ペナン:ペナンのおすすめスポットと楽しみ方

マレー半島の西側に位置するマレーシアの島「ペナン島」。かつて貿易拠点として栄えていたことから、マレー系はもちろん中国系、インド系など多様な文化が集まっている。中心街ジョージタウンをはじめ、島の周りに沿って多くのビーチが点在する人気リゾート地。

マレーシアの首都クアラルンプールから飛行機で約1時間。マレー半島の西側にポツンと浮かぶのがここ「ペナン」です。東南アジアの大都市バンコクやクアラルンプールと比べるとマイナーではありますが、最近じわじわと人気を集めているリゾート地です。世界遺産ジョージタウンをはじめ、中国系やインド系、マレー系など多種多様な文化が入り乱れた街並み・食文化が特徴で、他のリゾートにはない魅力があります。

そこで今回は、ペナンのおすすめ観光スポットをご紹介。マレーシアが誇るリゾート地ペナンを思う存分楽しみましょう。

<ジョージタウンを街歩き>

ペナン最大の魅力はやっぱり「ジョージタウン」。遠い昔から貿易の中心地として栄えたジョージタウンには今もなお、マレー系はもちろん、中国系、インド系などの多様な文化が根付いています。

ジョージタウンの街を歩いて1番驚くのが中国色の強さ。「ここは中国なのかな?」と思うほど、中国系の人々や中国寺院、屋台などが多いです。そんな中にモスクが佇んでいたり、ヒンドゥー教の寺院が立っていたりします。たった5分歩くだけで異文化を感じられるのが魅力的な街です。

<ペナンの市場をのんびり歩く>

街歩きの楽しみのひとつ「市場」。散歩がてらぜひペナンのマーケットに寄ってみましょう。なかでもおすすめなのが地元民に人気の市場「チョウラスタマーケット」。ペナンで採れた新鮮な野菜や魚、肉などの食材はもちろん、雑貨店なども並んでいます。

ただ商品を眺めているだけでもワクワクしてきます。また、お店の人とのコミュニケーションも市場の醍醐味のひとつ。現地の人々との交流も楽しみましょう。

<ストリートアートで写真撮影>

ジョージタウンは「アートの街」と言っても過言ではありません。あちこちに色鮮やかな建物や、可愛いアートが描かれた壁があります。美しいアートを背にして記念撮影してみてはいかがでしょう。有名なアートの周りは「SNS映え」を狙ってパシャパシャ写真を撮っている観光客であふれています。多文化を感じられる建物はもちろん、写真映えする可愛い建物を巡る旅も面白そうですね。

<迫力満点のビーチも魅力>

ペナンと聞くとジョージタウンにばかり目が行きがちですが、ビーチリゾートであることも忘れてはいけません。ペナンには、あちこちに美しいビーチが点在しています。リゾートホテルの数も多く、バカンスを楽しみに世界中から観光客が集まります。海を見ながらゆったりとくつろぐものよし、マリンスポーツを楽しむのもよしです。中でも「サンセット」は特におすすめ。果てしなく広がる水平線にオレンジ色の太陽がゆっくりと沈んでいく光景は格別です。ペナンの海は、きっと心と体に最高の癒しを与えてくれるでしょう。

<ゆったりとカフェ巡り>

オシャレなカフェを巡る旅もおすすめ。なかでもジョージタウン内には、アジアンからヨーロピアンまで様々なカフェが集結しています。有名な観光地を巡るのも良いですが、現地のローカルなカフェをゆったり楽しむのも良いかもしれません。優雅にコーヒーを飲みながらペナンの暖かい風を感じましょう。

<ローカルフードを満喫>

ペナンには、数多くの屋台やレストランが立ち並びます。マレーシア名物の麺料理「ラクサ」や、中華系のワンタン麺など、麺料理が少し多めな印象ですね。ジョージタウン内には中国系の飲食店が多く、麺料理の他にも小籠包やお粥などのメニューが並びます。

もちろんインド料理やドイツ料理、フレンチやイタリアンなど多国籍な料理店もあります。様々な料理が食べられるのも、多文化が密集したペナンならでは。その日の気分に合わせて食べたい料理をチョイスしましょう。

<おすすめ料理はこちら>

・ラクサ

ラクサは、マレーシアが誇る麺料理です。程よく酸味の効いたココナッツ風味のスープに、麺や魚、スライスしたゆで卵などが入っています。またペナンのラクサはちょっぴりテイストが違っていて、ココナッツミルクを使わないフレッシュな酸味が特徴です。

・ナシゴレン

誰しもきっと一度は食べたことがある焼き飯「ナシゴレン」。実はマレーシアのソウルフードなのです。屋台で食べるナシゴレンは格別。オイスターソースやニンニクを使って濃いめに味付けされているので、いっそう食が進みます。

・ミーゴレン

ナシゴレンに並んでポピュラーな名物料理「ミーゴレン」。マレー風な麺料理で、たまご麺が使われているのが特徴です。スパイスが効いているので辛い物好きにはたまりません。本場のミーゴレンは、きっとあなたの舌を唸らせることでしょう。

・ナシレマ

多くのマレーシアの国民が愛する「ナシレマ」。ココナッツミルクで炊いたご飯に、甘辛いサンバルソースが添えられた料理です。玉ねぎやニンニクをたっぷり使って作られたソースは旨味たっぷり。ご飯と絶妙にマッチします。

・ワンタン麺

マレーシア料理はもちろん中華料理も魅力なのがペナン。中でも「ワンタン麺」は特におすすめ。ジョージタウン内には至るところにワンタン麺の屋台やレストランがあり、サクッと気軽に食べられます。

・チキンライス

文字通りご飯の上にチキンが乗っかったペナンのおすすめ料理。一見ハイカロリーに見えますが、さっぱりとしていて食べやすいのが特徴です。屋台やレストランなど、ペナンの至るところにチキンライスを食べることができるお店があります。

<屋台ならレッドガーデンがおすすめ>

「たくさんのローカルフードを満喫したい!」そんな人にはレッドガーデンがおすすめ。ジョージタウン内にある屋台街のことで、ラクサやミーゴレンなどマレーシアの名物料理を楽しむことができます。きらびやかにライトアップされたステージが魅力的で、ウキウキワクワクしながらディナーを楽しめます。

<南国のフルーツを満喫>

年平均気温が30度のペナンでは、いつでも美味しいフルーツを採ることができます。太陽の光をたっぷりと浴びたフルーツはどれも絶品。そのまま食べるのはもちろん、至るところにフルーツジュースのお店が点在しています。アップルやオレンジを筆頭に、マンゴーやパッションフルーツ、パイナップルなど南国ならではの果物を使ったジュースが盛りだくさん。どれを飲んでも絶品です。火照った体に最高の潤いを与えてくれます。

<大自然の中をトレッキング>

ペナンは、海はもちろん緑が豊かなのも魅力のひとつ。ぜひ足を運んでほしいのが「ペナン国立公園」です。広大な緑の敷地内でトレッキングを楽しむことができます。敷地内は遊歩道が整備されているので安心。道を歩けば、猿やトカゲと遭遇することも。様々な生き物や植物を間近で見ることができます。自然が好きな人は必見です。

<1年を通して暖かい気候>

ペナンは熱帯モンスーンの気候に属しているので、1年を通して暖かいです。シーズンは乾季と雨季に分けられます。観光で訪れるなら11~4月の乾季がおすすめ。晴れの日が多く、リゾートにはぴったり。多くの観光客が足を運びます。

<ペナンで一生忘れられない休日を>

ペナンのおすすめスポットをご紹介しました。多文化な街ジョージタウンで買い物や食を楽しみながら美しいオーシャンビューも満喫できるペナンには、他のリゾート地ではなかなか味わえない魅力があります。一度訪れればたちまちペナンの魅力にハマること間違いありません。束の間の休日にぜひ足を運んでみてください。一生忘れない思い出になるはずです。

ペナンに関する動画

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧