫力に圧倒されてしまうことも。子供から大人までウキウキワクワクできるおすすめスポットです。パタヤ名物でもあるのでぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。

<タイガーパークでトラと2ショット>

ゾウと触れ合っただけでは終わりません。パタヤには「タイガーパーク」と呼ばれる、トラと触れ合うことのできる施設もあるのです。トラの赤ちゃんから大きなトラまで大小さまざまなトラが飼育されており、実際にトラと2ショットを撮ることもできます。
また、ここで飼育されているトラには鎖などは繋がれておらず、まるで大自然の中にいるかのように伸び伸びと暮らしています。「2ショットを撮ってみたいけど怖い…」と思う人もいるかもしれませんが、専門のスタッフがいるので安心。パタヤ観光の醍醐味のひとつとして、ぜひタイガーパークに訪れてみてください。

<ボタニカルガーデン>

パタヤから15kmほど離れたところにある「ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」。ガーデンと聞くと植物園をイメージすると思いますが、ここボタニカルガーデンの魅力は植物だけではありません。「タイ」と「植物園」を掛け合わせたテーマパーク施設となっていて園内では様々なアクティビティを楽しむことができます。

敷地内には恐竜やマンモスのオブジェがあるエリア、タイならではの仏塔が並んだエリア、色とりどりの花が咲き誇るエリアなど、全て合わせると40以上のエリアが点在しています。加えて、タイの伝統的なダンスショーを見ることができるステージもあります。ダンサーだけでなく、芸達者なゾウたちも登場するので見逃せません。

ボタニカルガーデンには、とても1日では周りきれないほど濃い内容が詰まっています。一人旅で訪れるのはもちろんカップルや家族旅行でもおすすめしたいスポットです。

<パタヤヒルで絶景を望む>

中心街から少し離れたところにある丘「パタヤヒル」は、文字通りパタヤビーチを一望できる高さの丘です。頂上からの眺めは最高で、近くにあるカフェ「Coffee Break Pattaya」ではコーヒーを飲みながらオーシャンビューの絶景を見ることができます。あたかも空を飛んでいるかのような不思議な感覚で、目の前には大パノラマが広がっています。あまりの居心地の良さに、つい何時間でも過ごしてしまいます。中心部からはやや距離があるのでタクシーもしくはバイクタクシーで向かうと良いでしょう。

<パタヤへの行き方>

パタヤへのアクセスは、バンコクからバスもしくはタクシーのどちらかです。バスステーションまで行く手間を省きたいという人はタクシーをチャーターすると良いでしょう。バスの場合はバンコクの「Ekkamai駅」から乗ります。出発して2時間半~3時間ほどでパタヤのバスステーションに到着です。パタヤのバスステーションから中心街までは歩くには遠すぎるので、相乗りタクシーのソンテウ、もしくは通常のタクシー、バイクタクシーにて街へ向かうのがおすすめです。

<気軽にリゾート気分を味わうならパタヤで決まり>

タイ有数のリゾート地パタヤの楽しみ方をご紹介しました。バンコクからバスを使い2時間半ほどで行けてしまうのでバンコクの喧騒に疲れた人にはおすすめ。パタヤは、美しいビーチはもちろん都会の雰囲気も残っているのでとても過ごしやすいスポットです。美しい景色に癒されつつ、あらゆるエンターテイメントを満喫しましょう。もちろん日帰りで楽しむこともできますよ。リゾート地ですが一人旅でも十分楽しめますし、もちろん友達や家族旅行でも楽しむことができます。ゆったりとパタヤビーチを眺めて旅の疲れを癒してみてはいかがでしょう。

パタヤに関する動画

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧